音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    プラチナ・シリーズ 浜田理恵~言葉は歌い、音楽は語る~

    配信日: | 配信テーマ:クラシック

     Music Program TOKYOプラチナ・シリーズの第2回「浜田理恵~言葉は歌い、音楽は語る~」が、東京文化会館小ホールで開催される(9月22日《木・祝》16:00開演)。

     これは児童文学の新しい地平を拓く作品と称される、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」をもとに、作曲家でありピアニストでもある三ツ石潤司が音楽遊戯として作曲したもので、新作初演となる。

     題して「アリスの国の不思議」。このまったく新しい形態を備えた舞台誕生には、三ツ石潤司と浜田理恵の偶然の再会があった。

     三ツ石潤司とソプラノの浜田理恵は、ともにヨーロッパに活動の拠点を置く音楽家。彼らは東京藝術大学の先輩後輩で、フランスのサント・エティエンヌの劇場で仕事をした際にばったり出会い、「何か好きなことをしたい。新しいことを創造したい」という意見で一致。今回の音楽遊戯の誕生につながった。

    「《不思議の国のアリス》はふたりとも大好きな作品で、いろんな話をするなかで、この作品を生かしながら自分たちなりのことば遊びや曲のパロディ、創造の世界が生み出せないだろうかという話になったのです。三ツ石さんはオペラのコレペティトーアや実力派の声楽家のリサイタルのピアノ伴奏など幅広く手がけていますが、作曲家として自分の本当に好きな作品を書きたいという気持ちがあり、私も既製のオペラや歌曲を歌うだけではなく、新しいものを創造することに関わりたかった。そのふたりの強い思いが今回の作品を誕生させたのです」

     こう語る浜田理恵は、第1部でサティやプーランクの小品を歌う。

     「これは“前菜”ですね。ことば遊びをおもしろく伝えるための小さなお料理で、第2部でバリトンの晴雅彦さん、そしてクラリネットやチェロ、ピアノとともに初演の音楽遊戯をメイン料理として奏でていきます」

     アリスの物語に登場するさまざまな動物も現れるが、それは歌手がユニークな舞台衣裳で表現していく。舞台美術などは設置されず、音楽とこの衣裳で内容が理解できるよう、工夫が施されている。ひとりがいろんな役を歌い込んでいくという構成だ。

     「私は三ツ石さんに曲作りをお願いするときに、聴いてくれるお客さまがそのメロディを口ずさめるような、親しみやすい音楽にしてほしいと希望を伝えました。新作というと難解だとか、面白くないとか思われてしまうとよくないため、できる限り耳に残る音楽にしてほしいと思ったのです。もちろんそれを演奏する全員が、命懸けで取り組んでいます。今回は、まったく未知なる世界への船出ですから、結果はどうなるかだれにもわからない。それだけに、ナマのステージのおもしろさ、緊張感、新鮮さ。それらをホールのなかでともに体感し、楽しんでほしいのです」

     これはナレーションを変えるだけで、世界各地で演奏できる内容。今後は学校などでも演奏できるかもしれない。そんな可能性と将来性を秘めた作品である。

     音楽を全身で受け止め、より深く楽しむためには、「不思議の国のアリス」の話を事前にさっと予習しておく方がいいかもしれない。

     約50分の音楽遊戯。出演者・関係者全員がそれぞれ自分の役割に「命を懸けている」という力の入った舞台。聴き手はその上質で完成度の高い熱演を味わうことで、しばし別世界へと運ばれるに違いない。アリスが異次元の世界へと迷い込んだように、私たちもきっと不思議な世界へといざなわれ、そこで夢を見るのではないだろうか。

    2016年8月11日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:伊熊よし子

    音楽ライター記事一覧を見る

    クラシック のテーマを含む関連記事

    <音楽>プレスラーのピアノ・リサイタル 人生の極み=評・梅津時比古

     コンサートが終わって帰途に向かう人があふれるサントリーホールのロビーに、幸福感を浮かべた笑顔と、感涙の跡を残す目が入り交じり、称賛の言葉の数々が葉のそよぎのように広がっていた。あまり見られない光景だ。16日に行われた93歳のピアニスト、メナへム・プレスラーのリサイタル...

    <新・コンサートを読む>バイエルン歌劇場の《タンホイザー》=梅津時比古

     ◇絶対ではない倫理と身体 不倫報道が相次いでいる。一時代前ならば政治家や芸能人に対して、不倫を人格的に非難する風潮はそれほどなかったろう。現代は、政治権力とネット社会の双方から監視カメラが張り巡らされ、一挙手一投足が追尾される。私見だが、時代がきな臭くなると、為政者が...

    世界中でもっともライヴを聴きたいと切望されているピアニスト、グリゴリー・ソコロフのCD&DVDが登場

     長年、「幻のピアニスト」と呼ばれ、現在はヨーロッパで活発な演奏活動を行い、そのつど大きな話題を呼んでいるロシアのグリゴリー・ソコロフは、いま世界中でもっともライヴを聴きたいと切望されているピアニストではないだろうか。 もちろん、1990年以降は来日公演がないため、日本...

    シューマン、ベートーヴェン、シューベルトからの“特別”な3作品。 その豊かな響きから、作曲当時の彼らの心模様が鮮やかによみがえる

    (取材・文/原納暢子)●天才たちのロマンチシズムに酔いしれる 若草色のロングドレスで伊藤恵が登場するや、開演前の緊張した空気が和らいで、ステージが春めいて見えた。誘われるように深呼吸して、演奏を待つ束の間もうれしい気分になる。 興味深いプログラム、何か意図があるのだろ...

    その夜、シューベルトの「無言の歌曲」はみごとに音となり、「純音楽的おしゃべり」が繰り広げられた

    (取材・文/澤谷夏樹) ピアノ演奏にも流派があって、ヨーロッパ各国やアメリカの流れをくむ系統が、世界のさまざまな地域で綿々と受け継がれている。その中でも有力なのがロシアン・スクール。現在のロシア連邦で守られてきた演奏スタイルを継承する。出身演奏家それぞれの特徴は一様では...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ