えいご耳を育てるとなぜいいの?

えいご耳を育てると、一生忘れない。

幼い頃から、耳で英語を学ぶと
英語を聞き取る力や正しい発音が一生モノに。
大きくなってから、英語がよりスムーズに身につきます。

えいご耳を育てると、自然に話したくなる。

耳から英語のリズムやイントネーションを身につけると、
ムリなく自然に英語を話せるようになります。

えいご耳を育てるのは、低年齢期が最適。

えいご耳が育つ時期は限られています。
一般的には、6歳くらいまでが大事と言われています。

Webムービー「KIDS&ENGLISHを見に行こう!」

Webムービー
「KIDS&ENGLISHを見に行こう!」

東後 勝明先生 早稲田大学名誉教授 英語音声学・英語教育専攻

耳から聞き取った音声を、発話する。これは、人間が母語を身につけるうえでの普遍的なメカニズムで、子どもなら誰しもが持っている能力といわれます。つまり、幼い頃から英語に触れていた子どもは「母語と同じ覚え方」をするため、将来必要な時に言語を切り替える回路を持つことができるのです。英語を自分の言語のひとつにできれば、想いを伝える手段が広がる。世界中でコミュニケーションができ、活躍できる未来が広がる。言語の習得は、子どもの内面的な成長です。言葉は必ず、その子の生き方へ関わってきます。そうした観点を大切にして、まずはお子さまが英語を「楽しんで続けていける」環境づくりを大事にしていきたいものですね。

小学生からの入会コース 「聞く」「話す」「読む」「書く」の基礎を育てよう!

小学生から初めて入会するお子さまのためのコース。
コミュニケーション力の育成を中心に英語を身につけていきます。

「進級コース」えいご耳を、さらに伸ばそう!

自然に英語力をステップアップしていける進級コースをご用意しています。これまでに育てたえいご耳を活かして、より実践的な英語力を身につけていきます。

※ヤマハ英語教室では「学齢制」を採用しています。
この一覧での年齢は、開講年度の4月1日時点での満年齢を意味します。

えいご耳を育てると、将来「話せる英語」が身につく。えいご耳を育てると、将来「話せる英語」が身につく。

宮本 颯さん

千葉県/在籍生/中学2年 宮本 颯さん

2歳からはじめ、中学2年の今もヤマハ英語教室に通っています。中学校の授業で、英語を聞く時も読む時も、日本語に置き換えずにそのまま頭に入ってくるので、11年間続けていて良かったと実感しています。ネイティブの人に「海外に住んでいたことがあるの?」と聞かれたこともあり、今まで学んできた英語に自信が持てました。将来の夢は宇宙飛行士になること。英語が欠かせない職業です。そんな夢が持てたのも、ヤマハ英語教室が僕の可能性を広げてくれたからだと思っています。

山上 祥子さん

秋田県/卒業生/大学3年 山上 祥子さん

大学では国際交流学科に入り、英語教員の免許取得に向けて日々学んでいます。
アメリカや台湾の留学など、積極的に「英語の道」へまっすぐに進むことができるのは、子どもの頃に通ったヤマハ英語教室が背中を押してくれているからです。

駒牧 綾さん

大分県/卒業生/大学職員 駒牧 綾さん

学生も教員も約半数が外国籍という大学の学生課で勤務しています。そこで外国人留学生の対応をしているため、毎日の会話やメールで英語を求められます。ヤマハ英語教室では、英語=“楽しい”という気持ちを学び、さらに季節ごとのイベントを通して、異文化への興味も芽生えました。実際に暮らしてみたいと思い、大学時代に1年間のカナダ留学も経験しました。多民族の環境で働いていると、もはや英語は世界の基礎学力だと感じます。今後は、第三言語の習得を目指したいと思っています。

細井 千尋さん

北海道/卒業生/主婦 細井 千尋さん

3歳になる娘と一緒にヤマハ英語教室に通い始めました。
中学の時、ヤマハ英語教室の先生のすすめでホームステイにチャレンジして、世界が広がったから、娘にも早くから英語を感じて欲しいなと思っています。
いつかは2人で海外へ旅したいな。

※この取材は、2013年に行われたものです。

リズムで育てる、えいご耳。

英語は「リズム語」と言われるほど、特有のリズムがあります。音にずっと携わってきたヤマハならではの教材で、楽しく、正しく「えいご耳」を育てます。

英語特有のリズムって? 音の強弱がほとんどなく平坦な日本語に対し、英語は強く発音する部分と、弱く発音する部分がリズミカルに繰り返される言語です。右の図のように「 」を強く発音し、「 」の間を等間隔に言うのが正しい英語のリズムです。

「伝えたい」を育てる、グループレッスン。

ヤマハのレッスンはすべてグループレッスン。同年齢の子どもたちで楽しく、たくさん学べます。お互いに興味を持ち、刺激し合うことで、生きた英語に触れられ、コミュニケーションの道具としての「使える英語」を身につけていくのです。

日本人講師で、しっかりと丁寧に育てる。

ヤマハの講師は、日本人。徹底された研修を経て、子どもたちへの英語指導法をマスターしたプロの講師たちです。同じ日本人として、英語を学ぶ子どもたちの気持ちをよく理解した丁寧なレッスンをするのはもちろん、保護者の方のご相談にも親身になってお応えします。

これが、ヤマハのえいご耳の育てかた。

今しか伸ばせない力を育てる。それが、適期教育。

幼児期にはじめる教育では、お子さまの発達段階に応じた内容であることがとても大切です。だから、2歳児には2歳児のための英語を、3歳児には3歳児のための英語を教える。30年近く子どもたちを育て続けてきたヤマハ英語教室だからこそできる教育です。

お近くの教室を検索 全国1500のヤマハ英語教室で、えいご耳が育ちます。

北海道・東北
北海道札幌
 | 青森
 | 秋田
 | 岩手
 | 宮城仙台
 | 山形
 | 福島 ]
関東
東京
 | 神奈川横浜
 | 千葉
 | 埼玉(さいたま)
 | 群馬
 | 栃木
 | 茨城 ]
甲信越
新潟
 | 長野
 | 山梨 ]
東海・北陸
愛知名古屋
 | 静岡
 | 三重
 | 岐阜
 | 富山
 | 石川
 | 福井 ]
関西
大阪
 | 兵庫神戸
 | 京都
 | 滋賀
 | 奈良
 | 和歌山 ]
中国
岡山
 | 広島
 | 鳥取
 | 島根
 | 山口 ]
四国
愛媛
 | 香川
 | 徳島
 | 高知 ]
九州
福岡
 | 大分
 | 佐賀
 | 長崎
 | 宮崎
 | 熊本
 | 鹿児島
 | 沖縄 ]