クラリネットのお手入れ

YAMAHA

楽器解体全書PLUS

文字サイズ

次のページへNEXT

 

 

クラリネット

管体に関するご注意

クラリネットの管体は天然の木!

天然の木で作られているクラリネット?の管体は、急激な温度変化や湿度変化によりヒビ割れしたり、つなぎにくくなったりしますので、以下の点にご注意ください。

クラリネットの管体は天然の木!


  1. 冬は楽器全体が室温に慣れるまで待ち、それから吹奏しましょう。
  2. 楽器の急な温度変化はキイが動かなくなったり、管体が割れてしまったりする原因となります。
  3. 新しい楽器は、あまり長時間の演奏をしないようにしましょう。
  4. 最初の2週間は1日20~30分位にしましょう。
  5. 使用前は端面に少量のコルクグリスを塗って防湿をしましょう。
  6. 使用後は管体内面の水分を充分拭き取りましょう。
  7. ジョイント部端面も水分を充分拭き取りましょう。
  8. 演奏の合間にもできるだけクリーニングスワブで管体内面の水分を取りましょう。

関連リンク詳細を開く

管楽器のお手入れ用品の製品情報が知りたいなら
【製品情報】管楽器・吹奏楽器 お手入れ用品一覧
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/accessories/care/新しいウィンドウで開く

つぶやく・ブックマークする

    楽器解体全書PLUS トップページへ戻る