トランペットの吹き方

YAMAHA

楽器解体全書PLUS

文字サイズ

次のページへNEXT

 

 

トランペット

トランペットの演奏法

息の出し方

たくさん息を吸ってくちびるを軽くとじて、そのまま息を出します。
※頬をふくらまさないことと、くちびるの形が変わらないことに注意しましょう。

息の出し方例

マウスピースの使った息の出し方

マウスピースをくちびるの真ん中にあてた状態で、たくさんの息を吸い込み、そのまま息を出します。くちびるが振動して「ブー」と音が出れば上出来です。

マウスピースを使った息の出し方例

トランペットの構え方

左手でしっかりささえて、肩の力を抜き、右手には力を入れないで構えましょう。
※親指の位置に注意しましょう。

トランペットの構え方

演奏者からの見えたとき※特に親指の位置を注意してください。

演奏者からの見えたとき
※特に親指の位置を注意してください。

横から見たとき

横から見たとき

正面から見たとき

正面から見たとき


吹き方(トォー、トゥー、ティー)

トランペットは指を使わなくても、息を出すときの唇の振動によって音が変えることができます。低い音を出すときは唇の振動が遅く、高い音を出すときほど細かい振動で音を出すことが必要です。またこの時、マウスピースを唇に強く押し付けないで吹いてください。

吹き方 音の高さ 音階 唇の振動の大きさ
トォー ド
トゥー ソ
ティー ド

口の動きと音について(トォー、トゥー、ティーの順番にて吹いています)

指づかいと音の出し方

息の吹き方をマスターしたら、以下の指使いを参考にして、トランペットで音を出してみましょう。
「ドレミファソラシド」ができるようになったら、楽譜を見ながら「聖者の行進」の演奏にチャレンジしてみてください。

指づかいと音の出し方

アメリカ民謡

「聖者の行進」演奏例

関連リンク詳細を開く

トランペットを習いたいなら
【教室・レッスン】大人の音楽レッスン(トランペット)
http://www.yamaha-ongaku.com/pms/courses/trumpet/index.html新しいウィンドウで開く
ネットでダウンロードできる、管楽器の楽譜をお探しなら
【楽譜】管楽器の楽譜一覧(ぷりんと楽譜)
http://www.print-gakufu.com/brass/新しいウィンドウで開く

つぶやく・ブックマークする

    楽器解体全書PLUS トップページへ戻る