ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン 2021年8月号 月刊エレクトーン 2021年8月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は山形県山形市から、鷺 実香先生(富岡本店支部)の『音楽教室ぽえむ』におじゃましました。

2021年8月号 鷺実香先生(富岡本店支部)

PROFILE (さぎ・みか)6歳よりヤマハ音楽教室の小学校会場レッスン(現在の幼児科)に通う。小学校3年生の時、音楽好きの父の助言でエレクトーンの道へ。中学校時代は吹奏楽部が忙しく中断したが、高校に入って再開。地元で大学生活を送る中、バイト先のホテルのラウンジでエレクトーンの生演奏を聴き、演奏の仕事を開始。ホテルや結婚披露宴での演奏、テレビ局の朝の情報番組での“エレクトーンのお姉さん”などを経験。卒業後、富岡本店にてヤマハ音楽教室講師として稼働。3年後に退職し、その後渡米。帰国後、英会話教師を経てエレクトーンとピアノの教室を立ち上げ現在に至る。

鷺実香先生(富岡本店支部)

レッスン後はなるべくハッピーな気持ちを持ち帰ってもらえるよう心がけています

山形城跡を整備した都市公園の“霞城公園”。昭和61年に国の史跡指定を受け、平成18年には“日本100名城”に認定され、現在は桜と観光の名所になっている。山形城跡を整備した都市公園の“霞城公園”。昭和61年に国の史跡指定を受け、平成18年には“日本100名城”に認定され、現在は桜と観光の名所になっている。

目にも耳にも優しい感触の“ぽえむ”という教室名は、父が由来。
「亡き父はかつて文学青年で、詩や文筆活動を楽しんでいました。心の中を表現するのは、詩も音楽も共通かなと思い名付けました」

鷺先生がエレクトーンを習うきっかけを与えてくれたのも父だ。
「6歳からヤマハ音楽教室の小学校会場レッスン(現在の幼児科)に通い始めて、3年生でピアノに進むかエレクトーンに進むか家族会議で相談した折、音楽好きでもあった父の“これからの時代はエレクトーンが面白いかもしれない”の一言でエレクトーンに決めたんです。当時は、いきなり大人に混じってラテンのリズムやコードネームを習い、映画音楽などを弾きました。実は父も一緒に習い始めましたが、足鍵盤が難しくてリタイア(笑)。あとは私が続けました」

長じて奏者や指導者の仕事も経験したのち、一時期はエレクトーンから離れていたが、子育てをする中でエレクトーンを弾きたい!という思いが再燃。知人に紹介してもらった先生が、現在の富岡本店支部のアドヴァイザリースタッフで、レッスンに通ううちに指導することにも興味が湧き、14年前にjetに入会。『音楽教室ぽえむ』を立ち上げた。
「最初から生徒さんが順調に集まったわけではないのですが、子ども会活動などが盛んな地区で、お一人ご近所から来てくださると、その方を通じて他の方も来てくださるようになりました。今の教室は、2年ほど前に最初の家の近所に建てたものです。防音対策に加え、生徒さんの写真や掲示物を貼れるようにマグネットボードの壁面をしつらえ、楽譜収納用の棚なども作りました」

ELS-02C、C2Xが備えられた教室内。ELS-02C、C2Xが備えられた教室内。
奥羽本線・山形駅より徒歩18分、車で5分の場所にある『音楽教室ぽえむ』。ガレージの軒下に掲げてある看板もキュート!奥羽本線・山形駅より徒歩18分、車で5分の場所にある『音楽教室ぽえむ』。ガレージの軒下に掲げてある看板もキュート!
教室内の“ぽえむファミリー・コーナー”。壁一面をマグネットが使えるようにしてあり、“大切なファミリー”という想いで生徒さんの写真を飾っている。卒業する時には記念にプレゼントしているそう。教室内の“ぽえむファミリー・コーナー”。壁一面をマグネットが使えるようにしてあり、“大切なファミリー”という想いで生徒さんの写真を飾っている。卒業する時には記念にプレゼントしているそう。
レッスンルームの入り口ドア付近。家を建て替える時に、専用の手洗い場を設けた。レッスンルームの入り口ドア付近。家を建て替える時に、専用の手洗い場を設けた。
玄関に入ってすぐの場所にも、アルコール消毒液とオゾン発生器(ウイルスバスター)を設置。玄関に入ってすぐの場所にも、アルコール消毒液とオゾン発生器(ウイルスバスター)を設置。
楽譜コーナーとオーディオコンポ。棚上段の地球儀は、外国の曲をおさらいする時にどこにある国か知るために使用している。楽譜コーナーとオーディオコンポ。棚上段の地球儀は、外国の曲をおさらいする時にどこにある国か知るために使用している。

成長を長い目で見守ることも大切だと思います

教室の公式LINEアカウントを作り、生徒や保護者との連絡や教室便りの一斉送信などに活用している。昨年はアドヴァイザリースタッフとも相談して、jetのメンバーで“オンライン研究会”というグループLINEも立ち上げた。コロナ禍でのレッスンに関する悩みを相談し合ったり、情報交換できる仲間が身近にいるのは心強かったという。昨年の発表会は中止にしたが、今年はコロナ対策を施して例年通りに開催した。
「昨年はYouTubeでお互いの演奏を披露しましたが、やはりステージでお客さまの前で演奏する機会が子どもたちにとってどれほど励みになるか、今回の発表会で実感しました。保護者アンケートでも、“コロナ対策をとりながら開催できて本当に良かった”という声が圧倒的でした」

保護者と密に連絡を取りながら、生徒一人ひとりの個性を丁寧に磨くことを心がけている。
「どの生徒さんにも必ず得意なこと、優れている点があります。譜読みがよくできる、コツコツと毎日練習を頑張る、歩みはゆっくりだけれど一旦仕上がるととても安定した演奏ができる、など。それらを認め、伸ばすことで本人の自信につなげられればと思います。一方で、苦手なことでも経験値とともに少しずつ変わっていくものです。どんな方法でやればより定着するのか工夫すると同時に、生徒一人ひとりの成長を長い目で見守ることも大切だと思います」

生徒に伝えたいことは音楽だけにとどまらない。
「音楽講師はお子さんにとって、他人ではあるけれどそれなりに長い年数お付き合いする大人です。レッスンでは音楽の指導はもちろんですが、挨拶や楽器の扱い方、マナーなど、人同士の関わり方についても必要があればお話しします。音楽とは直接関係ないかもしれませんが、そういうことも自分たちの役割のひとつではないかとも思うのです。そして、レッスン後はなるべくハッピーな気持ちを持ち帰ってもらえるよう心がけています」

2019年5月、トミオカOpaホールにて行われた発表会の集合写真。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、今年4月3日にやまぎん県民ホールスタジオ1にて開催された。2019年5月、トミオカOpaホールにて行われた発表会の集合写真。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、今年4月3日にやまぎん県民ホールスタジオ1にて開催された。
2020年12月に行った『オンライン・クリスマスおさらい会』の様子。昨年は、Zoomを使って夏冬2回のオンラインおさらい会を実施した。2020年12月に行った『オンライン・クリスマスおさらい会』の様子。昨年は、Zoomを使って夏冬2回のオンラインおさらい会を実施した。
『音楽教室ぽえむ』の発表会では、通算5回目と10回目の参加となる生徒さんに、節目として感謝の気持ちを込めて表彰状を贈呈。東京でグラフィックデザイナーとして働く娘さんにお願いして、かわいらしいデザインに仕上げた。『音楽教室ぽえむ』の発表会では、通算5回目と10回目の参加となる生徒さんに、節目として感謝の気持ちを込めて表彰状を贈呈。東京でグラフィックデザイナーとして働く娘さんにお願いして、かわいらしいデザインに仕上げた。
2019年2月、トミオカOpaホールにて行われた発表会『jet大人の音楽会』の記念写真。大人の生徒さん限定で、jet教室合同で2年に一度のペースで行っている。2019年2月、トミオカOpaホールにて行われた発表会『jet大人の音楽会』の記念写真。大人の生徒さん限定で、jet教室合同で2年に一度のペースで行っている。
2020年2月、霞城セントラル1F アトリウム広場にて行われた『エレクトーン60周年おめでとうコンサート』の様子。2020年2月、霞城セントラル1F アトリウム広場にて行われた『エレクトーン60周年おめでとうコンサート』の様子。
2015年8月、花笠祭りのプレイベントにて富岡本店の店先で有志の先生方とミニコンサートを開催。2015年8月、花笠祭りのプレイベントにて富岡本店の店先で有志の先生方とミニコンサートを開催。
富岡本店支部のメンバーとともに。富岡本店支部のメンバーとともに。

月刊エレクトーン2021年8月号より 写真提供/jet本部 文/編集部