音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

洋楽(ジャンル別一覧)

つぶやく・ブックマークする

    リズム重視してアレンジ チーフタンズのリーダー パディ・モローニ (配信日:2017/11/20)

    アイルランドを代表する伝統音楽のグループ、チーフタンズが来日公演を行う。現地の文化に根ざしながら、親しみやすいサウンドを展開。度々グラミー賞に輝き、ローリング・ストーンズやジョニ・ミッチェルら、有名どころとの共演も多い。長きにわたる活動について、リーダーのパディ・モロー...

    ライブ盤に込めた思い ジャクソン・ブラウン 人間の良心 信じている  (配信日:2017/11/20)

     米国のベテランシンガー・ソングライター、ジャクソン・ブラウンが公演のため来日した。社会や個人のあり方を世に問う誠実な姿勢が、世界中で支持されている。混迷する世界情勢の中、ジャクソンは我々に何を伝えていきたいのか。最新のライブ盤「ザ・ロード・イースト」(ソニー)に込めた...

    「ロック50年」のサービス精神 常識破りの記念ボックス ジーン・シモンズ (配信日:2017/11/6)

     米国の人気バンド、キッスの中心人物、ジーン・シモンズが公演などのため、来日した。キッスは派手なメイクと、エンターテインメント性に満ちた作品やライブで、1970年代から長年にわたる支持を集めている。シモンズは、自身の「ロック生活50年」を記念し、豪華なボックスセットを販...

    苦難克服 強固な絆に 新作、来日ツアー ミスター・ビッグ (配信日:2017/10/30)

    超絶技巧で知られる米国のバンド、ミスター・ビッグが新作「ディファイング・グラヴィティ」(WOWOWエンタテインメント)を発表し、9〜10月にかけて来日ツアーを行った。解散、再結成、そしてメンバーの病と数々の苦難を経て、4人の絆は今までにないほど強固になったように見えた。...

    【ライヴ・レビュー】イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマン/2017年4月17日 東京 Bunkamuraオーチャードホール (配信日:2017/4/27)

    2017年4月、イエスfeaturingジョン・アンダーソン、トレヴァー・ラビン、リック・ウェイクマンのジャパン・ツアーが行われた。日本公演が発表された時点では、来日公演はアンダーソン、ラビン&ウェイクマン(ARW)という名義で行われることになっていた。だが直前の4月9...

    2017年、日本に吹く熱風 / サンタナ『ロータスの伝説 完全版』とジャパン・ツアー (配信日:2017/3/30)

    これまで洋楽アーティスト達は数多くの伝説的ライヴ・アルバムを日本で録音してきた。ディープ・パープル『ライヴ・イン・ジャパン』やチープ・トリック『at武道館』、ボブ・ディラン『武道館』、エリック・クラプトン『ジャスト・ワン・ナイト』、スコーピオンズ『蠍団爆発!トーキョー・...

    世界的ベーシスト、ネイザン・イーストの公開リハーサルで見た、演奏が練り直され新たな響きが生まれる瞬間 (配信日:2017/3/21)

    (取材・文/飯島健一) 卓越したプレイで数多のミュージシャンに信頼され、音楽ファンも魅了するベーシストのネイザン・イースト。今年1月に2ndソロアルバム『Reverence(レヴェランス)』を発表して、2月に来日。ビルボードライブ東京での公演前夜に開催された今回のスペシ...

    エアボーンが「イッツ・オール・フォー・ロックンロール」でモーターヘッドをリスペクト (配信日:2017/3/9)

    オーストラリア出身のハード・ロック・バンド、エアボーンが2017年に公開したミュージック・ビデオ「イッツ・オール・フォー・ロックンロール」が話題を呼んでいる。彼らの最新アルバム『ブレイキン・アウタ・ヘル』(2016)からのこのナンバーは、2015年12月28日に亡くなっ...

    アンダーソン・ラビン・ウェイクマン来日/トレヴァー・ラビンが今は亡き盟友たちを語る (配信日:2017/3/2)

    2017年4月、アンダーソン・ラビン・ウェイクマン(ARW)がジャパン・ツアーを行う。元イエスのジョン・アンダーソン(ヴォーカル)、トレヴァー・ラビン(ギター)、リック・ウェイクマン(キーボード)による新プロジェクトの日本初上陸。“本家”イエスが2016年11月に来日公...

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ