音楽ジャーナリスト&ライターの眼 ~今週の音楽記事から~

新聞社の音楽記事、音楽ライターによる書き下ろし記事を集めたウェブサイトです。(毎週、月・木更新)

つぶやく・ブックマークする

    新聞記事

    <POPSこぼれっ話>燃えろ、ジャズ・レコード100年 (配信日:2017/10/16)

     今年を区切りとする記念年の中で最大のものは「ジャズ・レコード100年」であろう。1917年2月ニューヨークで「オリジナル・デキシーランド・ジャス(JASS)・バンド」が2曲録音し、4月に発売したことを起点にしている。まるで冗談音楽のように明るく楽しい音楽であり、一説に...

    ピアノ五重奏公演 エリソ・ヴィルサラーゼ 新鮮な演奏 「驚き」届ける (配信日:2017/10/16)

     ◎Classic 火花散る個性の融合が、予定調和のないきらめきを生むピアノ五重奏。グルジア(現ジョージア)出身のピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼが11月、気鋭のアトリウム弦楽四重奏団(ロシア)と初共演する。「音楽は生き物。驚きのある新鮮な演奏を届けたい」と意気込む。...

    ザ・クロマニヨンズが新作 ストレートなロック12曲 (配信日:2017/10/16)

    ボーカル・甲本ヒロト、ギター・真島昌利ら4人によるロックバンド、ザ・クロマニヨンズが11日、新作「ラッキー&ヘブン」(アリオラ)を発表する。今作も、すがすがしいほどストレートなロックサウンドだ。(鶴田裕介) 春頃までツアーで全国を回り、新作を録音。秋に発表し、またツアー...

    [評]ジャミロクワイ公演 しっかり聴かせ踊れる曲 (配信日:2017/10/16)

     1990年代半ば、彼らのブレイクは鮮烈だった。ファンクやソウル、ジャズのおいしいところを融合させた洗練された楽曲は、母国の英国だけでなく、日本でも大人気だった。今をときめくバンド、Suchmosら邦楽勢にも影響を与えている。 当初5月に予定された来日公演は、ボーカル、...

    記事の一覧を見る

    ページの先頭へ戻る

    今週のお奨め記事

    ザ・クロマニヨンズが新作 ストレートなロック12曲 ボーカル・甲本ヒロト、ギター・真島昌利ら4人によるロックバンド、ザ・クロマニヨンズが11日、新作「ラッキー&ヘブン」(アリオラ)を... 配信日: 執筆:鶴田裕介

    <POPSこぼれっ話>燃えろ、ジャズ・レコード100年  今年を区切りとする記念年の中で最大のものは「ジャズ・レコード100年」であろう。1917年2月ニューヨークで「オリジナル・デキシ... 配信日: 執筆:川崎浩

    今週の人気記事Best3

    [評]ジャミロクワイ公演 しっかり聴かせ踊れる曲  1990年代半ば、彼らのブレイクは鮮烈だった。ファンクやソウル、ジャズのおいしいところを融合させた洗練された楽曲は、母国の英国だ... 配信日: 執筆:桜井学

    アーティストの本音トーク メナヘム・プレスラー①  近ごろ、こんなにも感動したリサイタルとインタビューがあっただろうか。 4月に来日し、ヴァイオリニストの庄司紗矢香とのデュオ・リサ... 配信日: 執筆:伊熊よし子

    <POPSこぼれっ話>燃えろ、ジャズ・レコード100年  今年を区切りとする記念年の中で最大のものは「ジャズ・レコード100年」であろう。1917年2月ニューヨークで「オリジナル・デキシ... 配信日: 執筆:川崎浩

    • RSS
    • お問い合わせ