音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

つぶやく・ブックマークする

    音楽ライター記事

    バッハを愛す ③  ヴァイオリンに光が当てられた映画といえば、フランソワ・ジラール監督の「レッド・ヴァイオリン」(カナダ・1998)を思い出す。 J... 配信日: 執筆:伊熊よし子

    配信日:

    ライヴらり:“丸腰”の3人が解き明かす... 前回は、“エレクトリック・ジャズ=フュージョンの代名詞”として広く知られているウェザー・リポートが、実はそのスタート地点では“エレ... 配信日: 執筆:富澤えいち

    配信日:

    放映が終わっても音楽は鳴り響く。老若男... 「あまちゃん」のドラマと音楽との間に一体感があるのは、脚本を読んで作る、映像を観て作るという通常の制作の範疇からさらに深く踏み込... 配信日: 執筆:長谷川誠

    配信日:

    【ライヴ・レポート】リマール/2016... 2016年4月、リマールが東京・大阪の『ビルボードライブ』で来日公演を行った。“~BACK TO 80s~”というサブタイトルが冠... 配信日: 執筆:山崎智之

    配信日:

    記事の一覧を見る

    新聞記事

    <特薦盤>クラシック 梅津時比古・選  ■1977&1980 サル・プレイエル・ライヴ=リヒテル(ピアノ)(キング) リヒテルはライブの人と改めて認識させる。絶頂期のパ... 配信日: 執筆:梅津時比古

    配信日:

    [評]YON FES フォーリミ主催 20組  近年、隆盛しているロックフェスの中で、バンドが主催する形式は増えている。とはいえ、昨年メジャーデビューしたばかりの20代後半の若... 配信日: 執筆:清川仁

    配信日:

    作曲家 ブリテンへの敬愛 イアン・ボストリッジ...  ◆来月 東京都交響楽団と初共演  世界的テノール歌手のイアン・ボストリッジが6月、東京都交響楽団と初共演し、敬愛する母国・イギリ... 配信日: 執筆:岩城択

    配信日:

    <音のかなたへ>「ありがとう」  「ありがとう」。やわらかい響きを残す女の子の澄んだ声を覚えている。小学校2年の同じクラスの子で、きっかけは忘れたが、朝、学校に着... 配信日: 執筆:梅津時比古

    配信日:

    記事の一覧を見る

    ページの先頭へ戻る

    今週のお奨め記事

    バッハを愛す ③  ヴァイオリンに光が当てられた映画といえば、フランソワ・ジラール監督の「レッド・ヴァイオリン」(カナダ・1998)を思い出す。 J... 配信日: 執筆:伊熊よし子

    元気な演歌でデビュー 船村徹「最後の内弟子」 村木弾 作曲家・船村徹の「最後の内弟子」となる村木弾(だん)が、シングル「ござる〜GOZARU〜」(コロムビア)でデビューした。これまで北... 配信日: 執筆:桜井学

    今週の人気記事Best3

    <音のかなたへ>「ありがとう」  「ありがとう」。やわらかい響きを残す女の子の澄んだ声を覚えている。小学校2年の同じクラスの子で、きっかけは忘れたが、朝、学校に着... 配信日: 執筆:梅津時比古

    • RSS
    • お問い合わせ