SOHO向けルーター シェア1位※1のヤマハから新たな省エネルーター

■小型・多機能・省エネルギー 省エネ時代のローエンドルーター

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター『RTX810』

- 2011年11月上旬発売開始 -

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター『RTX810』
ヤマハ ギガアクセスVPNルーター『RTX810』
希望小売価格<税込>71,400円 (本体価格68,000円)

2011年9月7日


ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、中小規模ネットワーク・SOHO向けルーターの新モデルとしてギガアクセスVPNルーター「RTX810」を2011年11月上旬から発売します。


<価格と発売日>

品名

品番

希望小売価格<税込>

発売時期

ギガアクセスVPNルーター

RTX810

71,400円
(本体価格68,000円)

2011年11月上旬

◎初年度販売計画台数:30,000台

■「RTX810」用オプション

品名

品番

希望小売価格<税込>

発売時期

microSDカード

MSD1-002GTY

オープン価格

発売中

ラックマウントキット

YMO-RACK1U

18,900円
(本体価格18,000円)

発売中

ウォールマウントキット

YWK-1200B

18,900円
(本体価格18,000円)

2011年11月上旬


企画意図

光ファイバー回線の普及による回線のギガビット化や携帯電話網の3G化によるモバイルデータ通信の高速化など、企業ネットワークを取り巻く環境は日々進化しています。2005年に発売したRT107eは小型・低消費電力(最大消費電力4.2W)・高性能のイーサアクセスルーターとして好評をいただいておりましたが、通信環境の変化やユーザーからの様々な機能強化の声にこたえるためリニューアルいたします。
今回の新製品「RTX810」は、ギガビットイーサ・3G携帯電話網などの対応回線強化・性能向上に加え、設置・管理性向上のため上位機種であるRTX1200に実装しているLuaスクリプトや外部メモリ(microSD/USB)にも対応。機能向上と並んで運用・管理性も向上を図りました。


製品概要

「RTX810」は、ギガビットイーサネットインタフェース(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)を合計5ポート、スループット値は最大1Gbit/sながら、RT107e同等サイズの小型筐体と低消費電力を実現しています。また、USBポートおよびmicroSDスロットを各1ポート備え、3G対応USBデータ通信端末、USBメモリ、microSDなどを接続し、多彩な拡張機能を使用することが可能です。上位機種であるRTX1200で高い支持を得た、3Gモバイルインターネット、Luaスクリプト、様々な保守・管理機能を実装しており、中小規模ネットワーク・SOHO環境に適した機能と信頼性を高いコストパフォーマンスで構築することができます。

※1 出典: IDC Japan, May 2011「国内ルーター市場 2010年の分析と2011年~2015年の予測:東日本大震災による影響を考慮」
(J11010102)より


主な特長

  1. 低消費電力/省エネルギー
  2. 動作環境条件 保証温度50℃に対応
  3. スマートフォン/タブレット端末からの安全なアクセス(L2TP/IPsec搭載)
  4. 3G携帯電話網でのモバイルインターネットに対応(別途USBデータ通信カード必要)
  5. 全ポートギガビットイーサネット搭載、スループット最大1Gbit/s、VPNスループット200Mbit/s
  6. NGN向けの機能を多数搭載
  7. ヤマハ スマートL2スイッチSWX2200制御機能を搭載
1.低消費電力/省エネルギー

「RTX810」は、全ポート1000BASE-Tに対応した中小規模ネットワーク・SOHO環境に対応したルーターとして、業界トップレベルの低消費電力の製品です。従来機種であるRT107eと同じ条件(※1)で測定した場合は3.1WとRT107eを下回ります。LAN/WANポートがすべて1000BASE-Tでリンクアップした状態でも5.2W(※2)しかありません。

(※1) 全ポート 100BASE-TX でリンクアップ。同条件でのRT107e消費電力は3.6Wです。
(※2) 仕様表記載の最大消費電力11.0WはUSBポート/microSDも使用したときの数値になります。

2.動作環境条件 保証温度50℃に対応

動作環境条件の保証温度を50℃に引き上げました。

3.スマートフォン/タブレット端末からの安全なアクセス(L2TP/IPsec搭載)

多くのスマートフォン/タブレット端末で標準サポートされているL2TP/IPsecに対応。スマートフォン/タブレット端末からの社内LANへの安全なアクセスをサポートします。

※動作検証済みスマートフォン/タブレット端末はホームページで公開予定です。

スマートフォン/タブレット端末からの安全なアクセス(L2TP/IPsec搭載)
4.3G携帯電話網でのモバイルインターネットに対応(別途USBデータ通信端末必要)

USBポートにデータ通信端末を接続することにより、インターネット接続が可能です。有線回線未提供エリアでの常時接続をはじめ、バックアップ回線としての活用や有線回線工事完了までの臨時の回線としてなどさまざまな用途に使用可能です。
(動作検証済みUSBデータ通信端末はホームページで公開予定です。)

5.全ポートギガビットイーサネット搭載、スループット最大1Gbit/s、VPNスループット200Mbit/s

WAN×1・LAN×4(LANは、4ポートのスイッチングハブ)の5ポート全てにギガビットイーサネットインタフェースを搭載しました。ルーティング性能(スループット)は、最大1Gbit/s、VPNスループット200Mbit/sを達成しています。一方筐体サイズは前モデルのRT107eとほぼ同サイズを実現、中小拠点で求められる省スペース性と性能の向上を両立しました。

6.NGN向けの機能を多数搭載
「RTX810」はNTT東日本・NTT西日本のNGNサービスで提供されている、データコネクト(リモートセットアップ・拠点間接続)、IPv6 PPPoEに対応しています。
7.ヤマハ スマートL2スイッチSWX2200制御機能を搭載

ヤマハ製スマートL2スイッチ SWX2200-8G/SWX2200-24Gの制御機能を搭載しました。スイッチ連携機能によりLAN側も一貫した管理が可能になります。

ヤマハ スマートL2スイッチSWX2200制御機能を搭載

また「RTX810」新製品発表会を2011年10月より下記日程・会場にておこないます。
申込方法など詳細な情報はホームページにてご確認ください。

◇ 全国セミナー日程 ◇
10月7日(金) 仙台(TKP仙台カンファレンスセンター)
10月12日(水) 名古屋(安保ホール)
10月14日(金) 大阪(第二吉本ビルディング)
10月18日(火) 博多(TKP博多シティセンター)
10月21日(金) 新潟(新潟テルサ)
10月26日(水) 東京(JA共済ビル)
10月28日(金) 長野(メルパルク長野)
11月11日(金) 札幌(ホワイトキューブ)
11月15日(火) 金沢(TKP金沢駅前(アパホテル内))
11月18日(金) 広島(メルパルク広島)

<主な仕様>

赤字部分はRT107eから機能強化された項目です。

型番 RTX810
希望小売価格(税込) 71,400円(本体価格:68,000円)
JANコード 49 60693 23630 7
認定番号 AD11-0187001
対応回線および
サービス網 (※1)
FTTH(光ファイバー)、ADSL、CATV、ATM回線、IP‐VPN網、広域イーサネット網、携帯電話網、フレッツ・サービス
LANポート 1ポート(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、ストレート/クロス自動判別)※LANポートは4ポートスイッチングハブ
LAN1スイッチ機能 ポート分離、LAN分割(ポートベースVLAN)ポートミラーリング
WANポート 1ポート(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、ストレート/クロス自動判別機能)
ISDN Uポート
ISDN S/Tポート
PRIポート
LINEポート
TELポート
microSDカードスロット 1スロット(SDHC対応)
USBポート (※2) 1ポート(USB 2.0 Type‐A、給電電流:最大500mA、USBメモリ/USB型データ通信端末に対応)
コンソールポート
(設定用)
1ポート(D‐sub9ピン、DTEモード固定、9,600bit/s)
拡張スロット
Flash ROM 16MB(ファームウェア:1組、コンフィグ:5組/履歴機能あり)
RAM 128MB
状態表示ランプ 前面:6 (POWER、STATUS、LAN、WAN、microSDUSB)、背面:10(LINK、SPEED×5)
動作環境条件 周囲温度0〜50℃、周囲湿度15〜80%(結露しないこと)
電源 AC100V(50/60Hz)、電源内蔵、平行2極プラグ、アース端子、電源スイッチ、電源スイッチガード
最大消費電力(皮相電力)、最大消費電流、発熱量 11W(23VA)0.23A39.6kJ/h
省エネ機能 未使用LANポートのシャットダウン、LED輝度制御microSDスロット/USBポート停止
筐体内温度測定
筐体 プラスチック筐体、ファンレス
電波障害規格、環境負荷物質管理 VCCIクラスA、RoHS対応
外形寸法 220(W)×42.6(H)×160.5(D)mm (ケーブル、端子類は含まず)
質量 870g
付属品 LANケーブル(1本:3m)、冊子(はじめにお読みください、保証書)、CD‐ROM(1枚:[PDF]取扱説明書・コマンドリファレンス・設定例集、[ソフトウェア]RT‐FileGuard・MD5SUM)
スループット (※3) 最大1Gbit/s
IPsecスループット(※4) 最大200Mbit/s
IPv6接続形式 ネイティブ、トンネル、デュアルスタック、RAプロキシ、IPv6 PPPoE
ルーティング対象
プロトコル
IP、IPv6
IPルーティング
プロトコル
RIP、RIP2、OSPF、BGP4
IPv6ルーティング
プロトコル
RIPng
経路エントリー数 (※5) 最大2,000
OSPFネイバー数と
その経路 (※5)
10ネイバーの時:経路数2,000
BGP4経路数 (※5) 最大2,000
WANプロトコル PPPoE
PPPoEセッション数 5
認証機能 RADIUS、PAP/CHAP、MS-CHAP/MS-CHAPv2
管理プロトコル SNMP(v1v2cv3)
統計・管理機能
プログラム管理 (※6) コンフィグ多重(履歴機能)、DOWNLOADボタン・WWW(かんたん設定、カスタムGUI対応)・TFTP/SFTP・外部メモリ(microSDUSBメモリ)からのリビジョンアップ外部メモリ(microSDUSBメモリ)に保存されたファームウェア・コンフィグの優先起動
ロギング機能 メモリに蓄積、SYSLOGでの出力、外部メモリ(microSDUSBメモリ)への出力(暗号機能あり)
電源スイッチ切断時のログ保存(パワーオフログ保存機能)リブートログ保存機能
ログの内容 フィルタリングされたパケット、各種機能の動作状況など
ログ記憶容量 最大3,000行
設定手段 コンソール、TELNETサーバー(多重)、SSHサーバー(多重)、WWW(カスタムGUI対応)外部メモリ(microSDUSBメモリ)経由での設定TFTP/SFTPによるダウンロード/アップロードFOMA回線経由のリモートセットアップ (※7)データコネクトサービス対応(フレッツ光ネクスト回線)
VPN機能 IPsec(VPN機能:NATトラバーサル、XAUTH)+AES128/256、3DES、DES(暗号機能:ハードウェア処理)+IKE/IKEv2(メインモード、アグレッシブモード)、PPTP(VPN機能)+RC4(暗号機能)
(※8)、L2TP/IPsec
VPN対地数(IPsec) 6(最大設定可能数:6) (※9)
VPN対地数(PPTP) 4(最大設定可能数:6)
VPN対地数
(IPsec+PPTP)
6(最大設定可能数:6)
QoS機能(制御方式) 帯域制御(Dynamic Traffic Control)Dynamic Class Control、VPN QoS (※10)、帯域検出機能、負荷通知機能
QoS機能(分類方式) IPアドレス、プロトコル、ポート番号、ToSフィールド
QoS機能(網側QoS機能との連携) カラーリング(ToS)、ToS→CoS変換
閉域網サービス用機能 タグVLAN、IPv6マルチキャスト
(MLDv1、MLDv2、MLDプロキシ)
タグVLAN
(IEEE 802.1Q)
LANごとに8ID
セキュリティ機能 URLフィルタリング機能(内部データベース参照型)、DHCP端末認証機能、Winnyフィルター(Winny Version2 対応)、Shareフィルター(Share バージョン1.0 EX2対応)、MACアドレスフィルタリング
ファイアウォール機能(IPv4/IPv6静的フィルタリング) IPアドレス、ポート、プロトコル (Established、TCPフラグ有り)、ソース/デスティネーション、LAN側/WAN側のIN/OUTに適用
ファイアウォール機能(IPv4/IPv6動的フィルタリング) 基本アプリケーション(TCP、UDP)、応用アプリケーション(FTP、TFTP、DNS、WWW、SMTP、POP3、TELNET)、自由定義、LAN側/WAN側のIN/OUTに適用
動的フィルター・セッション数 10,000
ファイアウォール機能(IDS:IPv4不正アクセス検知) LAN側/WAN側のIN/OUTに適用、IPヘッダー、IPオプションヘッダー、ICMP・UDP・TCP・FTP・SMTPなどのカテゴリで41種の不正アクセスを検出可能、不正アクセス検知メール通知機能
アドレス変換機能(NATディスクリプター機能) NAT、IPマスカレード、静的NAT、静的IPマスカレード、DMZホスト機能、PPTPパススルー(複数セッション) (※11)、IPsecパススルー(1セッション)、FTP対応、traceroute対応、ping対応、SIP‐NAT対応 (※12)、IPマスカレード変換セッション数制限機能
NATセッション数 10,000
バックアップ機能 VRRP、フローティングスタティック、ネットワーク/Tunnelバックアップ機能によりVPN/イーサネットにバックアップ、バックアップメール通知
IP keepalive対地数 (※13) 100
データ圧縮 VJC、CCP(Stac LZS)
ルーター機能 DHCPサーバー、DHCPクライアント、DHCPリレーエージェント、DNSリカーシブサーバー、DNSサーバー選択機能、CIDR、PROXY ARP ,SNTPサーバー、NTPクライアント、LANセカンダリアドレス設定、フィルター型ルーティング、LOOPBACK/NULLインターフェース、パケット転送フィルター、マルチホーミング、スケジューリング機能、生存通知機能、ネットボランチDNSサービス対応 (※14)、UPnP対応 (※15)Wake on LAN対応
拡張機能 LuaスクリプトUSB型データ通信端末対応データコネクトサービス対応(フレッツ光ネクスト回線)スイッチ制御(SWX2200対応)
電話機能
デフォルトIPアドレス 192.168.100.1
(※1) ADSL、CATV、FTTH(光ファイバー)等の回線との接続には、別途ADSLモデム、ケーブルモデムまたはメディアコンバーターが必要です。ATM 回線との接続には、ATM-TAが別途必要です。また、複数のパソコンでの使用を認めていないプロバイダもありますので、 契約内容をご確認ください。
(※2) 全てのUSBメモリの動作を保証するものではありません。USB HUBは利用できません。USBデータ通信対応機種の対応USBデータ通信端末はホームページにて公開します。
(※3) スループット値は、SmartBitsによる測定値(NATなし、フィルターなし、双方向)です。
(※4) AES+SHA1利用時のSmartBitsによる、出荷バージョンでの測定値(双方向)です。
(※5) 弊社で実施した測定結果に基づく数値です。
(※6) 最新プログラムは、ホームページ上に公開しております。
(※7) 発信側動作に対応する機種は、RTX3000(Rev.9.00.24以降)・RTX1500(Rev.8.03.60以降)・RTX1200・RTX1100(Rev.8.03.60以降)・RT58 i(Rev.9.01.29以降)・NVR500となります。
(※8) 本製品は、RSA Security Inc.のRSA ® BSAFETMソフトウェアを搭載しております。 RC4およびBSAFEはRSA Security Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。
(※9) L2TP/IPsecの対地数もIPsecの対地数に含みます。
(※10) IPsecトンネル内でQoSを適用する機能です。
(※11) PPTPクライアントの場合、複数セッションに対応。PPTPサーバーは1セッションです。
(※12) IP電話サービスを併用することができます。配下にヤマハVoIPゲートウェイNVR500・RT58i・RT57i・RTV700(いずれか1台あるいはカスケード 1構成のみ)を設置することができます。 なお、WAN側に固定のグローバルIPアドレス(LAN側にはプライベートIPアドレスを利用)が必要です。
(※13) VPNやネットワークバックアップ機能などを併用せず、IP keepalive機能を監視に利用する場合の対地数です。
(※14) 「10.×.×.×」「172.16.×.×~172.31.×.×」「192.168.×.×」のようなプライベートアドレスを使用しているインターネット環境(CATV等)では、ネットボランチDNSサービスは使用できません。
(※15) Windows Messenger4.7およびMSN Messenger6.1が搭載されたPC同士の双方向コミュニケーション (音声チャットやビデオチャットなど)を併用することが可能です。なお、全てのUPnPデバイス接続を保証するものではありません。

*2011年9月現在の情報です。仕様および機能の名称は予告なく変更することがあります。

*文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。


back