音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    2013年5月、ジョルジオ・モロダーが初来日。世界を踊らせてきたスーパー・プロデューサーの新たな挑戦

    配信日: | 配信テーマ:洋楽

     2013年5月、ジョルジオ・モロダーが初来日公演を行う。

     このニュースは、日本中の音楽ファンを驚かせた。1960年代から最前線で活躍してきたトップ・プロデューサーでありコンポーザーであるモロダーだが、ステージ・パフォーマーとしてはまったくの未知数だからだ。

     ちょっと年季の入ったポップ・ミュージックのファンだったら、モロダーの名前が記載されたCD・レコードが必ず何枚か、自宅にあるはずだ。ブロンディ「コール・ミー」、アイリーン・キャラ「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」、リマール「ネバー・エンディング・ストーリー」、ドナ・サマー「アイ・フィール・ラヴ」、デヴィッド・ボウイ「キャット・ピープル」……どれも持ってないよ? という人であっても、映画『トップガン』、『オーバー・ザ・トップ』、『メトロポリス』、『ミッドナイト・エクスプレス』のDVDを持っていたりするだろう。また、モロダーが所有していたドイツ・ミュンヘンのミュージックランド・スタジオではローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、クイーン、Tレックスなど、錚々たる顔ぶれがレコーディングを行ってきた。

     一匹狼が多いプロデューサー業において、モロダーは多くの若手を育てたことでも知られている。ラインホールト・マックやキース・フォーシー、ハロルド・ファルターメイヤーなど、数々の名プロデューサーが彼の元から巣立っていった。

     モロダーの音楽スタイルといえば、シンセサイザーを取り入れたポップなエレクトロ・ダンス・ミュージックが有名だ。1970年代前半には実験色が濃かった電子音楽のハードルをぐっと下げて、ポップ・ミュージックの主流にしたのは、彼の功績が大きいだろう。特にドナ・サマーの「アイ・フィール・ラヴ」はインパクトが大きく、ブライアン・イーノは興奮してデヴィッド・ボウイに「未来の音楽を聴いた!」と叫び、この曲を聴きたくてフレディ・マーキュリーをニューヨークのゲイ・ディスコに入り浸らせることになった。もしモロダーがいなかったら、YMOやヒューマン・リーグ、デュラン・デュランなどの音楽性は、大きく異なったものとなっていただろう。その影響力は今日でも大きく、2012年にはダフト・パンクが『ランダム・アクセス・メモリーズ』で彼とコラボレーションを行っている。

     それにしても興味深いのは、スタジオ・ワークの魔術師としてポップ史上に名を残すモロダーが、パフォーマーとして日本のステージに上がることだ。彼が手がけてきたグレイテスト・ヒッツ連発のDJセットとなるのか、それともシンセサイザーの腕前を披露するのか。今回の来日では、DJクリス・コックスが彼をバックアップすることが発表されている。コックスは1980年代からプロデューサー兼リミックサーとして活動してきたベテランで、マイケル・ジャクソンやマドンナ、プリンス、カイリー・ミノーグ、ブリトニー・スピアーズなどのリミックスを手がけてきた。

     現時点では彼らがどんな曲を披露することになるのか、サポート・ミュージシャンの参加があるのか、不明な要素が多い。世界で誰よりも多くの人々を踊らせてきたモロダーの音楽が、着席して飲食しながら聴くライヴ・レストランでどう機能するのかも興味深い。

     昨年ルイ・ヴィトンのファッション・ショーのために音楽を提供、「フロム・ヒア・トゥ・エタニティ」「アイ・フィール・ラヴ」「ザ・チェイス」などをノンストップでプレイ。来日公演の直前、5月20日にはニューヨークでDJセットを行うことも決まっており、日本でのショーの成功いかんによっては、今後の彼のキャリアの方向性は大きく変わることになりそうだ。

     73歳にして前進を続けるジョルジオ・モロダーの日本初見参は、ポップ・ミュージックの歴史における重要なイベントと言って過言でない。



    ◎来日公演
    ジョルジオ・モロダー featuring DJ クリス・コックス
    5月27日(月)~28日(火)
    ビルボードライブ東京
    サービスエリア 8,900円 / カジュアルエリア 6,900円(1ドリンク付)
    INFO: http://www.billboard-live.com

    2013年5月23日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    リズム重視してアレンジ チーフタンズのリーダー パディ・モローニ

    アイルランドを代表する伝統音楽のグループ、チーフタンズが来日公演を行う。現地の文化に根ざしながら、親しみやすいサウンドを展開。度々グラミー賞に輝き、ローリング・ストーンズやジョニ・ミッチェルら、有名どころとの共演も多い。長きにわたる活動について、リーダーのパディ・モロー...

    ライブ盤に込めた思い ジャクソン・ブラウン 人間の良心 信じている 

     米国のベテランシンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンが公演のため来日した。社会や個人のあり方を世に問う誠実な姿勢が、世界中で支持されている。混迷する世界情勢の中、ジャクソンは我々に何を伝えていきたいのか。最新のライブ盤「ザ・ロード・イースト」(ソニー)に込めた...

    「ロック50年」のサービス精神 常識破りの記念ボックス ジーン・シモンズ

     米国の人気バンド、キッスの中心人物、ジーン・シモンズが公演などのため、来日した。キッスは派手なメイクと、エンターテインメント性に満ちた作品やライブで、1970年代から長年にわたる支持を集めている。シモンズは、自身の「ロック生活50年」を記念し、豪華なボックスセットを販...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ