音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

伊熊よし子:記事一覧

プロフィールを見る

つぶやく・ブックマークする

    世界中でもっともライヴを聴きたいと切望されているピアニスト、グリゴリー・ソコロフのCD&DVDが登場 (配信日:2017/4/27)

     長年、「幻のピアニスト」と呼ばれ、現在はヨーロッパで活発な演奏活動を行い、そのつど大きな話題を呼んでいるロシアのグリゴリー・ソコロフは、いま世界中でもっともライヴを聴きたいと切望されているピアニストではないだろうか。 もちろん、1990年以降は来日公演がないため、日本...

    世界有数のオペラハウス、コンサートホールで聴く音楽は、聴き手を異次元の世界へと運んでくれる (配信日:2017/3/30)

     世界には高度な音響を誇り、威風堂々とした外観と凝った内装をもつオペラハウスやコンサートホールがいくつも存在する。 そのなかで、とりわけ伝統と格式を重んじているのがヨーロッパのオペラ界を代表し、イタリア・オペラの最高峰に君臨するミラノ・スカラ座である。 通常のオペラハウ...

    ラファウ・ブレハッチの新譜は、待望の《バッハ・リサイタル》 (配信日:2017/3/23)

     ポーランド出身のピアニスト、ラファウ・ブレハッチは、2005年のショパン国際ピアノ・コンクールの覇者である。同コンクールでは、マズルカ賞、ポロネーズ賞、ソナタ賞、コンチェルト賞などの副賞をすべてひとりで授賞するというコンクール史上初の快挙を成し遂げた逸材で、そのピアノ...

    木のぬくもりを感じるしいきアルゲリッチハウスのすばらしい音響 (配信日:2017/3/16)

     3月4日、別府のしいきアルゲリッチハウスに講演に行った。これは別府アルゲリッチ音楽祭実行委員会の主催によるもので、「クラック音楽との出会いによる未来創造事業」の一環として催され、私の講演のテーマは「ピアノと室内楽の楽しみ」である。 しいきアルゲリッチハウスは、毎年5月...

    新たなカデンツァで新境地を拓く、イザベル・ファウストのモーツァルト (配信日:2017/3/9)

     よくヴァイオリンとピアノのデュオは結婚に例えられ、世界中のヴァイオリニストが人間性と音楽性のピタリと合う相手(ピアニスト)を探しているものの、なかなか見つからないのが現状だ。 そのなかでドイツ出身のヴァイオリニスト、イザベル・ファウストは、ロシアの才能豊かなピアニスト...

    キング・オブ・テノール、プラシド・ドミンゴの輝かしいオペラ・アリア (配信日:2017/2/16)

    「キング・オブ・テノール」と称され、50年間に渡りオペラ界のトップ歌手として147ロール(役)をうたい、いまなお主役をうたい続けているプラシド・ドミンゴ。 彼が3月13日にソプラノのルネ・フレミングと来日し、たった一夜のデュオ・コンサート(東京国際フォーラムA 19:3...

    ヴィルフリート・ラムザイアー=ゴルバッハウィーン・フィルを語る ⑥ (配信日:2017/2/9)

     ウィーンの楽友協会裏手には、ヴィルフリート・ラムザイアー=ゴルバッハのヴァイオリン製作工房がある。ここはウィーン・フィルの弦楽器の修復を一手に引き受けているところで、常時4人が待機し、さまざまな修復を行い、コンサートに向けて美しい音を蘇らせる。この工房は楽友協会の建物...

    フォルクハルト・シュトイデ ウィーン・フィルを語る⑤ (配信日:2017/2/2)

    ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(以下ウィーン・フィル)は、コンサートマスターの席が空くと、公募が行われる。1994年からコンサートマスターを務めるフォルクハルト・シュトイデは、恩師から勧められ、ウィーン・フィル(ウィーン国立歌劇場管弦楽団)のオーディションを受けた。...

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ