音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    メアリー・ミリントン『Respectable』/ロックと共に戦ったセクシー女優

    配信日: | 配信テーマ:洋楽

    メアリー・ミリントンの人生を辿ったドキュメンタリー映像作品『Respectable: The Mary Millington Story』が2016年、イギリスでDVDリリースされた。

    現代の日本ではあまり名前を聞くことのない彼女だが、1970年代イギリスを代表するセクシー女優であり、特定の世代の男性にとっては特別にお世話になったセックス・シンボルである。

    1945年生まれの彼女はハードコア・ポルノ/ブルー・フィルム業界からデビューするが(母親の癌の治療費を捻出するために業界入りしたというのが泣かせる)、1970年代中盤からよりメインストリームなアダルト市場に転身、彼女がヒロインの一人を演じるソフトコア映画『Come Play With Me』(1977)は201週間という、一般作品を含むイギリス映画史上最長のロングランを記録している。

    メアリーはセクシー女優の枠を超えて、1970年代カウンターカルチャーを象徴する存在となった。そして彼女は同じくカウンターカルチャーであるロック音楽と直接的・間接的に関わることになった。

    日本の音楽ファンが最も容易にメアリーの姿を見ることが出来るのは、セックス・ピストルズの映画『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』(1980)だろう。バンドの軌跡に虚構パートを加えたセミ・ドキュメンタリーである本作だが、映画館の暗がりでギタリストのスティーヴ・ジョーンズとxxxしてキップもぎりのおばちゃんに叱られる女性がメアリーである。

    なお、この映画に出演しているエド・チューダーポール(パンク・バンド、テンポール・チューダーのシンガー)によると、撮影後の楽屋でスティーヴは実際にメアリーに口でしてもらったそうで、『Respectable』のDVD特典映像として収録されたインタビューで「羨ましかった!」と独白している。

    メアリーは映画のみならず、雑誌グラビアでもその肢体を露わにしてきた。ダウニング街10番地の首相官邸前で撮影したヌード写真はイギリス全土にセンセーションを呼んでいる。

    そして彼女が“主戦場”としてページを飾ったのが、『Whitehouse』誌だった。そして、この雑誌は“2人のメアリー”の聖戦の舞台となった。

    1960年代以降のイギリス文化を知るにあたって、必ずぶち当たるのがメアリー・ホワイトハウスという名前である。1965年に非営利団体『全国視聴者協会 National Viewers' and Listeners' Association』を設立した彼女は出版・放送のモラル向上を主張、暴力的なロック音楽やホラー映画、ポルノグラフィなどを弾圧してきた。

    それに対して、“低俗”と糾弾された側も黙っていなかった。アダルト雑誌の出版とセックス・ショップの経営で財を成したポルノ・メディア王デヴィッド・サリヴァンは1974年に創刊したアダルト雑誌に『Whitehouse』と命名するという、イギリス人ならではの反骨のユーモアで対抗した。
    (サリヴァンはアダルトを含むタブロイド系メディアで大成功を収め、現在ではサッカー・チームのウェストハム・ユナイテッドFCの共同オーナーである)

    さらにイギリスのロック・ミュージシャン達もメアリー・ホワイトハウスの“浄化”に対し、自らの歌詞で反旗を翻している。

    ディープ・パープルが1973年に発表したアルバム『紫の肖像』に収録された「メアリー・ロング」のタイトルはメアリー・ホワイトハウス、そして同じく反ポルノ派の労働党議員ロングフォード卿の“ロング”を合体させた名前だった。

    「メアリー・ロング」の歌詞は「メアリー・ロングは偽善者だ」という一節から始まる。子供のいる彼女は当然ヤルことはヤっているわけで、コーラスは「あんたはどうやって処女を失ったんだい? いつになったら馬鹿さ加減をなくすんだい?」と皮肉を込めたものだ。

    終盤には「ポルノ卿と一緒に穴を掘って、その中に飛び込んでくれ」というメッセージも歌われている。
    (ロングフォード卿はアダルト業界の実態を調査し、報告書を作成するべく自ら多数のストリップ劇場に足を運び、イギリス国民から“ポルノ卿”と呼ばれた)

    ピンク・フロイドも彼女を公に批判したアーティストだった。彼らの『アニマルズ』(1977)に収録された「ピッグス(三種類のタイプ)」には「ヘイユー、ホワイトハウス。お前はマヤカシだ」という一節がある。「俺たちの感情を街から排除しようとする」と批判されているターゲットはメアリー・ホワイトハウスだったが、アメリカ政府=ホワイトハウスへの批判だと誤解され、今日でもそう思っているファンが少なくないようだ。

    さらに1980年にデビューしたノイズ・バンド、ホワイトハウスも彼女の名前からバンド名を取っている。彼らはエクストリームなエレクトロニック・ノイズを演奏、『トータル・セックス』(1980)、『エレクター』(1981)、ドイツの連続殺人鬼をモチーフにした『ペーター・キュルテンに捧ぐ』(1981)など、挑発的なタイトルの作品を発表した。

    1980年代に入って、ホーム・ビデオの普及が始まると、『全国視聴者協会』は残虐描写のあるホラー映画を槍玉に挙げるようになる。彼らは過剰な暴力描写のある映画72本を規制対象にし、販売やレンタルを禁止した。『食人族』、『悪魔のはらわた』、『発情アニマル』などを含むこのリストに正式な名称はなかったが、人気テレビ番組『ザ・ヤング・ワンズ』で“ナスティ=汚らわしい”と表現されたことから、“ヴィデオ・ナスティ”と呼ばれるようになった。

    なお、同番組で“ヴィデオ・ナスティ”を題材としたエピソードにはザ・ダムドが出演、「テレビ画面から血が滴る〜♪」と歌う“ヴィデオ・ナスティ”讃歌「ナスティ」も演奏された。
    (『ザ・ヤング・ワンズ』からは番組内バンドとしてバッド・ニュースが結成、クイーンのブライアン・メイのプロデュースで「ボヘミアン・ラプソディー」をカヴァーするなどしたが、それに関してはまた別の機会に)

    “ビデオ・ナスティ”と指定された全72作品は、このリスト(※)で確認することが出来る。
    イギリスのホラー映画マニアはこれを“必見映画リスト”として、競い合ってビデオを入手した。

    イギリス国内では“ヴィデオ・ナスティ”を入手することが困難になり、映像ソフト化されても残虐シーンがカットされるなどしたが、ノーカット版を違法ダビングして販売する業者もいた。1989年にワイルドハーツを結成したジンジャー・ワイルドハートはバンドの初期、スプラッター映画の裏ビデオを売って生計を立てていた。その経験は「スプラッターマニア」の歌詞で生かされている。

    ジンジャーは『女虐 NAKED BLOOD』や『ギニーピッグ』など日本製のホラー映画もダビングしており、「こんなものを作る国民は頭がいかれているに違いない」と考えたそうだ。

    さて、話をメアリー・ミリントンに戻そう。グラビアでの露出と『Come Play With Me』(1977)や『The Playbirds』(1978)などのソフトコア・ポルノ映画で大成功を収めたメアリーは一時期ファンクラブ会員が100万人を超える大人気を誇り、開店したアダルト・ショップも盛況だったが、その精神は徐々に蝕まれていく。業界入りのきっかけとなった母の死、30歳を過ぎて褪せていく色香、ドラッグへの耽溺、万引き癖による逮捕、嫌がらせのような警察のガサ入れなどが重なり、メアリーは1979年8月19日、大量の抗鬱剤をウォッカで流し込んで自らの命を絶ったのだった。33年の短い人生だった。

    ロック音楽は常に“反逆”のシンボルとして、社会の規範やモラルと戦ってきた。だが、ロックは孤軍奮闘ではなかった。メアリー・ミリントンのような同志がいたことを、『Respectable』は教えてくれる。


    ※ http://www.imdb.com/list/ls051364249/

    2017年2月23日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    [ショウタイム]74歳、圧巻のポール来日公演 往時しのばせる歌唱、演奏

    この春はまさに、ビートルズ祭りだ。4月下旬には元メンバーのポール・マッカートニーが来日し、ビートルズナンバーをたっぷり演奏した。5月26日には代表作のアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のリミックス(再構成)版が世界同時発売される。(鶴田...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

    世界的ベーシスト、ネイザン・イーストの公開リハーサルで見た、演奏が練り直され新たな響きが生まれる瞬間

    (取材・文/飯島健一) 卓越したプレイで数多のミュージシャンに信頼され、音楽ファンも魅了するベーシストのネイザン・イースト。今年1月に2ndソロアルバム『Reverence(レヴェランス)』を発表して、2月に来日。ビルボードライブ東京での公演前夜に開催された今回のスペシ...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ