音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

ジャズ(ジャンル別一覧)

つぶやく・ブックマークする

    チャーリー・パーカー編<4>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? (配信日:2017/3/23)

    チャーリー・パーカーが、どのような“周囲をドン引き”させる演奏をしていたのかは、残された音源を聴けば想像することは可能だ。しかし、残念ながら当時の人々がどんな思いを抱いたのかまでは想像できない。そこで、当時を回顧したマイルス・デイヴィスの証言を頼りに、それがどんなものだ...

    <POPSこぼれっ話>いい音楽はいい音で (配信日:2017/3/14)

     カセットテープ時代に登場した携帯プレーヤーとイヤホンで音楽を楽しむスタイルは、当時「それで音楽が聴けるのか」と批判された。今や、家にステレオがないのは当たり前。皆、パソコンやスマートフォンが「普通の音楽再生装置」であり、常識的なスタイルになった。 そんな中「それはそれ...

    衝突と融和 ピアノ2台で紡ぐ 矢野顕子×上原ひろみ (配信日:2017/3/14)

     ◆ライブ盤「ラーメンな女たち」  シンガー・ソングライターの矢野顕子と、ジャズピアニストの上原ひろみが、一夜限りのライブを収録した「ラーメンな女たち」(ユニバーサル)を出した。脱力系のタイトルとは裏腹に、2台のグランドピアノから繰り出されるプレーは、静と動、衝突と融和...

    チャーリー・パーカー編<3>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? (配信日:2017/3/9)

    前回、チャーリー・パーカーがデビュー前に「下手くそ」との烙印を押されたエピソードに関して、「“飛び入り”に寛容なアメリカのジャズ・シーンの慣習を無視して」や「若手がコード進行を見失うという初歩的なミスをしたぐらいで」という表現を用いて、彼の扱いに対する解釈に異論を唱えた...

    チャーリー・パーカー編<2>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? (配信日:2017/3/2)

    では、チャーリー・パーカーのデビュー前のエピソードを検証していこう。論点は3つある。今回はその1つめ。♪ 1937年当時のジャムセッションはどんなスタイルのジャズで行なわれていたのか?チャーリー・パーカーのデビュー前の評価を考え直すためには、まず当時の評価の基準となるジ...

    チャーリー・パーカー編<1>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? (配信日:2017/2/23)

    結論から言おう。チャーリー・パーカーが“ジャズの踏み絵”たりうるのは、彼がスウィングをはじめとしたそれまでのジャズを“踏んで”、自分の音楽を見つけようとしたからだ。だから、チャーリー・パーカーを能動的に聴こうとすることは、彼と同様にそれまでのジャズを“踏む”ことを意味す...

    前説編|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? (配信日:2017/2/16)

    各論に入る前に、ジャズを知る過程において用いられてきた“踏み絵”について、もう少し解説を加えておこう。まず、大きな背景として、20世紀初頭に大衆音楽として急激に発展したジャズが、享楽主義すなわち破戒行為を象徴するものとしても認識されていたことがある。実際に、20世紀半ば...

    導入編|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか? (配信日:2017/2/9)

    マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙-サイレンス-」をぜひ劇場へ観に行きたいと思っている。原作となった遠藤周作の小説「沈黙」(書き下ろされたのは1966年)をボクが読んだのは、高校に上がったころだったから、もう40年も前のことだ。それまでも、狐狸庵山人と称して執筆して...

    アメリカのポピュラー音楽を語るうえで欠かせない“月見草”的なベーシスト|ジェームス・ジェマーソン (配信日:2017/2/2)

    近代ベース・ギターにおいて、ジャコ・パストリアスを“ひまわり”に例えるならば、さしずめ“月見草”ではあるが、より大きな影響力と実績を残しているのが、ジェームス・ジェマーソン(1936-1983)だろう。ジェームス・ジェマーソンは、20世紀中盤のポピュラー音楽の流れを変え...

    映画「JACO[ジャコ]」は“独自の音楽観”を探る“予感”を漂わせていた (配信日:2017/1/26)

    これまで9回にわたって“名ジャズ・ベーシストのアルバム観についての考察”というテーマで、ジャコ・パストリアスの“独自の音楽観”について触れてきた。今回は、その“番外編”として、映画「JACO[ジャコ]」を取り上げてみたい。この映画は、ジャコ・パストリアスの映像(プライヴ...

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ