サクサクFAQ
トランペットに関する質問
前へ12345678910次へ 91 件中 61-70件
このページの目次
ページの目次にもどる
  
Q

銀のトランペットと金のトランペットでは音が違うんですか??

A

ご質問に「銀のトランペット」と「金のトランペット」とありますが、一般的に銀色のトランペットは銀メッキ仕上げで、金色のトランペットはラッカー塗装仕上げです。ラッカー塗装は、輪郭のはっきりした音、銀メッキは柔らかく奥行きの深い音色となる傾向があります。
また、こうした仕上げの違いとその人の吹き方の取合わせによっても、生まれる音色は微妙に違います。

ページの目次にもどる
  
Q

ヤマハトランペットのカタログを見ているのですが、YTR-8335RGSはリバースとのことですが、YTR-8340EM、8310Z、8310ZS、6310Z、6310ZSはリバースとは違うのですか?

A

ご指摘の通りYTR-8340EM、8310Z、8310ZS、6310Z、6310ZSもリバースタイプですが、この形が標準ですので特にカタログ等には記載していません。
YTR-8335RGSは標準のXenoがリバースでないのに対するリバースタイプということで特別にアピールさせていただいております。

ページの目次にもどる
  
Q

YTR-632やYTR-634のライトウエイト赤ベルが気に入っているのですが、YTR-636・637の段階以降、プロモデルのライトウエイト赤ベルがラインナップから忽然と消えてしまうのですが、なぜでしょうか?またなぜ今のラインナップにレッドブラスベル・レッドブラスリードパイプがないのでしょうか?

A

レッドブラスは他の材料に比べて需要が少ないためトランペットへの採用は止めさせていただきました。現在はイエローブラス、ゴールドブラスの2種類の材料を使用しています。

ページの目次にもどる
  
Q

日管のNo.20→2OB→TR-134→ヤマハYTR-135→YTR-136と続いていたニッケル鍍金仕上げがなぜ、現在の13系にはほどこされてないのですか?
また、日管のNo.2→No.2A→No.2B→TR-133と続き、しばらくなくなっていた13系ラッカーモデルがなぜ現在、製造・販売されているのでしょうか?

A

ニッケルメッキ品は耐久性に優れていましたが吹奏感や音色の面でより優れた銀メッキ品やラッカー品の需要が多くなってきました。したがってヤマハでは最廉価品番においても上級機種と同じ表面処理を採用しています。

ページの目次にもどる
  
Q

私は今、中二でトロンボーンをやっています。ずっとトランペットに憧れていたのですが、先生にトロンボーンをやれと言われて今はトロンボーンを吹いています。トロンボーンも好きなのですが、やっぱりトランペットに魅力を感じてしまうんです。だから高校になったらトランペットをやりたいと思っているんですが、私は唇が厚いんです。やっぱり唇が厚い人はトランペットをやらないほうがいいんでしょうか?

A

実際に唇の厚さを確認できないので何とも言えないのですが一般的にはトランペットを吹く上で唇の厚さはあまり関係ないと思います。現に唇の厚い海外のプレーヤにも世界的な名演奏家はたくさんいますよね。トランペットが好きで吹きたい気持ちが強いなら迷わずトランペットをやってみられたらいかがでしょうか。

ページの目次にもどる
  
Q

YTR-632や634、YTR-332などで使われていたレッドブラスの鳴りが好きなのですが、最近のラインアップにはございませんね。今後、レッドブラスのモデルは出る予定はないのでしょうか?

A

過去のヤマハのラインナップには、レッドブラスと呼ばれる銅と亜鉛の比が9:1の真鍮が使われていた時期がありました。ですが、最近では、銅と亜鉛の比が85:15のゴールドブラスを使っております。レッドブラスの楽器にたいする需要が少ないことから、レッドブラスの品番は生産しないようになりました。ご了承ください。
現時点では今後も、上記の状況理由が変わっていかない限り、レッドブラスのモデルが出る予定はありません。

ページの目次にもどる
  
Q

運指表にのっていない最低音の指使いを教えてください。

A

通常、運指表にのっている最低音(通常のB管トランペットですと、実音下線第4間のE、ファのシャープ)から下の音は、楽器は共鳴しにくい状態になっています(ペダルトーンなどとよばれます。トランペットはトロンボーンやホルンに比べてペダルトーンが構造上でにくくなっています。トランペットの仲間ではフリューゲルホルンがペダルトーンが出しやすいです)。ですので、実際ある程度演奏者側で音程をつくってふく必要があります。ある教則本には、1オクターブ上の運指と同じでよいと書いてあります。しかし、ドの音は、ピストンを押さない開放で吹くことが難しく、全部ピストンを押した123の運指のほうが吹きやすいと言われています。それ以下の音域についても、同様に基本的には1オクターブもしくは2オクターブ上の運指を使って出すことができますが、逆にそれ以外の運指でも出すことは可能です。

ページの目次にもどる
  
Q

ポケットトランペットは、普通のトランペットと形以外に何か違うのですか?吹きやすさはどうでしょうか?

A

ポケットトランペットは、普通のトランペットと比較しますと管の長さを同じにして、巻き方(形状)がコンパクトになるようにしたものです。
メーカーによっては、よりコンパクトにするためにベルの形状や、ボアサイズを小さくしている場合もあります。逆に、ベルの形状やボアサイズあまり変えず、音色も高級品のトランペットと全く遜色ないように設計されているポケットトランペットもあります。したがって、一概にポケットトランペットは、普通のトランペットとくらべて吹きやすいか、吹きにくいかという判断は難しいと思います。
ただ、普通のトランペットでは大きく感じてしまう体が小さいお子様などが吹く場合は、形状が小さいことからポケットトランペットのほうが吹きやすいと感じられるかもしれません。

ページの目次にもどる
  
Q

家にあるトランペットのピストンバルブが2本しか無いのですが、これはどういったものなのでしょうか?普通のトランペットとの違いを教えてください。

A

現物を実際に、拝見していないので確定的な解答とはなりませんが、おそらく推測するに、その楽器は一般的に「ビューグル」と呼ばれる楽器で通常、マーチングバンドなどで使用される楽器です。
トランペットが通常B管が多いのに対して、ビューグルはG管のものが多くなっています。

ページの目次にもどる
  
Q

初めまして!私は高1で,中学1年からトランペットを吹いています。5月に楽器を買った時に3Cのマッピが付いていました。今はそれを使って演奏しているのですが,買い換えた方がいいのでしょうか?学校のマッピを使っていたときよりは吹きやすいのですが,ハイトーンを吹く時の唇への負担が少し気になります。かといって5Cのマッピだと,アンブッシャーに合わなくなり音がスカスカしてしまいます。どうしたらいいのでしょうか??

A

最適なマウスピースは、演奏される方の歯並びや演奏方法、演奏スタイルなどによって異なってまいりますので、実際の演奏状況を拝見していない状態では、どのマウスピースが最適かということは、お答えできません。
また、プロの方や先生が使われているものが、ご自身にとって最適であるとはかぎりません。
しかし、マウスピースは多くのメーカーは、形状の異なる種類(品番)を多数、ラインナップとしてそろえています。ですので、ご使用の楽器を楽器屋さんにお持ちして、いろいろな種類のマウスピースを実際に試奏していただき、ご自身にとって最適なマウスピースを選ばれることをお勧めいたします。

ページの目次にもどる

ページの先頭にもどる