音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    半世紀を魅了してきたギター。ジェフ・ベック、2017年1月~2月来日

    配信日: | 配信テーマ:洋楽

    2017年もジェフ・ベックは弾きまくる。1月下旬から2月上旬にかけて、彼のジャパン・ツアーが決定した。

    近年、コンスタントに日本を訪れているジェフ。2014年4月の単独ツアーに続いて2015年9月にはブルーノート・ジャズ・フェスティバルにヘッドライナーとして出演(東京・大阪で単独ライヴも)。2016年11月には『クラシック・ロック・アワード』で“ジ・アイコン賞”を受賞、ステージに立って演奏もしている。

    とはいえ、ファンというのは欲張りなものだ。『クラシック・ロック・アワード』でジェフがプレイしたのは「ベックズ・ボレロ」、「迷信」、「ゴーイング・ダウン」の3曲のみ。これで我々の飢えが癒やされるわけもなく、むしろ単独ツアーへの欲求が高まったといえる。
    (ちなみに当初は「フリーウェイ・ジャム」も演奏する予定だったという噂もあるが、あくまで未確認情報であり、実現しなかった)

    2017年のジャパン・ツアーは、ジェフがヤードバーズを脱退、ソロ・キャリアを開始して50周年という記念すべき節目に行われる。来日メンバーはジェフに加えてロンダ・スミス(ベース)、ジョナサン・ジョセフ(ドラムス)、ジミー・ホール(ヴォーカル)というお馴染みの顔ぶれ、そして最新作『ラウド・ヘイラー』(2016)で共演しているロージー・ボーンズ(ヴォーカル)、カーメン・ヴァンデンバーグ(ギター)というラインアップだ。2016年秋に行われたヨーロッパ・ツアーでは「フリーウェイ・ジャム」や「哀しみの恋人達」、「ベックズ・ボレロ」、ビートルズの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」などに加えて新作からの曲も多くプレイされており、日本公演ではセットリストを見直してくることが予想されるが、やはり新旧の代表曲のミックスとなると思われる。

    で、来日記念盤として日本限定で発売されるのが『ラフ・アンド・レディ』SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションだ。1971年にジェフ・ベック・グループ名義でリリースされたこのアルバムはジェフのキャリアで最もソウルに接近した時期の作品であり、コージー・パウエル(ドラムス)、マックス・ミドルトン(ピアノ)、ボブ・テンチ(ヴォーカル)、クライヴ・チャーマン(ベース)と共に時にファンキーな“弾きまくり”を披露している。

    このアルバムは当時、通常盤LP(2チャンネル・ステレオ)に加えてクアドラフォニック(4チャンネル)仕様も発売されたが、今回のSA-CD再発ではクアドラフォニック音声をさらに5.1chにミックスしたサラウンド・ヴァージョンで収録されている。

    さらに魅力的なのは、アナログ・シングル盤と同じ7インチ・サイズのジャケットだ。これまで『ジェフ・ベック・グループ』(1972)、『ベック・ボガート&アピス』(1973)、『ベック・ボガート&アピス:ライヴ・イン・ジャパン』(1973)、『ブロウ・バイ・ブロウ』(1975)、『ワイヤード』(1976)がこの仕様でリリースされており、マニア心をくすぐってくれる。1970年代当時に書かれた日本盤ライナーノーツは21世紀になって読むと正直かなり古びて見えるが、歴史的資料としては貴重なものだ。復刻帯やシングル・カットされた「ゴット・ザ・フィーリング」日本盤ジャケットなども封入されており、完全生産限定盤ということなので、先にリリースされたタイトル同様、早々に店頭から消え去ると思われる。

    半世紀以上のあいだ、ジェフは世界の音楽リスナーを魅了し続けてきた。2017年、72歳にして前進を続ける彼のギターを生で体感して、国内オンリーの限定盤CDを手に出来るとは、日本に生まれて良かったとしみじみと感じさせられるのである。



    ●公演情報
    「ジェフ・ベック ジャパン・ツアー2017」

    【横浜公演】
    1月25日(水) パシフィコ横浜
    18:00 open/19:00 start

    【仙台公演】
    1月26日(木) 仙台サンプラザホール
    18:15 open/19:00 start

    【盛岡公演】
    1月28日(土) 岩手県民会館大ホール
    17:00 open/17:30 start

    【東京公演】
    1月30日(月)・31日(火) 東京国際フォーラム ホールA
    18:00 open/19:00 start

    【大阪公演】
    2月2日(木) グランキューブ大阪
    18:00 open/19:00 start

    【福岡公演】
    2月3日(金) 福岡サンパレスホテル&ホール
    18:15 open/19:00 start

    【広島公演】
    2月4日(土) 広島上野学園ホール
    17:30 open/18:30 start

    【名古屋公演】
    2月6日(月) 名古屋市公会堂
    18:30 open/19:00 start

    【大阪追加公演】
    2月7日(火) あましんアルカイックホール
    18:15 open/19:00 start

    来日公演ウェブサイト ウドー音楽事務所
    http://www.udo.co.jp/Artists/JeffBeck/

    2017年1月19日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    [評]シガレッツ・アフター・セックス公演 けだるさに包み込まれて

     話題の米国のバンド、シガレッツ・アフター・セックス(CAS)が初来日公演を行った。 ゆったりとしたリズムの、メランコリックで静かな曲が印象的で、その音楽は「アンビエント・ポップ」などと呼ばれる。ライブでは「K.」などを披露。少しけだるい雰囲気のサウンドが、聴き手を優し...

    「ボーカルが軸」へ進化 超絶ベーシスト サンダーキャット新作

     現在最も注目を集めるミュージシャンの一人、米国のサンダーキャットが新作「ドランク」(ビート)を出した。高速プレーのすご腕ベーシスト、そして洗練されたファンキーな音楽で知られる。新作では成長著しいボーカルをじっくりと聴かせる。公演のため来日したサンダーに聞いた。(桜井学...

    「サージェント〜」発売50年 リミックス版 ビートルズ スタジオ内の音

    ビートルズの代表作「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」が発売されてから1日で50年を迎えたのを記念し、音を現代的に再構成したリミックス版が発売された。当時のプロデューサー、ジョージ・マーティンさん(2016年死去)の息子で、今回リミックスを手がけ...

    [ショウタイム]74歳、圧巻のポール来日公演 往時しのばせる歌唱、演奏

    この春はまさに、ビートルズ祭りだ。4月下旬には元メンバーのポール・マッカートニーが来日し、ビートルズナンバーをたっぷり演奏した。5月26日には代表作のアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のリミックス(再構成)版が世界同時発売される。(鶴田...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ