音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    アラン・トゥーサン・インタビュー/ニューオリンズ音楽史の生き証人が語る

    配信日: | 配信テーマ:洋楽

     2013年9月から10月にかけて、ニューオリンズ音楽の2大巨頭が相次いで来日公演を行った。ドクター・ジョンへのインタビューは本サイトでも掲載したが、10月下旬にビルボードライブ東京・大阪に出演したのが、アラン・トゥーサンだ。

     グレン・キャンベルが「サザン・ナイツ」、リー・ドーシーが「ワーキング・イン・ザ・コールマイン」をヒットさせるなど、さまざまなアーティストへの楽曲提供でも知られるアランだが、自らのヴォーカルとピアノによるヴァージョンもそれに劣らぬ、いや、それ以上に魅力的なものだ。現在75歳というが、その歌声はベテランゆえの豊潤さ、そしてまったく年齢を感じさせないツヤとハリを兼ね備えていた。

     それだけのコンディションを維持する秘訣をアランに訊くと、スーツに身を包み、背筋をピンと伸ばした彼は、「何もしていないよ」と笑う。「ただ、自分の身体に悪いものには近寄らないように心がけているけどね」

     プロ・デビューしたのが17歳というから、芸歴58年。ニューオリンズ音楽史の生き証人に語ってもらった。

    ●ニューオリンズ・ピアノを代表する双璧でありながら、あなたとドクター・ジョンのスタイルはかなり異なっていますね。

     ドクター・ジョンと私で大きく異なるのは、彼が純粋なアーティストで、私はプロデューサーでもあったことだ。マック(ドクター・ジョンの本名マック・レベナック)はドクター・ジョンとしての音楽スタイルを確立させて、独自の道をまっすぐ進んでいった。一方、私はさまざまなアーティストをプロデュースして、それぞれの音楽スタイルに順応する必要があった。ジェシー・ヒルの「ウー・プー・パー・ドゥー」とパティ・ラベルではまったく異なるだろ?

    ●2人のスタイルに共通点があるとしたら?

     プロフェッサー・ロングヘアーからの影響だろうね。プロフェッサー・ロングヘアーは、例えるならば”ニューオリンズ・ピアノの太陽”なんだ。彼という太陽の周囲を回っている惑星が、私やドクター・ジョンだよ。私とマックのスタイルは、地球と火星ぐらい異なっているけど。同じぐらいプロフェッサー・ロングヘアーから影響を受けている。それに 、マックと私は同じ人々の演奏を聴いて育ったんだ。デイヴ・バーソロミューやファッツ・ドミノ、ロイ・ブラウン、スマイリー・ルイス、カズン・ジョー、ルーズヴェルト・サイクス...だから二人とも、ピアノ・スタイルの原点は同じところにある。

    ●ドクター・ジョンとは長い付き合いですよね?

     十代の頃、彼と私はスタジオ・ミュージシャンで、いろんなセッションで一緒にやったよ。彼は素晴らしいミュージシャンだ。優れたピアニストであるのと同時に、ギタリストとしても賞賛に値する。そして彼は親しい友人だ。

    ●ニューオリンズというと、歓楽街のバーボン・ストリートが有名ですが、ドクター・ジョンは「1960年代以前はバーボン・ストリートよりもカナル・ストリートの方が賑わっていた」と話していました。あなたの視点からすると、当時のニューオリンズはどんなものでしたか?

     ニューオリンズでは、町のあちこちで音楽が流れて、人々が歌って踊っている。どこが一番というのではなく、町中が盛り場だったんだ。カナル・ストリートには、大きな店が並んでいた。まだ大手チェーンも、ショッピングモールもない時代だ。人種統合以前で、白人のための街だった。一方、バーボン・ストリートはずっと昔から、酒場やギャンブリング・バーがあった。 少なくとも1920年代から栄えていたよ。どちらの通りも、異なった賑わい方をしていた。

    ●あなた自身はデビュー当時、どんな所で演奏していたのですか?

     私が演奏を始めたのは、ニューオリンズのガート・タウンだった。ゲットーみたいな所だったけど楽しかったし、音楽が溢れていたよ。17歳のとき、アール・キングのバンドに招かれたんだ。彼と初めて待ち合わせしたのが、ラサール・ストリートにあるクラブ『デュー・ドロップ』だった。未成年禁止のクラブだったから、足を踏み入れたのはその時が初めてだったよ。ヒューイ・スミスが病気だというんで、代役ピアニストとして参加したんだ。それから『デュー・ドロップ』で演奏するようになって、ハウス・バンドの一員になったこともある。それは私にとって、とても重要な出来事だった。その後、バーボン・ストリートでも演奏するようになったし、他の都市にも行くようになった。そして世界を旅するようになって、55年経って東京で君と話しているわけだ。

    ●1961年、ニューオリンズ地方検事に就任したジム・ギャリソンの風紀取り締まりによって、数多くの酒場やクラブが閉鎖に追い込まれ、音楽シーンが大打撃を受けたと聞きますが、あなたの活動にも影響はありましたか?

     実際のところ、私はアメリカのあちこちをツアーして忙しくて、ギャリソンがやっていることはあまり把握していなかった。でもニューオリンズに戻ってくると、ライヴをやる場所には事欠かなかったよ。そういう意味で、彼の浄化政策は成功しなかったといえる。ニューオリンズの音楽シーンは、彼に潰されるほどヤワではなかったということだ。

    ●ギャリソンも、2005年のハリケーン・カトリーナも、ニューオリンズの音楽を殺すことは出来ませんでした。そんな強さの秘密は何でしょうか?

     人々の気質、だろうね。ニューオリンズの人々は、今のままのニューオリンズが好きなんだ。急激な変化は求めていないし、街並みも同じままだ。夜になると酒場にバンドが出て、みんなで楽しんできた。毎年マルディグラの季節になると誰もが騒ぎ出す。100年以上前から、ずっとそうだよ。大都市と較べるとスローペースだけど、ニューオリンズでの人生は歓びだ。そのエネルギー源は、音楽なんだ。 そんなに急がずとも、音楽があれば、今を楽しめるんだ。

    ●あなたが注目しているニューオリンズの若手ミュージシャンを教えて下さい。

     トロンボーン・ショーティーは伝統的な音楽に若いマインドを吹き込んでいる。ジョン・ブッテも素晴らしいシンガーだ。彼はニューオリンズの過去を未来へと受け継いでいく担い手だよ。ハリケーンの影響なんて、一時的なものだよ。ニューオリンズの音楽は生き続ける。これまでもそうだったし、これからもそうだろうね。


    <協力:ビルボードライブ東京>

    2013年11月 7日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    リズム重視してアレンジ チーフタンズのリーダー パディ・モローニ

    アイルランドを代表する伝統音楽のグループ、チーフタンズが来日公演を行う。現地の文化に根ざしながら、親しみやすいサウンドを展開。度々グラミー賞に輝き、ローリング・ストーンズやジョニ・ミッチェルら、有名どころとの共演も多い。長きにわたる活動について、リーダーのパディ・モロー...

    ライブ盤に込めた思い ジャクソン・ブラウン 人間の良心 信じている 

     米国のベテランシンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンが公演のため来日した。社会や個人のあり方を世に問う誠実な姿勢が、世界中で支持されている。混迷する世界情勢の中、ジャクソンは我々に何を伝えていきたいのか。最新のライブ盤「ザ・ロード・イースト」(ソニー)に込めた...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

    世界的ベーシスト、ネイザン・イーストの公開リハーサルで見た、演奏が練り直され新たな響きが生まれる瞬間

    (取材・文/飯島健一) 卓越したプレイで数多のミュージシャンに信頼され、音楽ファンも魅了するベーシストのネイザン・イースト。今年1月に2ndソロアルバム『Reverence(レヴェランス)』を発表して、2月に来日。ビルボードライブ東京での公演前夜に開催された今回のスペシ...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ