ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン 2021年5月号 月刊エレクトーン 2021年5月号

全国にあるjet 会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は東京都文京区から、十樹弘子先生(ヤマハミュージックリテイリング 銀座店支部)の『Toki Music Room』におじゃましました。

2021年5月号 十樹弘子先生(ヤマハミュージックリテイリング 銀座店支部)

PROFILE (とき・ひろこ)埼玉県戸田市出身。幼稚園の頃からピアノを習い始める。“好きなことを仕事にしたい”という想いで、短大に通いながらヤマハ音楽教室のエレクトーン指導者養成コースに通い資格を取得。ヤマハ銀座店にてエレクトーンの販売、デモ演奏、ハーモニーパークのインストラクターとしてエレクトーンの楽しみ方を提案。音楽教室のマネージャーとして発表会や生徒募集などの運営も行う。また、リトミック講師の資格も取得。知育や絵本の読み聞かせも勉強し、それらを取り入れた独自のレッスンには定評がある。

十樹弘子先生(ヤマハミュージックリテイリング 銀座店支部)

絵本の読み聞かせもボランティアも知育も全部がつながっているのだと日々実感しています

『Toki Music Room』の最寄駅「護国寺駅」を下車してすぐの場所にある、護国寺の観音堂(本堂)。この他、滋賀の園城寺(三井寺)から移築された月光殿、絹本著色尊勝曼荼羅図など多くの重要文化財を有する。『Toki Music Room』の最寄駅「護国寺駅」を下車してすぐの場所にある、護国寺の観音堂(本堂)。この他、滋賀の園城寺(三井寺)から移築された月光殿、絹本著色尊勝曼荼羅図など多くの重要文化財を有する。

有楽町線「護国寺駅」より徒歩5分、閑静な住宅街にある『Toki Music Room』。そこには幼児教育を学び子どもの心理にも気を配りながら、きめ細やかなレッスンによって3歳からシニアの方まで在籍。幼稚園の頃から個人レッスンでピアノを習ってきたという十樹先生だが、エレクトーンを始めたのは20歳と比較的遅めだ。
「将来の仕事を考えた時、自分の好きなものを長く続けたいと考えていました。そんな時に、街中でエレクトーンデモ演奏を目にしました。ポピュラー、ジャズ、映画音楽など、私の中ではこれだ!と確信しました。私の先生が演奏活動をされていたこともあり、相談するとすぐさま背中を押してくださり、当時のヤマハ指導者養成コースに通うことになりました」

短期間で指導資格を取得。有楽町駅前に当時あった“ヤマハ有楽町センター”に勤務。エレクトーンの販売やデモ演奏を行いながら勉強をしつつ、その後は銀座店や新宿店、池袋店などでインストラクターとして勤務し、レッスン、販売、イベント開催、生徒募集など、あらゆる業務に携わる。出産後、jetに入会。音楽教室をスタートした。
「護国寺付近は、国立大学附属校や私立の中高がたくさんあり、まさに文教地区です。そのような環境の中で、お一人お一人がお子さんのレッスンを大切に考えていらっしゃいます。保護者の方々には、毎回レッスンの難易度などを確認しつつ、柔軟で楽しい時間が過ごせるように心掛けています」

明るい雰囲気の教室は防音も完備。ELS-02C、D-DECK、C3などを常設。明るい雰囲気の教室は防音も完備。ELS-02C、D-DECK、C3などを常設。
閑静な住宅街にある自宅兼音楽教室。閑静な住宅街にある自宅兼音楽教室。
教室内の本棚スペース。豊富な蔵書からも、十樹先生の勉強熱心さが伺える。教室内の本棚スペース。豊富な蔵書からも、十樹先生の勉強熱心さが伺える。
幼児教室で活躍する楽しいグッズ。幼児教室で活躍する楽しいグッズ。
レッスンに使うツールと、ボランティアでも活躍する読み聞かせ用の絵本。レッスンに使うツールと、ボランティアでも活躍する読み聞かせ用の絵本。
教室内の掲示板も、お花をモチーフにした素敵なデザイン。教室内の掲示板も、お花をモチーフにした素敵なデザイン。

リトミックを融合した独自のレッスンを考えました

お子さんが多いため、保護者とのコミュニケーションはもちろん、半年から1年に1回、保護者と面談する機会も設けている。また、リトミック講師の資格を取得し、音楽教室と並行して幼児教室も展開。小学校就学前のお子さんを対象に、リトミックの要素を取り入れた独自の知育を15年ほど前から行っている。音楽教室と幼児教室の両方に通う生徒さんも多いそうだ。
「当時、自分のスキルアップになるかと思い、幼稚園で行われていた幼児教室の講師を務めました。文字、数、パズル、いわゆる知育を中心としたものでした。また、受験を視野に入れた指導にも携わりました。その後、リトミック指導者の資格を取得し、現在の音楽教室のレッスン、そして幼児教室に活かしています」

声楽家の音楽仲間、井上さんとは25年来の親友。発表会や高齢者施設でのボランティア活動には欠かせない存在だ。
「発表会には必ず彼女にも来てもらって、例えば『白雪姫』なら2人で脚本から起こしてミニミュージカルを15分くらいの内容で作って、オリジナルのエンターテイメントとして披露しています。あとは、音楽教室10年の節目に発表会のオリジナル曲〈ミュージック・オブ・ハピネス〉を作りました。歌詞を考えて、作詞・作曲とアレンジをして、みんなで歌ったり、時にはアンサンブルもして楽しんでもらっています」

ボランティア活動のための自己研鑽も怠らず、常にポジティブな姿勢で教室運営を行っている十樹先生。多くの生徒から親しまれる理由がここにある。
「私、文京区の“絵本の会”にも入っているんです。作者のこと、歴史のこと、本の読み方や声の出し方、発声、持ち方、めくり方、ありとあらゆることを半年間みっちりと勉強しました。それが本当に財産です。保育園や高齢者施設にボランティアとして出向き、歌があるものは彼女に歌ってもらったり、私が伴奏をしたり。リトミックを勉強したことで、ご高齢の方のリズムの取り方にも役立ったり、それぞれは別のものだけど、絵本の読み聞かせもボランティアも知育も、全部がつながって活かされているのだと日々実感しています」

2019年7月、リーガロイヤルホテル東京内にある教会“カナホール”にて行われた発表会。2021年は7月に開催予定。2019年7月、リーガロイヤルホテル東京内にある教会“カナホール”にて行われた発表会。2021年は7月に開催予定。
高齢者施設でのボランティア活動。高齢者施設でのボランティア活動。
幼児教室の生徒さんと。左は知育、右は絵本の読み聞かせの様子。幼児教室の生徒さんと。左は知育、右は絵本の読み聞かせの様子。
発表会では、毎回ミニミュージカルを制作しお披露目(下)。ボランティア活動も一緒に行う歌の井上さんと(右)。25年来の友人であり音楽仲間だ。発表会では、毎回ミニミュージカルを制作しお披露目(下)。ボランティア活動も一緒に行う歌の井上さんと(右)。25年来の友人であり音楽仲間だ。
クリスマスパーティー。豪華なお料理は、何と十樹先生の手作り!生徒さんも思わず笑顔に!クリスマスパーティー。豪華なお料理は、何と十樹先生の手作り!生徒さんも思わず笑顔に!

月刊エレクトーン2021年5月号より 写真提供/jet本部 文/編集部