ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン
2014年11月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は、神奈川県横浜市から、小さなお子さんから大人まで、工夫を凝らしたコンサートを積極的に行う吉田輝美先生(山響楽器支部)をご紹介します。

2014年11月号 吉田輝美先生(山響楽器支部)

PROFILE (よしだ・てるみ)3歳からヤマハ音楽教室に通い、その後ピアノを学ぶ。社会人になってからヤマハの指導者養成コースのオーディションに合格、エレクトーンと出会う。ふたり目のお子さんを出産後、夢であった音楽講師の仕事を始め27年。jet会員歴約20年。26年前に横浜市港北ニュータウンに自宅教室を開いた。高校の軽音楽部の先輩であるご主人はギターやベース、ドラムと鍵盤楽器以外を演奏、子育ての協力も惜しまない。現在の住居に引っ越してからは15年になる。

講師になるのをあきらめず、よかった。生徒の成長に元気をもらっています!

横浜市営地下鉄のグリーンライン、川和町駅から8分くらい、小高い丘の一軒家が吉田輝美音楽教室だ。港北ニュータウンの一角にあり、防音の行き届いた教室には、間もなくピカピカのELS-02Cがやってくるというワクワク感がいっぱい。 「ELS-02シリーズが発売になって、ヤマハのお店にさっそく触りにいきました。サックスやギターのかっこいい演奏ができるので、今から楽しみ。この01Cの嫁入り先も決まりました」、と吉田先生。年に1回の発表会に加え、こちらも年に1回恒例となった、ゲストを招き、ライヴハウスで行う山響楽器支部主催のおしゃれな大人のコンサート「agiato」のリーダーとして、忙しい日々を過ごしている。幼いころからピアノを習い、ピアノの先生になるのが夢だった吉田先生は、何があっても強い信念でその夢をあきらめなかった。

本棚には、本誌「月刊エレクトーン」のバックナンバーがずらり!

STAGEA ELS-01C(まもなく02Cに!)とグランドピアノ、デジタルドラムにギターと豊富な楽器を完備したレッスンルーム。

昨年11月30日に開催された発表会のプログラム。

山響楽器のホールで行われた昨年の発表会より、全員集合!

発表会で演奏する曲のイメージを絵にして。子どもたちが楽しんでいるのが伝わる。

同年代で組むアンサンブルは衣装も凝って大好評。年1回、バラエティ豊かな内容で楽しむ。

音楽が好き!子どもの成長がすごくうれしい

教室のマスコットの愛犬エースくんと一緒に。最近では、体験レッスンはほぼエレクトーンで行うという吉田先生。

幼い日、おもちゃのピアノを一日中遊び弾きしていたのを見たご両親が音楽教室に入れると、レッスンが楽しくて嫌になったことは一度もないというくらい大好きに。音大を目指して芸大の先生にもついた。しかし、家の都合で引っ越すこととなり断念。社会人となってから、ヤマハの指導者養成コースのオーディションに挑戦し合格。エレクトーンに出会う。
「そのころ、エレクトーンは新しい楽器として輝いていました。音色がたくさんあるのも魅力ですが、学習の面からもコードを最初から少しずつ覚えられるのがいいですね」猛勉強して卒業。ところが卒業後すぐに結婚、出産でここでも断念。ふたり目のお子さんが生まれた直後、復活を期して山響楽器にレッスンを受講しにいくと、そこで出張レッスン講師の声がかかった。それからは、ご主人をはじめ家族の協力を得て、奮闘。自宅教室を持ち、26年になる。
「かつて教えていただいた芸大の先生から受け継いだ“嫌いにならない”レッスンをしていきたいと思っています。先生は、途中で間違えてもじっくりと最後まで聴いてくれ、まず、いいところをほめてくれました。転居の際にも、君はきっと音楽でやっていく子だよって言ってくださった。だから、講師になる夢をあきらめられなかったんです。音楽が好きで、子どもが好きで、子どもたちが毎年、グレード試験や発表会で成長していくのがすごくうれしい。元気をもらえます。指導法で悩んだりするときには、jetの先生方がいろいろ聞いてくださる。うちの支部は結束力があるんですよ。これからも音楽の楽しさを伝えていきたいです」

今年4月に行われた大人のコンサート「agiato」のプログラム。

今年の4月、横浜のライヴハウスBar Bar Barでの大人のコンサート「agiato」には、佐藤雄大がゲスト出演し、ジャズピアノを聴かせた。

昨年4月の大人のコンサート 「agiato」は、ビュッフェスタイルで行われた。エレクトーン2台とピアノでアンサンブル。

デモンストレーターの岩間浩がゲスト出演。会場を大いに盛り上げた。

月刊エレクトーン2014年11月号より 写真提供/jet本部 文/編集部