音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    ピアニスト、俳優、作曲家の顔をもつ清塚信也が、ドラマ《代償》の音楽をレコーディング

    配信日: | 配信テーマ:クラシックその他

     数々のコンクールにおいて優勝を果たし、ロシアに留学経験をもつピアニストとして、また映画に出演する俳優として、さらに映像作品のサウンド・トラックの作曲や音楽監督を務めるなど、幅広い活動を展開している清塚信也が、ユニバーサル・ミュージック移籍第1弾のアルバムをリリースした。

     小栗旬主演のHuluオリジナルドラマ「代償」(11月18日1話&2話同時配信、以降毎週金曜配信、日米同時配信全6話)のエンディング・テーマ「代償」を含み、ベートーヴェンやラフマニノフ、ドビュッシーから「日本の四季」をテーマとしたさまざまな作品まで、多彩な曲を収録した、「あなたのために奏でたい」というコンセプトに基づく新録音である。

    「今回の録音は、いま本当に自分がしたいことをする、ということができたアルバムです。ぼくはこれまでいろんな活動を行ってきましたが、それらすべてを視野に入れ、音楽界と映画界で経験を積んだことを生かしたつもり。いま出せるものをすべて出したという感じですね」

    「代償」の曲は、パッとアイディアが浮かび、自然な形で曲作りができたという。

    「ぼくはどこかにこもって集中しなくては旋律が書けないとか、静かな場所でないと曲想が浮かばない、などということはまったくありません。街のカフェの片隅でも大丈夫。もちろん日常生活のなかでいろんなことを体験し、その積み重ねが自分のなかに蓄積されているのでしょうが、今回もすぐに書けました」

     清塚信也は、昔から大変な努力家だ。いったんこの道に歩みを進めようと思ったら、3時間ほどの睡眠で、目標に達成するまで一気に突き進む。自分にできる最大限のことを行い、わき目も振らずに突進していく。

    「でも、最近は大人になったというか、自分を抑制する術を身に着けました。自分と同じような生き方、時間の使い方、仕事のやり方を人に押し付けてはならない。その専門分野の人がいたら、自分の感情は抑えてその人にすべて任せる。プライドを傷つけられるようなことに出合っても、けっして落ち込んだりキレたりせず、“ああ、相手もふつうの人間なんだ。気にしない。人間なんて、所詮動物みたいなものだから“と割り切るようにする。この精神を身に着けたら、とても楽になりました」

     以前は、やはり人間関係において感情を押し殺すのは非常に難しい場合が多々あったが、いまは達観しているようだ。

     そんな彼の作り出す音楽も大人の空気をただよわせ、情感豊かで印象深い。この新譜ではピアニスト、作曲家の両面を披露しているが、近い将来、ショパンを題材とした音楽ドラマの台本を手がけたいという。もちろん、演奏と作曲も自身が担当する。

    「夢はたくさんあるんです。やりたいことは山ほど。映画が好きなので、毎日HuluやCSで1本は見ていますが、そうした映画からも多くを学んでいます」

     多彩な活動を鮮やかなステップでかろやかにこなしているように見えるが、実は身を削って創作に挑む、ある種の修行僧のような一面も持ち合わせている。2017年4月からはアルバムの内容とリンクしたコンサート・ツアーをスタートさせる。ひたむきに目標に向かって進んでいくKIYOZUKAの音楽から、活力と気概を受け取りたい。

    『KIYOZUKA』(ユニバーサル/12月7日発売)

    2016年11月17日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:伊熊よし子

    音楽ライター記事一覧を見る

    クラシック その他 のテーマを含む関連記事

    阿久悠の功績 なお色あせず 没後10年 未発表詞で新曲 リスペクト公演

     希代の作詞家、阿久悠が世を去って今年で10年。くしくも生誕80年などの節目が重なり、功績を改めて見直す機運が高まっている。昭和の歌謡界を席巻した怪物に今、何を学ぶべきなのか。(文化部 清川仁) 「津軽海峡・冬景色」「UFO」など、歌い継がれる名曲を残した阿久悠。「北の...

    [ショウタイム]ベルウッド・レコード設立45周年 三浦光紀×鈴木慶一

     ◆日本語ロック 始まりの風景 1970年代、日本語ロックの世界を切り開いたとされるバンド、はっぴいえんどやはちみつぱい、歌手の小室等らの名盤を生んだベルウッド・レコードが設立45周年を迎えた。当時の邦楽の主流とは毛色の違う音楽を次々と発表し、細野晴臣や大瀧詠一ら、後に...

    <Topics>クミコ・松本隆 分からないから歌う 17年ぶりのコラボアルバム発売

     森繁久弥は、興に乗ると唱歌や歌曲を「歌う」でなく「語って」くれた。森繁にとって歌は「言葉」が優先したのであろう。歌を感じるのは「メロディー」か「言葉」か。さらに「声音(こわね)」はどうか。歌手クミコは松本隆の「言葉」に感応し、松本はクミコの「歌声」に打たれた。二人は、...

    <大衆音楽月評>デジタル歌姫 時代に区切り=専門編集委員・川崎浩

     北朝鮮のミサイルだ、衆院解散だと、9月は日本中を驚かせるニュースが多過ぎた。大衆音楽界では、もちろん、20日に発表された安室奈美恵の引退宣言である。 10代前半から芸能活動を始め、間を置かずスーパースターになった後、いろいろな事件もありながら、デビューから25年。スト...

    <歌謡ルネサンス>芸者歌謡継承に使命感/高見沢のエレキ歌謡を=専門編集委員・川崎浩

     ◇芸者歌謡継承に使命感 昭和歌謡界には「芸者歌手」という人気者がいた。市丸や赤坂小梅、神楽坂はん子など紅白級であった。彼らの独特な情緒と手の届かないであろう異次元の存在感は、SF的と言ってもいい「特別な和風」であった。 今年29年目の野中彩央里は、そんな情緒に「中学生...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ