音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

音楽ライター記事

つぶやく・ブックマークする

    2013年5月、『オズフェス・ジャパン』が日本初上陸

    配信日: | 配信テーマ:洋楽 

     2013年5月11日(土)・12日(日)、幕張メッセで『Ozzfest Japan 2013』が開催されることが発表された。1996年にアメリカの2都市で第1回が開催されてから17年、メタル系フェスティバルの一大ブランドとして知られてきた『Ozzfest=オズフェス』が遂に日本初上陸!というニュースは、日本全土を揺るがしているといって過言ではない。両日のヘッドライナーはスリップノット、そしてブラック・サバス。オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラーというオリジナル・メンバー3人が揃ったラインアップが日本でプレイするのは、これが初めてとなる。

     大物バンドから、その時代ごとの”旬”のアーティスト、期待の新人までがステージを彩ってきた『オズフェス』だが、実は日本開催の構想は、かなり初期段階からあった。1997年秋の時点で、オジーの奥方兼マネージャーで、フェスの総責任者であるシャロン・オズボーンは、日本開催の可能性について語っている。彼女は「ぜひ日本でも『オズフェス』をやりたい」という意向を見せながらも、「ただし日本には、一日をロック・フェスティバルで過ごすという文化がない。その問題を解決しなければならない」と冷静に分析していた。彼女がそう発言したのは、まだ第1回『フジ・ロック・フェスティバル』が行われた直後で、まだ『サマーソニック』が存在すらしなかった時期。それから日本にもフェス・カルチャーが定着し、『オズフェス』と同様にメタル系アーティストが出演する『ラウド・パーク』も7年連続で行われ、成功を収めてきた。そんな状況下、シャロンも機が熟したと判断したのだろう。

     2012年11月1日現在、発表されている出演アーティストはメインの2組のみだが、第1回に相応しく、まさに最強のラインアップをぶつけてきた。スリップノットは2008年の『ラウド・パーク』以来となる来日で、ベーシストのポール・グレイの死を乗り越えての復活ライヴとなる。

     そして、ブラック・サバスである。1980年に初来日した彼らだが、この頃オジーは既に脱退済み。ヴォーカルはロニー・ジェイムズ・ディオがとっていた。その後、シンガーにトニー・マーティンを迎えて日本を訪れている彼らだが、サバス名義で来日するのは何と、1995年11月の『フォービドゥン』ツアー以来となる。2007年には”ヘヴン・アンド・ヘル”名義で来日公演を行うなどしてきたが、オジーが歌うブラック・サバスはこれが正真正銘、初めてとなる。1970年のデビューから43年という長い時間を要したが、日本中のメタル・ファンが夢にまで見た瞬間が遂に訪れることになったのだ。

     ここまでの道のりは決して順風満帆なものではなかった。1997年に奇跡の再合体を果たしたオリジナル・サバスだが、ドラマーのビル・ワードが心臓疾患で離脱。新作スタジオ・アルバムに着手するも頓挫し、2009年にはバンドの名義をめぐってオジーとトニーが裁判沙汰になるなどしている。結局和解に達した彼らは2012年、ツアーとアルバム制作に入るが、今度はトニーがリンパ腫と診断される。また、ビルは「契約条項に納得いかない箇所がある」として、バンドに復帰せず。2013年の来日公演、そして大洋州ツアーのラインアップに、ビルの名前はない(ただし最終的な決断は下されていない)。オリジナル・メンバー4人全員が揃う可能性は低そうだが、オジー、トニー、ギーザーの3人によるステージを日本で見る日が、遂に来るのだ。

     この記事を書いている時点で、まだ2バンド以外の出演アーティストは明らかになっていないが、”ロック、メタル、パンクを軸とした”、”国内•海外バンド”が登場すると発表されている。『オズフェス』の看板を引っ提げて日本に上陸するだけあり、凄いラインアップが期待できるし、2010年に行われた『オズフェス・イスラエル』で地元出身のアルマナ・シュコーラをセカンド・ステージのトリとしたように、思い切った邦楽バンドの起用もあるかも知れない。

     2013年5月、日本のメタルの歴史が変わる。『オズフェス』の動きに、これからも注目だ。


    ●開催概要
    Ozzfest Japan 2013
    http://www.ozzfestjapan.com/
    (オズフェス ジャパン ニーゼロイチサン)
    2013年5月11日 (土)・12日 (日)
    OPEN 10:00 / START 12:00 (予定・両日共通)
    幕張メッセ国際展示場 9~11 ホール

    2012年11月 8日音楽ジャーナリスト&ライターの眼(1版)掲載 執筆記者:山崎智之

    音楽ライター記事一覧を見る

    洋楽 のテーマを含む関連記事

    [評]ホステス・クラブ・ウィークエンダー トリの個性 際立つ2日間

     海外から気鋭のアーティストが集まるイベント。8回目の開催だが、毎回注目株が出演するため、足を運んでいる。今回も2日間で計10組が登場。両日のトリの個性が際立っていた。 初日のブロンド・レッドヘッドは、日本人のカズ・マキノとイタリア出身の兄弟の3人組で、1990年代から...

    ベンチャーズ、結成55周年ツアーで来日。世界のトップ・アーティストから日本のお茶の間までを魅了するテケテケ・サウンド

     2014年の夏も、ベンチャーズが日本にやって来る。 結成55周年を記念するジャパン・ツアーは、1962年の初来日から数えて68回目(らしい)。7月19日(土)に千葉県・松戸でスタートして、9月14日(日)の埼玉県・和光公演まで約2ヶ月、全37公演という大規模のツアーだ...

    [トピック]ロックフェス 顔触れ多彩 J—POPやアイドルも

     間もなく、夏の熱気とともにやってくる、ロックフェスティバルの本格シーズンだ。ロックにとらわれずに、ジャンルの幅が広がる傾向が年々強まっている。誰でも参加しやすいフェスの魅力を探ってみた。 ゴールデンボンバー、きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンキー加藤、スキマスイッチ、中川翔...

    【ライヴ・レポート】ジンジャー・ワイルドハート、2014年6月/名曲が多すぎる男の解決策

    「誠実であれ、疑問を抱け、クソを食らうな」 ジンジャー・ワイルドハートは、それを自ら実践してきた。彼が20年以上のあいだ、熱心なファンに支えられてきたのは、現代ロックンロールを代表するソングライターの一人であるのに加え、その言葉に嘘がないからだ。彼の曲「ハウ・アイ・サヴ...

    「劇的展開楽しんで弾く」 ピアニストのポール・ルイス 読響と共演

     ◆ベートーベン「第3番」読響と共演 英国を代表するピアニストの一人、ポール・ルイスが近年、日本でめざましい活躍を見せている。ソロ・リサイタルにオーケストラとの共演、さらに歌曲の伴奏——。レパートリーの広さでも注目を集める実力派に話を聞いた。(松本良一) 2011〜13...

     

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ