フルートのできるまで

YAMAHA

楽器解体全書PLUS

文字サイズ

次のページへNEXT

 

 

フルート

頭部管を作る

音色、音程を左右する頭部管

管引き加工

素材の表面をサンドペーパーでなめらかにし、バフという布で磨いた後、管引き加工によってミクロン単位の高精度なパイプを成形します。これは、フルート?の音色、音程?を決定するたいへん重要な工程です。

管引き加工


唄口ロウ付け加工

唄口ロウ付け加工

頭部管にリッププレート(小判ともいう)、ライザー(小判座ともいう)をロウ付けします。


アンダーカット

ボリューム感を増し、遠鳴りのする響きを得るため、唄口にアンダーカットを施します。「ハンドメイド・モデル」の高級品は、手作業で行います。

アンダーカット


メッキ仕上げ

メッキ仕上げ

メッキの溶液に入れ、銀を電気メッキします。

 

つぶやく・ブックマークする

    楽器解体全書PLUS トップページへ戻る