ページ内移動リンク

ホーム : 重要なお知らせ


電池を安全にお使いいただくために

1. 電池は子供の手の届くところに置かないでください

お子様が誤って電池を飲み込んだ場合、窒息や体内の損傷を起こすおそれがあります。誤って電池を飲み込んだ場合は、ただちに医師にご相談ください。

2. 電池が液もれした場合は、もれた液に触れないでください

失明や皮膚の炎症などのおそれがあります。液が目や口に入ったり皮膚についたりした場合は、すぐに水で洗い流し、ただちに医師にご相談ください。

3. 使い切りタイプの電池は充電しないでください

使い切りタイプの電池を充電すると発熱や発火、破裂、電解液の噴出、液もれなどが生じ、火災やけがの原因になります。

4. 充電式電池を使用する場合は、電池もしくは充電器の取扱説明書の指示に従ってください

電池もしくは充電器に付属の取扱説明書をよく読んで、正しくご使用ください。また、充電池の充電は、必ず専用の充電器をご使用ください。専用器以外を使用すると、電池の発熱、液もれ、破裂などが生じ、火災やけがの原因になります。

5. 電池は極性表示(プラス+とマイナス-)に従って、正しく入れてください

極性を逆に入れた場合、発熱や発火、破裂、電解液の噴出、液もれなどにより、火災やけがの原因になります。

6. 指定以外の電池は使用しないでください

指定以外の電池を使用すると、発熱や発火、破裂、電解液の噴出、液もれなどにより、火災やけがの原因になります。

7. 複数の電池を使う場合、メーカーや種類、品番の異なる電池を一緒に使用したり、新しい電池と古い電池を一緒に使用したりしないでください

メーカーや種類、品番の異なる電池を一緒に使用したり、新しい電池と古い電池を一緒に使用したりすると、電池の性能差により、発熱や発火、破裂、電解液の噴出、液もれなどが生じ、火災やけがの原因になります。

8. 長時間使用しない場合や電池を使い切った場合は、電池を本体から抜いてください

電池が消耗して液もれが発生し、本体の損傷やけがの原因になります。

9. 複数の電池を剥き出しの状態で、もしくは電池と金属製のネックレスやヘアピン、コイン、鍵などとを一緒に持ち運んだり、保管したりしないでください

電池がショートし、発熱や発火、破裂、電解液の噴出、液もれなどにより、火災やけがの原因になります。

10. 電池を分解しないでください

電池を分解すると、火災やけがの原因になります。また電池の中のものに触れたり目に入ったりすると、皮膚の炎症や失明のおそれがあります。

11. 電池を加熱したり、火や水の中へ入れたりしないでください

破裂や液もれにより、火災やけがの原因になります。