音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

川崎浩:記事一覧

プロフィールを見る

つぶやく・ブックマークする

    <Topics>寺井尚子 ピアソラにささげ新アルバム 「立ち向かいがいある」 (配信日:2017/5/29)

     ジャズバイオリンの第一人者・寺井尚子が新アルバム「ピアソラモール」(ユニバーサル)を発表し、ツアーを展開している。タイトルは、タンゴの“革命家”で作曲家・バンドネオン奏者、アストル・ピアソラを指す。文字通り「ピアソラ音楽への愛に満ちたトリビュート盤になった」と寺井は言...

    <歌謡ルネサンス>歌唱に神経、共感に/歌詞を大切に集中=専門編集委員・川崎浩 (配信日:2017/5/29)

     ◇歌唱に神経、共感に ここ数年来、若手男性演歌歌手が目立ってきた。このフィールドは、2000年以降、同年デビューの氷川きよし1人が気をはき、もり立ててきた感が強い。山内惠介、竹島宏らが後を追ったが、なかなか“新勢力”を形作るまでには至らなかった。 そんな状態にくさびを...

    <Interview>林部智史 歌い続ける覚悟 今月末から全国ツアーへ (配信日:2017/5/29)

     今最も忙しい歌手は林部智史であろう。カラオケ番組で顔が知られ、「あいたい」(エイベックス)で2016年にメジャーデビュー。バージョン違いを発売しながら話題を積み上げ、年末にはレコード大賞新人賞を獲得。年が明けると、“クラシックの殿堂”ともいえる東京オペラシティで、3日...

    <Interview>井上陽介(ベーシスト) 正確にして性格良し 新作CD「グッド・タイム・アゲイン」発表 (配信日:2017/5/22)

     ベーシストの必須要件というと、ピッチ、タイム感、グルーブ感……。どれもが「正確な」という言葉で表される事柄が多い。つまり、求められるのは実直なキャラクター。控えめにフロントマンを立てろと、暗に、押し付けられている感もないではない。 だが、個々のベースマンたちはそうでも...

    <歌謡ルネサンス>まだまだ自分探し中/歌の映像を描写する=専門編集委員・川崎浩 (配信日:2017/5/15)

     ◇まだまだ自分探し中 いつまでも「おニャン子クラブの」とは言われたくないだろうが、城之内早苗が「おニャン子」でデビューしたのが1985年。しかし、演歌の道へのあこがれを消し去れず、翌年に演歌歌手デビューした。演歌生活30年を超えるベテランなのである。 「17日で49歳...

    <大衆音楽月評>ムッシュの「時代」にお別れ=専門編集委員・川崎浩 (配信日:2017/5/15)

     日本で「ミュージシャンズ・ミュージシャン」と言えば、最初に頭に浮かぶのが3月1日に78歳で亡くなったムッシュかまやつである。もちろん大スターなのだが、そんなそぶりは一度たりとも見たことがない。いつも若者を立て、後ろでたばこをくゆらせていた。 5月2日、東京都内のホテル...

    <POPSこぼれっ話>SEIKOとかおりの挑戦 (配信日:2017/5/15)

     松田聖子のアメリカンスタンダード集「SEIKO JAZZ」がジャズ・チャートを騒がせている。「スマイル」「追憶」「遥かなる影」など名曲を、いかなるジャンルも「ジャズ化」する名人、デビッド・マシューズの編曲で、聖子が料理する。どんなサウンドであろうが自分のキッチンに運び...

    <音楽玉手箱>ペギー葉山/上 疎開先 母思い描いた「ドーナツ」に涙=専門編集委員・川崎浩 (配信日:2017/5/1)

     1931年満州事変が起き、日本国内でも戦争の色がにじんできていた33年11月9日、小(こ)鷹狩(たかり)繁子は東京・四谷に生まれた。すでに姉が2人おり「今度こそ男児」と期待していた同居の祖父は落胆し、提出を頼まれた出生届を役所に出さず、結局、繁子は「公式」には12月9...

    <Interview>中村中 戦わず感じたままに 10年の締めくくりコンサート (配信日:2017/5/1)

     中島みゆきが主宰する音楽劇「夜会」は、毎回大人気でチケットが取れないことで有名である。同時に難解であることも知られている。中島が「分かりやすさ」など気にしているとも思えないが、演目によっては、脚本や演出に少々手を入れて再演されることがある。もちろん、評判が高かったとも...

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ