音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    【ライヴ・レポート】フランシス・ダナリー 2016年11月1日/東京・渋谷O-WEST

    配信日: | 配信テーマ:洋楽

    2016年11月、フランシス・ダナリーが来日公演を行った。

    27年ぶりの来日、しかもセルフ・カヴァー・アルバム『ヴァンパイアーズ』に伴い古巣イット・バイツの楽曲をプレイする企画ライヴ“FRANCIS DUNNERY plays IT BITES”ということで、オールド・ファンが集結し、観客動員は上々。“プログレッシヴ・ロック冬の時代”といわれた1980年代に『ザ・ビッグ・ラド・イン・ザ・ウィンドミル』(1986)、『ワンス・アラウンド・ザ・ワールド』(1988)、『イート・ミー・イン・セントルイス』(1989)という3枚のアルバムでセンセーションを巻き起こしたフランシスの日本再上陸に、ちょっと高めの年齢層のファンたちは少年少女のような目をして、興奮に顔を紅潮させてステージに見入った。

    「おっぱいが出来て、髪の毛がなくなった。でもギターは今までで一番上手だよ」

    フランシスの曲間のステージMCが、すべてを物語っていた。1980年代後半にブロンド長髪と物憂げな表情で少女たちの胸を焦がした青年はステージ上にはおらず、そこにいるのは鳥打ち帽を被り、ニコニコ満面の笑みを浮かべた丸顔の気の良さそうな イギリスのおじさんだ。だが彼がギターを手に取り歌い始めると、30年近く前の楽曲が一瞬にしてフレッシュなものへと蘇る。

    1曲目にプレイされたのは「アイ・ゴット・ユー」だったが、I Got You Eating Out Of My Hand(君たちは僕の手のひらの上)というタイトルはまさにピッタリだった。

    この日の演奏曲目はいずれも『ヴァンパイアーズ』で再演されている曲で、サプライズはなかったが、「コーリング・オール・ザ・ヒーローズ」を中盤、「スティル・トゥー・ヤング・トゥ・リメンバー」を終盤に持ってくるなど、この日会場を訪れた誰もが聴きたいであろう名曲をバランス良く取り入れたバランスの良いライヴは観衆をフランシスと同じぐらいニコニコ笑顔にさせてしまった。

    日本のファンのバカ騒ぎと無縁な、やや控えめな反応に久しぶりに触れたフランシスだが、笑顔を絶やすことはなく軽妙な、時にイギリスギャグを交えたトークで会場を和ませる。それゆえに場内は徐々に暖まっていき、「スティル・トゥー・ヤング・トゥ・リメンバー」の「ナナ、ナナナナナー」というコーラスで一体となった。

    ジェネシスを思わせるプログレッシヴ・サウンドでデビューしながら、メインストリーム・ロックのソングライティングで人気を獲得したイット・バイツ。彼らを“プログレッシヴ・ロック”として認知していないファンもいるだろう。実際この日のライヴも、しち難しいことは抜きにしたエンタテイニングものだった。ただフランシスのギターはハード・ロックばりのビッグなリフ以外にも時に手数の多いフレーズを披露、かつて「アラン・ホールズワースから影響された」と語っていたのも納得のテクニシャンぶりを見せつけてくれた。

    アンコールは2枚目のアルバムのタイトル・トラックである「ワンス・アラウンド・ザ・ワールド」。約1時間半のスッキリしたショータイムで、きっちりと大団円を迎えた。
    事前に“セット・リストの異なる2日間のステージ”と告知されており、筆者(山崎)は初日のみ観覧したため、2日目にお気に入りの「ポジティヴリー・アニマル」や「シスター・サラ」などが演奏されたらどうしよう...と苦悩していたが、どうやら2日目も初日と思いのほか似通ったセット・リストで、「ヴァンパイアーズ」と「ジ・アイス・メルツ・イントゥ・ウォーター」の2曲が追加されたそうだ。

    なお3日目の11月3日には南青山MANDALAでアコースティック・ナイトも行われた。
    今回の日本公演はレコーディングされ、2017年の春にライヴ・アルバムとして発表される。当日の興奮を再体験したいファン、そして残念ながら会場に行くことが出来なかったファンにとっては嬉しいプレゼントだ。

    27年ぶりの日本のステージはイット・バイツの曲をプレイするものだったが、1990年の脱退後もソロ・キャリアを築いてきた(さらにロバート・プラントやイアン・ブラウンのバックも務めてきた)フランシスゆえ、ソロ・ナンバーをプレイする公演もいずれ日本で行われるだろう。

    止まっていた時計の針が、いま動き出した。

    2016年11月10日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    リズム重視してアレンジ チーフタンズのリーダー パディ・モローニ

    アイルランドを代表する伝統音楽のグループ、チーフタンズが来日公演を行う。現地の文化に根ざしながら、親しみやすいサウンドを展開。度々グラミー賞に輝き、ローリング・ストーンズやジョニ・ミッチェルら、有名どころとの共演も多い。長きにわたる活動について、リーダーのパディ・モロー...

    ライブ盤に込めた思い ジャクソン・ブラウン 人間の良心 信じている 

     米国のベテランシンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンが公演のため来日した。社会や個人のあり方を世に問う誠実な姿勢が、世界中で支持されている。混迷する世界情勢の中、ジャクソンは我々に何を伝えていきたいのか。最新のライブ盤「ザ・ロード・イースト」(ソニー)に込めた...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

    世界的ベーシスト、ネイザン・イーストの公開リハーサルで見た、演奏が練り直され新たな響きが生まれる瞬間

    (取材・文/飯島健一) 卓越したプレイで数多のミュージシャンに信頼され、音楽ファンも魅了するベーシストのネイザン・イースト。今年1月に2ndソロアルバム『Reverence(レヴェランス)』を発表して、2月に来日。ビルボードライブ東京での公演前夜に開催された今回のスペシ...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ