音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    “ロック・フェス天国”は地獄? / 2015年『オズフェス』『Hostess Club Weekender』『Obscene Extremeアジア』、ほぼ同時期開催

    配信日: | 配信テーマ:洋楽

    日本はすっかり“ロック・フェス天国”となった感がある。『フジ・ロック・フェスティバル』や『サマーソニック』、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』、『RISING SUN ROCK FESTIVAL』などは夏の恒例イベントとして定着しているし、春の『パンクスプリング』や『スプリングルーヴ』、秋の『ラウド・パーク』なども毎年、多数の観衆を集めている。

    ジャズやEDMなどを加えると毎週末、日本のどこかでフェスが行われている昨今、 チケット代やフェスめし代など、懐具合が気になってしまうが、もうひとつ気になるのは、同日に複数の同傾向フェスがバッティングしてしまうという現象である。

    フェスのバッティングは決して最近のことではなく、30年前から音楽ファンの頭を悩ませてきた。

    1985年8月10日(土)午後から11日(日)にかけて、東京湾お台場運動広場では『スーパー・ロック’85』が行われた。このフェスにはアースシェイカー、スティング、フォリナー、ディオ、ラフ・カット、ママズ・ボーイズ(出演順)という顔ぶれが出演したが、10日と11日のそれぞれ午後〜夜には横浜スタジアムで『ロック・イン・ジャパン’85』が開催。アソシエイツ、ゴー・ウェスト、スタイル・カウンシル、カルチャー・クラブ(出演順/2日とも同じラインアップ)がプレイした。物理的には『スーパー・ロック』オールナイト明けで『ロック・イン・ジャパン』2日目に向かうということも可能だったが、正直体力的には苛酷であり、涙を呑んだファンもいたことだろう。

    ちなみに『ロック・イン・ジャパン』のスポンサーはメガネスーパーだった。同社は1990年にプロレス団体『SWS(スーパー・ワールド・スポーツ)』を旗揚げするなど、個性的な企業イメージ戦略をとっていた。

    そんなフェスの悲劇が2015年、再び現実になろうとしている。今回の“犠牲者”はハード・ロック/ヘヴィ・メタル・ファンだ。

    11月21日(土)・22日(日)には幕張メッセで『オズフェス・ジャパン2015』が開催される。初日はKoЯnやエヴァネッセンス、ONE OK ROCK他、2日目はオジー・オズボーン&フレンズ、ジェインズ・アディクションらが出演するこのフェスは、本来であれば“メタル・ファン必見!”といえるものだ。

    だが22日(日)・23日(月・祝)には新木場スタジオコーストで『ホステス・クラブ・ウィークエンダー』が開催。22日(日)のヘッドライナーとして、なんとメルヴィンズが出演することが発表されたのだ。

    メルヴィンズはヘヴィなサウンドと悪意とユーモアで知られる、熱烈な信者の多い孤高のバンドだ。ニルヴァーナのカート・コベインが敬愛していたことでも有名だし、2011年3月11日、サウンドチェック中に東日本大震災に見舞われ、東京公演を行わずして帰国して以来の来日という因縁もある。

    それだけではない。11月20日(金)〜23日(月・祝)には浅草KURAWOODと吉祥寺SEATAでエクストリーム・ミュージックの祭典『OBSCENE EXTREME ASIA 2015』が行われる。こちらは21日・22日にヘッドライナーとしてアンダーグラウンド・デス・メタルの伝説マスターが初来日。さらにSxOxB、メルツバウ、メルト・バナナ、FUCK ON THE BEACH、アナトミア、C.S.S.O.など、世界が羨む極濃なラインアップが集結するのだ。

    日本、特に東京圏ではライヴのバッティングは決して珍しくないが、オジー・オズボーンとメルヴィンズとマスターがほぼ同時刻に別フェスのステージに立つというのは“究極の選択”であり、もはや異常事態とすらいえる。それぞれ異なった音楽スタイルではあるものの、ヘヴィなロックをプレイするという点では共通しており、転がり回って苦悶している音楽ファンもいるに違いない。筆者(山崎)もその一人だ。

    贅沢な悩みなのは判っている。だが、絶対に見逃せない3つのライヴが同日・同時刻に行われるという“ロック・フェス天国”は、もしかしたら我々の身を3つに引き裂く地獄なのではないだろうか…。



    <公演情報>
    ●Ozzfest Japan 2015
    [日時] 2015年11月21日(土)/22日(日)
    [会場] 千葉・幕張メッセ
    [出演バンド] 
    21日: KoЯn、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン他
    22日: オジー・オズボーン&フレンズ、ジェインズ・アディクション他
    http://ozzfestjapan.com/

    ●Hostess Club Weekender
    [日時] 2015年11月22日(日)/23日(月・祝)
    [会場] 東京・新木場スタジオコースト
    [出演バンド] 
    22日: メルヴィンズ、ドーター他
    23日: ブロック・パーティー、ミステリー・ジェッツ他
    http://ynos.tv/hostessclub/schedule/201511weekender/


    ●Obscene Extreme Asia 2015
    [日時] 2015年11月20日(金)〜23日(月・祝)
    [会場] 東京・浅草KURAWOOD/吉祥寺CLUB SEATA
    [出演バンド] マスター、MERZBOW、S.O.B.、FUCK ON THE BEACH、MELT BANANA他
    http://www.obsceneextreme.asia/

    2015年10月29日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    リズム重視してアレンジ チーフタンズのリーダー パディ・モローニ

    アイルランドを代表する伝統音楽のグループ、チーフタンズが来日公演を行う。現地の文化に根ざしながら、親しみやすいサウンドを展開。度々グラミー賞に輝き、ローリング・ストーンズやジョニ・ミッチェルら、有名どころとの共演も多い。長きにわたる活動について、リーダーのパディ・モロー...

    ライブ盤に込めた思い ジャクソン・ブラウン 人間の良心 信じている 

     米国のベテランシンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンが公演のため来日した。社会や個人のあり方を世に問う誠実な姿勢が、世界中で支持されている。混迷する世界情勢の中、ジャクソンは我々に何を伝えていきたいのか。最新のライブ盤「ザ・ロード・イースト」(ソニー)に込めた...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

    世界的ベーシスト、ネイザン・イーストの公開リハーサルで見た、演奏が練り直され新たな響きが生まれる瞬間

    (取材・文/飯島健一) 卓越したプレイで数多のミュージシャンに信頼され、音楽ファンも魅了するベーシストのネイザン・イースト。今年1月に2ndソロアルバム『Reverence(レヴェランス)』を発表して、2月に来日。ビルボードライブ東京での公演前夜に開催された今回のスペシ...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ