音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

新着記事一覧

つぶやく・ブックマークする

    [評]ジャミロクワイ公演 しっかり聴かせ踊れる曲 (配信日:2017/10/16)

     1990年代半ば、彼らのブレイクは鮮烈だった。ファンクやソウル、ジャズのおいしいところを融合させた洗練された楽曲は、母国の英国だけでなく、日本でも大人気だった。今をときめくバンド、Suchmosら邦楽勢にも影響を与えている。 当初5月に予定された来日公演は、ボーカル、...

    <POPSこぼれっ話>燃えろ、ジャズ・レコード100年 (配信日:2017/10/16)

     今年を区切りとする記念年の中で最大のものは「ジャズ・レコード100年」であろう。1917年2月ニューヨークで「オリジナル・デキシーランド・ジャス(JASS)・バンド」が2曲録音し、4月に発売したことを起点にしている。まるで冗談音楽のように明るく楽しい音楽であり、一説に...

    ザ・クロマニヨンズが新作 ストレートなロック12曲 (配信日:2017/10/16)

    ボーカル・甲本ヒロト、ギター・真島昌利ら4人によるロックバンド、ザ・クロマニヨンズが11日、新作「ラッキー&ヘブン」(アリオラ)を発表する。今作も、すがすがしいほどストレートなロックサウンドだ。(鶴田裕介) 春頃までツアーで全国を回り、新作を録音。秋に発表し、またツアー...

    ピアノ五重奏公演 エリソ・ヴィルサラーゼ 新鮮な演奏 「驚き」届ける (配信日:2017/10/16)

     ◎Classic 火花散る個性の融合が、予定調和のないきらめきを生むピアノ五重奏。グルジア(現ジョージア)出身のピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼが11月、気鋭のアトリウム弦楽四重奏団(ロシア)と初共演する。「音楽は生き物。驚きのある新鮮な演奏を届けたい」と意気込む。...

    <大衆音楽月評>デジタル歌姫 時代に区切り=専門編集委員・川崎浩 (配信日:2017/10/9)

     北朝鮮のミサイルだ、衆院解散だと、9月は日本中を驚かせるニュースが多過ぎた。大衆音楽界では、もちろん、20日に発表された安室奈美恵の引退宣言である。 10代前半から芸能活動を始め、間を置かずスーパースターになった後、いろいろな事件もありながら、デビューから25年。スト...

    <Topics>クミコ・松本隆 分からないから歌う 17年ぶりのコラボアルバム発売 (配信日:2017/10/9)

     森繁久弥は、興に乗ると唱歌や歌曲を「歌う」でなく「語って」くれた。森繁にとって歌は「言葉」が優先したのであろう。歌を感じるのは「メロディー」か「言葉」か。さらに「声音(こわね)」はどうか。歌手クミコは松本隆の「言葉」に感応し、松本はクミコの「歌声」に打たれた。二人は、...

    凝った音作り 美しい響きも フー・ファイターズが新作 (配信日:2017/10/9)

     米国を代表するロックバンド、フー・ファイターズが新作「コンクリート・アンド・ゴールド」(ソニー)を出した。プロデューサーに、アデルら売れっ子の作品を手がけるグレッグ・カースティンを起用。幅広い音楽性を感じさせる作品となった。米英でヒットチャート1位を獲得。メンバーに聞...

    [ショウタイム]ベルウッド・レコード設立45周年 三浦光紀×鈴木慶一 (配信日:2017/10/9)

     ◆日本語ロック 始まりの風景 1970年代、日本語ロックの世界を切り開いたとされるバンド、はっぴいえんどやはちみつぱい、歌手の小室等らの名盤を生んだベルウッド・レコードが設立45周年を迎えた。当時の邦楽の主流とは毛色の違う音楽を次々と発表し、細野晴臣や大瀧詠一ら、後に...

    阿久悠の功績 なお色あせず 没後10年 未発表詞で新曲 リスペクト公演 (配信日:2017/10/9)

     希代の作詞家、阿久悠が世を去って今年で10年。くしくも生誕80年などの節目が重なり、功績を改めて見直す機運が高まっている。昭和の歌謡界を席巻した怪物に今、何を学ぶべきなのか。(文化部 清川仁) 「津軽海峡・冬景色」「UFO」など、歌い継がれる名曲を残した阿久悠。「北の...

    <Topics>キリル・ペトレンコ 徹底リハーサル信条 バイエルン国立歌劇場、来日公演 (配信日:2017/10/2)

     6年ぶり7度目の来日公演を行っている独バイエルン国立歌劇場が記者会見を行い、音楽総監督の指揮者、キリル・ぺトレンコや公演演目のワーグナー《タンホイザー》の主役、フォークト、ダッシュ、ゲルネなどが登壇した。 ぺトレンコは2013年のバイロイト音楽祭での《ニーベルングの指...

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ