音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    アンダーソン・ラビン・ウェイクマン来日/トレヴァー・ラビンが今は亡き盟友たちを語る

    配信日: | 配信テーマ:洋楽

    2017年4月、アンダーソン・ラビン・ウェイクマン(ARW)がジャパン・ツアーを行う。

    元イエスのジョン・アンダーソン(ヴォーカル)、トレヴァー・ラビン(ギター)、リック・ウェイクマン(キーボード)による新プロジェクトの日本初上陸。“本家”イエスが2016年11月に来日公演を行ってわずか半年後のニアミス・ツアーということもあり、日本のロック・ファンの間で大きな話題を呼んでいる。

    ARW来日に先駆けて、音楽雑誌『プレイヤー』2017年4月号(3月2日発売)ではトレヴァーへのインタビュー記事を掲載。日本公演の展望、使用ギター、ロック殿堂入り、2015年に亡くなったクリス・スクワイアとの思い出などについて語ってもらっている(筆者<山崎>がインタビュー)。

    ページ数の関係で、トレヴァーの談話のすべてを誌面に掲載することが出来なかったが、今は亡き盟友ミュージシャン達との未公開エピソードを、本記事で掲載したい。『プレイヤー』誌の記事と併せて読むことで、トレヴァーのミュージシャンシップと人柄をより深く感じることが出来るだろう。

    ちなみにRabinは本来レイビンと発音されるが、本記事では通常の日本表記に従ってラビンと書く。
     

    ●マイケル・ジャクソン
    (2009年6月25日 没)

    ニューヨークでTV番組『デヴィッド・レターマン・ショー』に出演したんだ(1994年)。収録が早朝の5時とかだったんで、僕は昼間寝ていた。そのとき電話がかかってきて、「もしもし、マイケル・ジャクソンです」と言われたんだ。きっとローディーが冗談でかけてきたと思って「せっかく眠っていたのに起こすなよ!」と不機嫌に言ったら、「ごめんね、申し訳ない!」と謝られた。どうも様子が違うと思って、しばらく話をして、ようやくマイケル本人だと気付いたんだ。
    スタジオでは確か3曲プレイしたんだ。そのひとつが「ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス」だった。 マイケルは具体的にどんなギター・プレイを弾いて欲しいか指示はせず、「自由に弾いてみて欲しい」と言って、いろいろ弾いていると「それだ! もう1回弾いてみてくれ」と言うんだ。あの曲ですごく速いシンセのフレーズがあって、僕が「プログラミングよりもギターで弾いた方が良い」と提案したのを覚えている。実際に弾いてみせたら、すごく喜んでくれて、それが最終トラックに収録されたよ。
    あと覚えているのは、スタジオのモニターの音量がとてつもなくでかかったこと。耳をつんざくほどだったね。

    ●ジミー・ベイン
    (2016年1月23日 没)

    ワイルド・ホーシズの『ザ・ファースト・アルバム』(1980年)をプロデュースしたのは、レコード会社の提案だったんだ。彼らのリハーサル・ルームで初めて会ったとき、「こいつら、頭がおかしいんじゃないか」と思った。とにかく酒やドラッグが大好きな連中だったんだ。どちらかといえばジミーがナイスガイで、ロボ(ブライアン・ロバートソン)は完全にイカレていた。彼らとのアルバム作りは楽しかったよ。

    ●フィル・ライノット
    (1986年1月4日 没)

    シン・リジィとワイルド・ホーシズは兄弟バンドみたいな感じだったんだ。フィルはよくリハーサルに顔を出して、終わったら誰かを酒場に連れていったよ。その逆に、ジミーやロボもシン・リジィのスタジオに行って、フィルと飲みに行っていた。
    ロンドンの『エレクトリック・ボールルーム』という会場でワイルド・ホーシズのライヴに飛び入りしたこともあった。アンコールで僕とフィル・ライノット、マイケル・シェンカーがステージに上がって、彼らと「ロック・ミー・ベイビー」をプレイしたのを覚えている(1979年12月1日)。
    フィルと最後に会ったのは、彼の家でのクリスマス・ディナーに招かれたときだった(1985年)。彼はソロ・アルバムを作っていて、僕にもギターを弾いてくれと言っていたよ。でも、それが彼にとって最後のクリスマスになってしまったんだ。

    ●ゲイリー・ムーア
    (2011年2月6日 没)

    1982年、ロンドンの『ジョン・ヘンリーズ』というリハーサル・スタジオで、後に“90125イエス”に発展するシネマがリハーサルをしていたんだ。ある日、早めに来た僕がギターのサウンドチェックと手慣らしフレーズを弾いていると、ゲイリーが入ってきて「あんた一体何者だ?」と怖い顔で訊いてきた。僕がギターを弾くのを聴いて、驚いたと言っていた。「南アフリカから来たトレヴァーです」と自己紹介して、少し話したら、「君のことは知っているよ。ジャック・ブルースと一緒にやったんだよね?」と打ち解けて、しばらくフレンドリーに会話することが出来たよ。
    (トレヴァーの『ウルフ』(1981年)にジャックがゲスト参加)

    ●ジャック・ブルース
    (2014年10月25日 没)

    『ウルフ』にはサイモン・フィリップスがドラムスで参加することが決まっていたんだ。当初は僕がベースを弾くつもりだったけど、サイモンが「ジャックとは友達だし、声をかけてみようか?」と言ってくれた。クリームやソロ活動で伝説のミュージシャンといわれるジャックと一緒にやるなんて夢のようだったし、デモ・テープを聴いてもらうことにしたよ。ギャラが高額なんじゃないかと心配だったけど、リーズナブルに抑えてくれて、最高のベース・プレイだった。彼とはレコーディングで親しくなったけど、その後はお互いに忙しくて、ほとんど会うことがなくなった。

    クリス(スクワイア)もそうだけど、僕は素晴らしいミュージシャン達と知り合って、共演することが出来て、本当に幸せだと思う。


    Special thanks: Player Magazine
    http://www.player.jp



    <公演情報>
    アンダーソン,ラビン&ウェイクマン 来日公演
    Anderson, Rabin & Wakeman Japan Tour 2017

    【来日予定メンバー】
    ジョン・アンダーソン(Vo)
    トレヴァー・ラビン(G)
    リック・ウェイクマン(Key)
    リー・ポメロイ(B)
    ルイ・モリノIII(Ds)

    【日程】
    4月17日(月)・18日(火)・19日(水)
    東京 Bunkamura オーチャードホール 18:30 open/19:00 start

    4月21日(金) 
    尼崎 あましんアルカイックホール 18:15 open/19:00 start

    4月22日(土) 
    広島 クラブクアトロ 16:00 open/17:00 start

    4月24日(月) 名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

    【来日公演公式サイト】
    ウドー音楽事務所
    http://www.udo.co.jp/Artists/ARW/index.html

    2017年3月 2日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    リズム重視してアレンジ チーフタンズのリーダー パディ・モローニ

    アイルランドを代表する伝統音楽のグループ、チーフタンズが来日公演を行う。現地の文化に根ざしながら、親しみやすいサウンドを展開。度々グラミー賞に輝き、ローリング・ストーンズやジョニ・ミッチェルら、有名どころとの共演も多い。長きにわたる活動について、リーダーのパディ・モロー...

    ライブ盤に込めた思い ジャクソン・ブラウン 人間の良心 信じている 

     米国のベテランシンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンが公演のため来日した。社会や個人のあり方を世に問う誠実な姿勢が、世界中で支持されている。混迷する世界情勢の中、ジャクソンは我々に何を伝えていきたいのか。最新のライブ盤「ザ・ロード・イースト」(ソニー)に込めた...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

    世界的ベーシスト、ネイザン・イーストの公開リハーサルで見た、演奏が練り直され新たな響きが生まれる瞬間

    (取材・文/飯島健一) 卓越したプレイで数多のミュージシャンに信頼され、音楽ファンも魅了するベーシストのネイザン・イースト。今年1月に2ndソロアルバム『Reverence(レヴェランス)』を発表して、2月に来日。ビルボードライブ東京での公演前夜に開催された今回のスペシ...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ