音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

新着記事一覧

つぶやく・ブックマークする

    平原綾香が新作 幸せな愛 豊かな曲 アーティスト9組 書き下ろし (配信日:2017/6/26)

     歌手の平原綾香が新作「LOVE2」(ユニバーサル)を出した。前作「LOVE」に引き続き、原由子や谷村新司ら、著名アーティスト9組が書き下ろした曲を歌った。前作は「悲しい、大人の愛」が中心だったのに対し、今作では結婚直前の女性のような「ハッピーな愛」がテーマだという。(...

    <POPSこぼれっ話>「音楽がタダじゃなかった頃」の価値観 (配信日:2017/6/26)

     子供や学生時代にレコードが買えなくて悔しい思いをした人は少なくないだろう。社会人になっても、お札を握ってCDショップの前を行ったり来たり……苦い思い出がよみがえる人も多々あることであろう。仕送りが5万円の時に2500円のレコードは安くはなかった。それどころか、小遣いが...

    古希記念演奏会 心の陰影 歌で届ける メゾソプラノ歌手 白井光子さん (配信日:2017/6/26)

     ドイツ歌曲の歌唱で世界的な評価を得るメゾソプラノ歌手の白井光子さんが10月28日午後3時から、東京・勝どきの第一生命ホールで、70歳の古希を記念した演奏会を開く。デュオを組んで45年になるピアノのハルトムート・ヘルさんとの名コンビで、「歌の中で違う人生を生き、心の陰影...

    [評]トゥー・チェロズ公演 退屈させない攻撃性 (配信日:2017/6/26)

     クロアチア出身のルカ・スーリッチとステファン・ハウザーのチェリスト2人組。両者はもともとクラシックを学んでいたが、マイケル・ジャクソンの曲を演奏した動画を公開したところ、超絶技巧が世界中で話題となり、2011年にCDデビューした。 クラシックとロックやポップの融合とい...

    <Interview>野田暉行 震災後の日本重ね オペラ「大仏開眼」を作曲 (配信日:2017/6/26)

     音楽界の重鎮、野田暉行東京芸大名誉教授がオペラ《大仏開眼》を作曲した。交響作品や邦楽など多くの作品が高く評価される野田だが、オペラは初めて、しかも委嘱されたのではなく自ら「書きたくて書いた」と言う。 「実は高校時代から『アッシャー家の崩壊』をオペラ化したいとずっと思っ...

    <歌謡ルネサンス>「血が騒ぐ」夫人の詞/義母の願いを歌に=専門編集委員・川崎浩 (配信日:2017/6/26)

     ◇「血が騒ぐ」夫人の詞 ラテン系歌謡曲を歌わせたらピカイチの川奈ルミが、デヴィ・スカルノ夫人が作詞した「貫く愛」(徳間)を発売し、大きな話題になっている。川奈は、ラテン、カンツォーネも本格であるが、故・青江三奈にあこがれて歌うムーディーな歌謡曲も並ぶ者がない。ハスキー...

    <Interview>平原綾香 愛くらいハッピーに アルバム「LOVE2」 (配信日:2017/6/26)

     あまりにもストレートなタイトルだが、平原綾香は昨年のアルバムに「LOVE」(ユニバーサル)と名付けた。     ■  ■ 「ほかに考えようがなかった。それくらい愛に満ちた、と言うか、たくさんの人の愛情がなければ生まれ得なかった作品だった。『これまでに誰かのアルバムタイ...

    <新・コンサートを読む>萩原麻未のラヴェル・ピアノ協奏曲=梅津時比古 (配信日:2017/6/26)

     ◇世界に見入るたたずまい ひっそりとした語り掛けを広く伝えようとすることには、矛盾がある。ブランショの「孤独のアポリア」の論を経なければならないだろう。アポリアとは解決不可能な行き詰まりのこと。ブランショは「私は孤独だ」と表現することに疑問を呈する。もし孤独であること...

    <Topics>「パリ祭」出演、ピーター 夏こそシャンソン (配信日:2017/6/26)

     もはや「日本の夏の風物詩」ともなったシャンソンの祭典「パリ祭」が、今年も7月8、9の両日、東京・NHKホールを皮切りに全国で開催される。今回で55回目。9日のNHKホールや10日の愛知県芸術劇場などに出演するピーターに見どころなどを聞いた。 「パリ祭」は例年通り高平哲...

    ページの先頭へ戻る

    • RSS
    • お問い合わせ