ページ内移動リンク

ホーム : 重要なお知らせ


電源アダプター/電源コードを安全にお使いいただくために

1. 電源アダプターや電源コードは、製品に付属、もしくは指定されたものを使用してください。

異なった電源アダプターや電源コードを使用すると、発熱や火災などの原因になります。

2. 電源アダプターや電源プラグは、見える位置で、手が届く範囲のコンセントに接続してください。

異常を感じた場合、電源アダプターや電源プラグを容易に引き抜くためです。

3. 電源アダプターを浴室や雨天時の屋外など、雨や雪、水のかかるところ、または湿気の多いところで使用しないでください。

感電したり、電源アダプターや電源コード、または機器本体から発煙・発火し、火災の原因になります。

4. 濡れた手で電源アダプターや電源プラグを抜き差ししないでください。

感電するおそれがあります。

5. 電源コードを無理に曲げたり、電源アダプターなどに巻き付けたり、傷つけたりしないでください。また電源コードに重いものをのせないでください。

電源アダプターや電源コードが破損し、感電や火災の原因になります。

6. 電源アダプターや機器本体の内部に水などの液体が入った場合はすぐに電源スイッチを切り、電源アダプターや電源プラグをコンセントから抜いてください。

7. 本体や周辺機器から異常な臭いや煙が出たらすぐに電源スイッチを切り、電源アダプターや電源プラグをコンセントから抜いてください。

8. 電源コードの被覆剥けを放置したり、ビニールテープなどで応急修理したりしないでください。

上記(6.~8.)のような状態を放置されますと、感電したり、電源アダプターや電源コード、または機器本体から発煙・発火し、火災の原因になります。お買い上げ店または本ページ最下部のリンク先の製品別、修理に関するお問い合わせ・ご依頼窓口に点検・修理をご依頼ください。

9. コンセントから電源アダプターや電源プラグを抜くときは、コードを引っぱらずに、必ず電源アダプター本体もしくは電源プラグを持って引き抜いてください。

電源コードが破損して、感電や火災の原因になります。

10. コンセントに電源アダプターや電源プラグを差すときは、プラグ部にアース端子を挟み込まないように注意してください。

感電や火災の原因になります。

11. 電源は製品に表示している電源電圧で使用してください。

誤って接続すると、感電や火災の原因になります。

12. 電源アダプターや電源プラグは、コンセントに根元まで、確実に差し込んでください。

差し込みが不十分のまま使用すると感電したり、プラグにほこりが堆積して発熱や火災の原因になります。

13. 電源アダプターや電源プラグを差し込んだとき、ゆるみがあるコンセントは使用しないでください。

感電や発熱、火災の原因になります。

14. 電源プラグにほこりが付着している場合は、コンセントからプラグを抜いて、 ほこりを取り除いてください。

ほこりがたまったまま使用を続けると、プラグがショートして火災や感電の原因になります。

15. 電源アダプターや電源コードを高温になる場所で使用しないでください。
・直射日光が当たる場所や窓を閉め切った自動車内など
・ストーブなどの熱器具の近くや布や布団で覆った状態など

電源アダプターや電源コードが破損し、感電や火災の原因になります。

16. 電源コードを釘やステープルなどで固定しないでください。

電源コードが破損して、感電や火災の原因になります。

17. 使用する時は電源コードを束ねないでください。

電源コードが異常発熱して火災の原因になります。

18. タコ足配線をしないでください。

コンセント部が異常発熱して火災の原因になります。

19. 電源アダプターの分解や改造はしないでください。また内部に異物を入れないでください。

感電や火災の原因になります。内部の点検や修理は、お買い上げ店または本ページ最下部のリンク先の製品別、修理に関するお問い合わせ・ご依頼窓口に点検・修理をご依頼ください。

20. 雷に注意してください。

・雷が予測されるときは、早めにコンセントから電源アダプターや電源プラグを抜いてください。
感電や火災の原因になります。

・雷が鳴りはじめたら電源アダプターや電源プラグに触れないでください。
感電するおそれがあります。

21. 長期間使用しないときやお手入れ時には必ずコンセントから電源アダプターや電源プラグを抜いてください。

感電や火災の原因になります。

【お問い合わせ先】

点検・修理に関するお問い合わせ・ご依頼窓口はこちらでご確認ください。