YAMAHA

楽器解体全書PLUS

文字サイズ

NEXT

 

 

楽器を選ぶ

ホルン

とても長いホルンの音は?

分割できて持ち運びが楽

分割できて持ち運びが楽

アルプホルンという楽器をご存じですか? スイスアルプス、ポーランドやルーマニアの山間部などで見られる、人間の背丈の何倍もある長い木製楽器で、もともと牛飼いが牛を呼び集めるために吹いていたそう。山々にこだまする音色はのどかで牧歌的です。


自主製作した金管楽器の音

「アルプホルンみたいな楽器を金属でつくりたい」とヤマハの有志がアイデアを出し合って生まれたのが写真の楽器。持ち運びやすいように分割でき、音階が出せるように3本のバルブも付いています。ベルを置いて構えた時にバルブの位置がちょうど良いように、口の位置と下がり角を計算して設計しました。明るいほがらかな音色をぜひ聴いてみてください。

つぶやく・ブックマークする

    楽器解体全書PLUS トップページへ戻る