YAMAHA News Release
お問い合わせ先 記者発表
一般の方 報道関係の方 記者発表動画配信


アコースティックピアノと最新の電子技術を融合した「新しいグランドピアノ」
■鍵盤アクション機構搭載で実現したグランドピアノの演奏感

ヤマハ ハイブリッドピアノ

AVANTGRAND(アバングランド) 『N1(エヌワン)』

- AvantGrandの本質をそのままに、機能を絞り込んだベーシックモデルの誕生 -

ヤマハ ハイブリッドピアノ「AvantGrand」『N1』ヤマハ ハイブリッドピアノ「AvantGrand」『N1』
税込価格(本体価格):682,500円(650,000円)

2011年8月30日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、グランドピアノの伝統的なメカニズムはそのままに、最新の電子技術を融合したヤマハ ハイブリッドピアノ「AvantGrand(アバングランド)」の新製品として、『N1』を10月1日(土)から発売します。


<価格と発売日>

品 名

品番

税込価格(本体価格)

発売日

ヤマハ ハイブリッドピアノ
AvantGrand

N1

682,500円(650,000円)

10月1日(土)

◎初年度販売予定数:1,500台


<開発の背景>

 当社では、ピアノ部門で開発・生産する「アコースティックピアノ」と、電子楽器部門で開発・生産している「電子ピアノ」と、大きく2つに分けてピアノ事業を展開してきました。
 一方、ピアノのユーザーは「アコースティックピアノ」と「電子ピアノ」を明確に区別するのではなく、ひとくくりに「ピアノ」と認識する傾向が強まっています。
 当社ではこうした状況の変化の中、これまでのように「アコースティックピアノ」と「電子ピアノ」を別の楽器として事業展開を行うだけでなく、相互に強みを活かすことで相乗効果を生み出し、今後もピアノ市場において確固とした地位を築くため、ピアノ事業を再構築する「トータルピアノ戦略」を策定しました。
 そのプロジェクトから生まれた最初の製品が2009年5月から発売したハイブリッドピアノ「AvantGrand」です。「AvantGrand」は、「新しいグランドピアノ」というコンセプトが受け入れられ、プロ/セミプロのピアニスト、音楽家、ピアノ指導者などのピアノユーザーの支持を集めたほか、海外の著名なアーティストがステージ演奏で使用するなど、世界的な注目を集めました。
 また、ピアノが弾けて、ピアノの本質にこだわりを持つものの、住宅事情等により演奏環境に制約を抱える成人趣味層が、グランドピアノの演奏感を求めて「AvantGrand」を購入する例も多く見られ、幅広い層のお客様から好評を得ています。


<製品の概要>

 今回発売する「AvantGrand」シリーズの新製品『N1』は、アコースティックピアノと電子ピアノを融合させた鍵盤楽器、「ハイブリッドピアノ」の新製品です。
 グランドピアノの鍵盤・アクション機構を持ち、その鍵盤やハンマーの動きをセンサーで検知し、演奏の繊細なニュアンスを電子ピアノの最新技術で表現する、という「AvantGrand」の本質をそのままに、機能を絞り込んだベーシックモデルです。
 ベーシックモデルながら、グランドピアノならではのタッチ感や弾き応え、奥行き感のある音の広がりを楽しむことができ、そのデザインからもグランドピアノを演奏しているときの風景を演奏者に提供します。弾き応え、音、デザイン全てにおいてグランドピアノの演奏感を実感できるピアノです。
 なお「AvantGrand」は“Avant”(フランス語で“~より先に”)とグランドピアノの“Grand”を合わせた造語で、ヤマハの100年以上の時を経たピアノづくりの経験と、21世紀の最新技術が一つに融合して生まれた、新しいピアノのあり方を示しています。

 当社では、新しいグランドピアノ「AvantGrand」にベーシックモデル『N1』を加えることで、これからのピアノが進むべき新しい方向を提言するハイブリッドピアノ「AvantGrand」が、プロ/セミプロのピアニストや音楽家、アーティストのみならず、一般のピアノユーザーや成人趣味層など、より幅広い層に普及していくことを期待しています。

 詳細は以下の通りです。


<主な特長>

1.専用のグランドピアノアクション機構を採用
アバングランド専用のグランドピアノアクションを搭載し、リアルな弾き心地を実現しました。また、鍵盤の動きとハンマーの動きを捉える非接触型のセンサーを搭載。打鍵の強弱やタイミングなどの微妙なニュアンスを感知し、ピアニシモからフォルテシモまで情感豊かな演奏が可能で、素早いトリルなどでも演奏者の感覚をそのまま表現できます。
『N1』の「AvantGrand」専用グランドピアノアクション機構
『N1』の「AvantGrand」専用グランドピアノアクション機構
2.豊かなグランドピアノの音そのものを表現する

「スペーシャル・アコースティック・サンプリング」&スピーカーシステム
グランドピアノの音を左、右、センターそしてリア(奥側)の4カ所の最適なポイントでサンプリングした、「AvantGrand」シリーズならではの「スペーシャル・アコースティック・サンプリング」を採用。響板の響きを面でとらえ、原音の持つ魅力をそのまま再現しているほか、サンプリング音源にもヤマハの最上位モデルであるコンサートグランドピアノを使用しています。また、弾く人にとっていちばん心地よい音を届けるため、最適な場所にスピーカーを配置。それぞれの音のニュアンスをより自然に表現するためのスピーカーシステムを採用しています。

3.グランドピアノの演奏感を提供する優美なデザイン
全体的にグランドピアノの雰囲気を残しながら、シンプルでコンパクトなデザインを採用。『N2』『N3』と同様、演奏者の視点からはグランドピアノを感じるデザインとし、インテリアとしても圧迫感を感じさせない、生活に溶け込むデザインとなっています。

<主な仕様>

品番

N1

鍵盤

鍵盤機構

アバングランド専用グランドピアノアクション

鍵盤種(白鍵)

ピアノ木製鍵盤(アクリペット)

ペダル

ペダル数

3:ダンパー(ハーフペダル対応)、ソフト、ソステヌート

音源・音色

音源方式

スペーシャル・アコースティック・サンプリング

最大同時発音数

256

音色数

5:ピアノ×2、エレクトリックピアノ×2、ハープシコード×1

音響

スペーシャル・
アコースティック・
スピーカーシステム

アンプ:25W×1+30W×5
スピーカー:8cm×3+13cm×2+16cm×1

機能

リバーブ

メトロノーム

テンポ

トランスポーズ

チューニング

スケール

7

録音・再生

プリセットソング

5(音色デモ)/10(ピアノ曲)

録音

曲数

1:300KB 約30,000音

トラック数

1

接続
端子

ヘッドフォン

2

MIDI

IN/OUT

AUX IN

[L/L+R][R]

AUX OUT

[L/L+R][R]

USB [TO DEVICE]

電源

定格電源

AC100V、50/60Hz

消費電力

70W

仕上げ

黒鏡面艶出し仕上げ

寸法
(幅×奥行×高さ、mm)

1,465×618×995(譜面立てを立てた場合:1,170)

質量

124kg

譜面立て

主な付属品

高低自在イス、キーカバー

*最新のデバイス機器は、ホームページにてご確認ください。
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/support/usb/


「アクリペット」は、三菱レイヨン(株)の登録商標です。
その他の文中の商品名、社名等は当社の商標または登録商標です。


お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back