音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

ライター紹介

つぶやく・ブックマークする

    富澤 えいち(とみざわ・えいち)記事一覧を見る

    ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。
    ブログ「ジャズなら…」(http://jazznara.blog23.fc2.com/)
    Facebookページ「富澤えいちのジャズ・ブログ道場」(http://on.fb.me/qDTCIG)

    長谷川 誠(はせがわ・まこと)記事一覧を見る

    音楽評論家、ライター。1957年生まれ、北海道札幌市出身。慶応大学経済学部卒業。小学生の頃に壁新聞に夢中になり、文章を書く人間になりたいと思ったのがこの世界に進むきっかけ。出版社勤務を経て、ライター、音楽評論家として活動。音楽雑誌、情報誌、一般紙、フリーペーパー、ネットマガジンなどを中心に執筆。おもに執筆している雑誌はGo!Go!GUITAR(ヤマハミュージックメディア)、ぴあ(ぴあ)、ワッツイン(ソニー・マガジンズ)、CDでーた(角川書店)、B=PASS(シンコーミュージック)、オリスタ(オリコン)、別冊カドカワ(角川書店)、TVstation(ダイヤモンド社)など。著書に『WITH THEE MICHELLE GUN ELEPHANT』(ぴあ)、共著に『地球音楽ライブラリー矢沢永吉』(TOKYO FM出版)など。

    伊熊 よし子(いくま・よしこ)記事一覧を見る

    音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)。共著多数。
    http://yoshikoikuma.jp/

    片山 杜秀(かたやま・もりひで)記事一覧を見る

    音楽評論家、思想史研究者。1963年仙台生まれ。東京で育つ。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。専攻は政治学。著書に『音盤考現学』『音盤博物誌』(アルテスパブリッシング)、『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ)、共著書に『伊福部昭の宇宙』(音楽之友社)、『日本主義的教養の時代』(柏書房)など。朝日新聞、産経新聞、『レコード芸術』『CDジャーナル』等で音楽評を執筆。『週刊SPA!』に1994年から2003年までコラム「ヤブを睨む」を連載。200枚以上のCDのライナー・ノートを手がけ、またCDレーベル、ナクソスの「日本作曲家選輯」の企画構成を担当。 2006年日本近代音楽研究の業績により京都大学人文科学研究所から人文科学研究協会賞を、2008年『音盤考現学』および『音盤博物誌』が第18回吉田秀和賞、第30回サントリー学芸賞を受賞。慶應義塾大学法学部准教授。国際日本文化研究センター客員准教授。

    山崎 智之(やまざき・ともゆき)記事一覧を見る

    1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得。
    ブログ(http://yamazaki666.com/blog/)
    インタビュー・リスト(http://yamazaki666.com/interviewlist.html)

    梅津 時比古(うめづ・ときひこ)記事一覧を見る

    鎌倉市生まれ。早稲田大学第一文学部西洋哲学科卒。現在、桐朋学園大学学長、毎日新聞客員特別編集委員。著書に「フェルメールの楽器」「冬の旅~24の象徴の森へ」「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」(芸術選奨文部科学大臣賞、岩手日報文学賞賢治賞)、「ゴーシュという名前」「天から音が舞い降りてくるとき」「フェルメールの音」「音と言葉のソナタ」「耳のなかの地図」「日差しのなかのバッハ」「非日常と日常の音楽」「音をはこぶ風」など。2010年日本記者クラブ賞受賞。
    梅津 時比古氏に日本記者クラブ賞
    梅津 時比古氏の記事一覧

    川崎 浩(かわさき・ひろし)記事一覧を見る

    1955年8月19日、鹿児島市生まれ。慶応大学法学部卒。81年毎日新聞社入社、92年東京本社学芸部配属。以降、一貫して軽音楽を担当する。現在、毎日新聞学芸部専門編集委員。音楽は難しく今もって修業の毎日で、カラオケの曲数のみ徒に増え続けている。

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ