音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    フリートウッド・マック、1982年のアルバム『ミラージュ』新装盤発売。2017年、バンド結成50周年に向けて始動

    配信日: | 配信テーマ:洋楽



    フリートウッド・マックの1982年のアルバム『ミラージュ』の“エクスパンデッド・エディション”が発売となった。

    1967年に結成したフリートウッド・マックはデビュー当時、ピーター・グリーンのギターを前面に押し出したブルース路線の音楽性で、イギリス全土にブリティッシュ・ブルース・ブームを巻き起こした。ピーターが脱退してから紆余曲折を経て、一時は解散した彼らだが(マネージャーが勝手にメンバーをかき集めて“偽フリートウッド・マック”がツアーに出たこともあった)、1974年にスティーヴィー・ニックスとリンジー・バッキンガムを迎えて再始動。新生マックとなって4作目のアルバムが『ミラージュ』である。

    ポップなサウンドが世界規模で支持され、『噂』(1977)が5千万枚というモンスター・ヒットを記録しているスティーヴィー/リンジー期のマック。その作品はいずれも今日に至るまで高い人気を誇ってきたが、リマスター/ボーナス・トラックを加えた復刻プロジェクトは、やや後れを取っていた。2004年には『ファンタスティック・マック』(1975)にボーナス5曲を追加した“リマスター&ボーナス・トラック・エディション”が発売されたが、それからしばらく音沙汰がなく、2013年になって『噂』の新装盤を発売。4CD+DVDの“スーパー・デラックス・エディション”がファンを驚喜させた(3CD仕様の“デラックス・エディション”も発売された)。

    続いて2015年には『牙(タスク)』(1979)の“エクスパンデッド・エディション”を発売。元々2枚組アルバムだったこの作品だが、“スーパー・デラックス・エディション”は5CD+DVD+2LPという凄まじいヴォリュームとなった(こちらも3CD仕様も同時発売)。そして2016年にリリースされたのが『ミラージュ』新装盤だ。

    今回の“エクスパンデッド・エディション”は2CDと、過去2作品と比べるとやや控えめなものだが、初期ヴァージョンやアウトテイクが全20曲収録されており、『ミラージュ』の世界観をより広く、より深く掘り下げることが可能だ。

    スティーヴィーとリンジー、そしてクリスティン・マクヴィーという3人のシンガー・ソングライターを擁するこの時期のマックは、セールス面でいえば文句なしの“黄金期”だった。『噂』で徹底したポップでキャッチーな音作りをした後、『牙(タスク)』ではメロディを生かしながらも実験的なアプローチも取っていた彼ら、『ミラージュ』では再びポップにメーターを振り切ったサウンドが復活している。このアルバムからは「ホールド・ミー」、「愛のジプシー」、「ラヴ・イン・ストアー」、「オー・ダイアン」、「キャント・ゴー・バック」、「ストレート・バック」と、全12曲中6曲がシングル・カット。「ホールド・ミー」が全米チャート4位というヒットを記録している。さらにアルバムも5週連続ナンバー1に輝く大成功作となった。

    なお『ミラージュ』に前後して、それぞれのメンバーはソロ活動も精力的に行っている。スティーヴィー・ニックスは『麗しのベラ・ドンナ』(1981)と『ワイルド・ハート』(1983)を連続ヒットさせており、リンジー・バッキンガムも『ロウ・アンド・オーダー』(1981)、『アイ・ゴー・インセイン』(1984)を発表。クリスティン・マクヴィーの『恋のハート・ビート Christine McVie』(1984)もヒットするなど、1980年代前半のヒット・チャートにはほぼノンストップでフリートウッド・マックあるいはメンバーの曲がエントリーしていたことになる。そうして1987年には“黄金期”ラインアップによる最後のアルバム『タンゴ・イン・ザ・ナイト』が発表され、全世界で1,500万枚というセールスを達成するのだった。

    なおスティーヴィーの『麗しのベラ・ドンナ』と『ワイルド・ハート』はそれぞれ3CD、2CDの“デラックス・エディション”として2017年1月に新装発売されることが決まっている。

    2017年にはバンド結成50周年ワールド・ツアーが予定されており、ニュー・アルバムも完成に近づいているというフリートウッド・マックだが、彼らが日本を訪れるのは1995年以来のこと。その時にはミック・フリートウッド(ドラムス)とジョン・マクヴィー(ベース)という不動のリズム・セクションにデイヴ・メイスン(ギター)、ベッカ・ブラムレット(ヴォーカル/デラニー&ボニーの娘)、ビリー・バーネット(ギター/ジョニー・バーネットの息子)というイレギュラーなラインアップだった。また1990年の来日公演にはリンジーが不参加だったため、“黄金期”による来日は1980年が最後となる。なんと『ミラージュ』発表以前、37年前なのだ。

    ぜひフリートウッド・マック結成50周年ツアーでは久々に日本に立ち寄って、その珠玉のサウンドを披露してもらいたい。彼らが“ミラージュ=蜃気楼”でなく、ポピュラー音楽の歴史に確固たる足跡を残したバンドであることを日本のファンに証明するために、である。

    2017年1月 5日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

    世界的ベーシスト、ネイザン・イーストの公開リハーサルで見た、演奏が練り直され新たな響きが生まれる瞬間

    (取材・文/飯島健一) 卓越したプレイで数多のミュージシャンに信頼され、音楽ファンも魅了するベーシストのネイザン・イースト。今年1月に2ndソロアルバム『Reverence(レヴェランス)』を発表して、2月に来日。ビルボードライブ東京での公演前夜に開催された今回のスペシ...

    エアボーンが「イッツ・オール・フォー・ロックンロール」でモーターヘッドをリスペクト

    オーストラリア出身のハード・ロック・バンド、エアボーンが2017年に公開したミュージック・ビデオ「イッツ・オール・フォー・ロックンロール」が話題を呼んでいる。彼らの最新アルバム『ブレイキン・アウタ・ヘル』(2016)からのこのナンバーは、2015年12月28日に亡くなっ...

    アンダーソン・ラビン・ウェイクマン来日/トレヴァー・ラビンが今は亡き盟友たちを語る

    2017年4月、アンダーソン・ラビン・ウェイクマン(ARW)がジャパン・ツアーを行う。元イエスのジョン・アンダーソン(ヴォーカル)、トレヴァー・ラビン(ギター)、リック・ウェイクマン(キーボード)による新プロジェクトの日本初上陸。“本家”イエスが2016年11月に来日公...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ