音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

つぶやく・ブックマークする

    お知らせ

    このサイトは、新聞社の音楽記事を集めたウェブサイト「音楽ジャーナリストの眼」として、12月19日にリニューアルします。
    URLが変更となり、スマホからも見やすくなります。
    リニューアル後、このURLは新しいURLに転送されますので、12月19日以後も「音楽ジャーナリストの眼」をブックマークしてご覧ください。
    ※ リニューアル直前の移行期間中、このサイトの表示の一部が乱れる場合があります。ご了承ください。

    特集記事、音楽ライター記事は、Web音遊人 特集「音楽ライターの眼」に引っ越しました。

    Web音遊人 特集「音楽ライターの眼」

    2017年4月以前の特集記事、音楽ライター記事は、こちらをご覧ください。

    過去の特集記事
    過去の音楽ライター記事

    新聞記事

    <Topics>サイモン・ラトル レパートリーを広げた ベルリン・フィルと最後の来日公演 (配信日:2017/12/11)

     16年にわたってベルリン・フィルの首席指揮者・芸術監督を務めたサイモン・ラトルが同フィルと最後の来日公演を行い、記者会見などでこのオーケストラに対する思いを語った。 「私が(首席指揮者に)選ばれたとき、このオーケストラの可能性を拡大することが私の務めと思った。レパート...

    [解説スペシャル]JASRAC 使用料「変更」へ「音楽の対価」映画界に衝撃 (配信日:2017/12/4)

    ◇文化部 鶴田裕介 大木隆士 ◆「興行収入の最大2%」に 配給会社「死活問題」 外国映画上映時に配給会社から徴収している劇中音楽の使用料について、著作権を管理する日本音楽著作権協会(JASRAC)が今月、従来の1作品一律18万円から、興行収入に連動させる形に変更する意向...

    [レジェンド]作曲家・歌手 森田公一 「青春時代」人生の重み (配信日:2017/12/4)

     ◇Legend 桜田淳子やキャンディーズら、アイドル勢が顔をそろえた1977年の「NHK紅白歌合戦」。華やかな雰囲気の中、彼女たちに曲を提供してきた森田公一も自身のバンド、トップギャランで出場した。森田はピアノに向かい、朗々と「青春時代」を歌った。「卒業までの半年で ...

    記事の一覧を見る

    ページの先頭へ戻る

    今週のお奨め記事

    今週の人気記事Best3

    ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」の魅力  クラシックの作品は、さまざまなブームによって演奏されるものが重なることがある。これまでマーラー・ブーム、古楽器ブームなどがあり、... 配信日: 執筆:伊熊よし子

    • RSS
    • お問い合わせ