YAMAHA News Release
お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


音・臨場感・操作性の本質を追求したハイクラスAVレシーバー3機種を新発売

AVENTAGE

ヤマハ AVレシーバー
『RX-A3010』 『RX-A2010』 『RX-A1010』

ヤマハ AVレシーバー 『RX-A3010』 『RX-A2010』 『RX-A1010』
写真左
AVレシーバー 『RX-A3010』
希望小売価格<税込>260,400円
(本体価格248,000円)
写真は(B)ブラックのほか
(N)ゴールドも用意しております。
  写真中
AVレシーバー 『RX-A2010』
希望小売価格<税込>199,500円
(本体価格190,000円)
  写真右
AVレシーバー 『RX-A1010』
希望小売価格<税込>126,000円
(本体価格120,000円)
2011年8月25日

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、ハイクラスAVレシーバー『RX-A3010』を9月下旬、『RX-A2010』を9月中旬、『RX-A1010』を9月上旬より、それぞれ全国で発売いたします。


<価格と発売時期>

品名 モデル名 希望小売価格<税込> 当初月産
予定台数
発売時期
AVレシーバー RX-A3010 (B)ブラック
(N)ゴールド
260,400円
(本体価格248,000円)
4,000台 9月下旬
AVレシーバー RX-A2010 (B)ブラック 199,500円
(本体価格190,000円)
6,000台 9月中旬
AVレシーバー RX-A1010 (B)ブラック 126,000円
(本体価格120,000円)
9,000台 9月上旬

<製品の概要>

今回発売する『RX-A3010』『RX-A2010』『RX-A1010』は、ハイクラスAVレシーバー「AVENTAGE」(アベンタージュ)の新製品です。ヤマハが誇る3次元立体音場再生の最高峰「シネマDSP HD3(エイチディ キュービック)」搭載、11.2chまでの拡張が可能な9.2chハイエンドモデル『RX-A3010』(9chパワーアンプ内蔵)を筆頭に、リアプレゼンスチャンネルを含むフルスペックのシネマDSP<3Dモード>の対応に加えて映像品位にもこだわった9.2chハイグレードモデル『RX-A2010』、そしてシリーズ共通の高性能・高機能をより身近にした7.1ch仕様のスタンダードモデル『RX-A1010』。いずれの1台も、ヤマハのクラフトマンシップをもって、「AVENTAGE」シリーズの理念である、音・臨場感・操作性の色褪せない本質を追求するとともに、専用スマートフォンアプリへの対応やネットワークレシーバー機能など、これからのAVセンターに求められる先進機能も充実させました。

RX-A3010イメージ画像
『RX-A3010』イメージ画像

[ AVENTAGEについて ]
「AVENTAGE(アベンタージュ)」とは、「AV Entertainment for the New Age」(=次の世代のAVエンターテインメント)を象徴する造語です。ヤマハではこの言葉を、音・臨場感・操作性の色褪せない本質を追求し、永い愛着に応える、これからのハイクラスAVレシーバーのシリーズ名としました。


【RX-A3010主な特長】

ヤマハが誇る3次元立体音場再生の最高峰=シネマDSP HD3を搭載。
最大11.2ch再生に対応する、音と臨場感を極めた9.2chハイエンドモデル。
(9chパワーアンプ内蔵)

1.高音質
高音質を実現するために強化された制振・高剛性シャーシ。音質最優先設計の左右対称コンストラクションには厳選された高音質パーツを配置しています。
高音質を実現するために強化された制振・高剛性シャーシ。
音質最優先設計の左右対称コンストラクションには厳選された高音質パーツを配置しています。
5番目の脚(A.R.T. Wedge)
5番目の脚(A.R.T. Wedge)
AVENTAGE 専用デザインのアルミフロントパネル
AVENTAGE 専用デザインのアルミフロントパネル

●制振・高剛性シャーシ
H型クロスフレーム、リジッドボトムフレーム、ダブルボトム構造などのノウハウを集約し、理想的な機械的強度と重量バランスを発揮する左右対称コンストラクションの制振・高剛性シャーシを採用。信号の流れを純化する回路レイアウトとも相まって、高純度な音質と音場表現力を支えます。

●「音の静寂性」を追求したオーディオ回路
高速熱帰還型パワートランジスターと大容量制振ヒートシンクを採用した左右対称設計の高音質150W/9ch*パワーアンプ、オーディオ入力部とD/Aコンバーター部の電位差を解消して微小信号の再生品位を高めるD.O.P.G.(DAC on Pure Ground)コンセプト、主要7ch分に採用したDSDダイレクト入力対応DAC「バーブラウンDSD1796」などにより、ヤマハAVレシーバーの特長である「音の静寂性」を徹底追求。微小音量時からフルパワー領域まで、透明感あふれる高音質を得ています。
*:数値は6Ω定格出力、20Hz~20kHz、0.06%THD、2ch同時駆動時。

●3回路分離型パワーサプライ(電源部)
大型電源トランスと特製カーボンシース・ブロックケミコン(容量18,000μF×2)を搭載したオーディオ専用電源を中心に、映像・制御系などのデジタル回路用とFLディスプレイ回路用をそれぞれ独立させて全動作モードでのS/Nを高めた3回路分離型パワーサプライを新搭載。各部への給電経路を最短化するとともに、音質に影響を与える磁場効果も給電レイアウトの工夫によりキャンセルすることで、音の瞬発力とリアリティをいっそう高めています。

●5番目の脚「A.R.T.* Wedge」
設置安定性を高めるとともに筐体の共振を分散し、電源トランスの微細な振動も抑制する5本目の脚「A.R.T. Wedge(アートウェッジ)」を新たに採用し、力強くフォーカスの合ったサウンドを実現しました。またアルミフロントパネルも、より重厚で質感の高い「AVENTAGE」専用のデザインとしています。
*A.R.T.=Anti Resonance Technology

2.臨場感
シネマDSP HD3音場概念図のオレンジ色の円は直接音、他の球体は反射音の分布を表しています。
シネマDSP HD3音場概念図オレンジ色の円は直接音、他の球体は反射音の分布を表しています。
フロントパネル上縁にプリントされた「DSP HD3」ロゴ
フロントパネル上縁にプリントされた「DSP HD3」ロゴ

●シネマDSPの最高峰、「シネマDSP HD3
通常の「シネマDSP」を大きく上回る圧倒的な情報密度により、ヤマハが誇る3次元立体音場をもっとも忠実に再現するシネマDSPの最高峰、「シネマDSP HD3(エイチディ キュービック)」の9.2ch再生を本機単体で実現。3次元スケールの圧倒的リアリズムを体験していただけます。さらに、外部2chパワーアンプを追加することでDSP-Z11と同等の11.2ch再生をサポートする11.2chプリアウトも装備しています。

●ヤマハ史上最高精度の「YPAO-R.S.C. *
視聴環境最適化システム「YPAO」には、部屋の初期反射音を厳密に制御する「YPAO-R.S.C.」、聴取位置とスピーカーとの位置関係を把握する「スピーカー角度計測」、最大8までの計測ポイントからのデータを総合的に判断して精度を高める「マルチポイント計測」、室内の音響特性に合わせてシネマDSP効果を最適化する「DSPエフェクトレベルノーマライズ」の4つの先進機能を装備。ヤマハ史上最高精度の調整能力で、専用施工されたシアタールームで楽しむような理想の聴取空間を再現します。
* R.S.C.= Reflected Sound Control

3.操作性
AV CONTROLLER画面例
AV CONTROLLER画面例
ウェブコントロールセンター画面例
ウェブコントロールセンター画面例
ロゴ画像

●iPhone, Android端末向けアプリ「AV CONTROLLER」
お手持ちのiPhone/iPod touchやAndroid端末から本機の操作が行える*1専用アプリケーション「AV CONTROLLER*2」に対応。電源や音量調整、入力ソース選択、シネマDSPのサラウンドモード選択などが、これらの端末をリモコンのように使って快適にコントロールできます。
*1:本機と無線LANルーターとの有線接続が必要です。 
*2:iOS 4.0以降がインストールされたiPod touch(第3世代以降)/iPhone 3GS以降/iPadに対応。App Storeから無償ダウンロードできます。なおAndroid対応版は2011年9月公開予定です。

●パソコン向け「ウェブコントロールセンター」
お手持ちのパソコンの標準ウェブブラウザー*1を使って本機の操作が行える*2専用の「ウェブコントロールセンター」を搭載し、見やすいコントロールパネル(操作画面)で本機の動作状態を確認しながら快適にコントロールできます。
*1:動作確認済みウェブブラウザーはInternet Explorer 7.0以降です。
*2:パソコンを接続したLANルーターと本機との有線接続が必要です。
 

●ネットワークレシーバー機能
Windows7&DLNA1.5準拠、96kHz/24bit再生対応のネットワークレシーバー機能を内蔵。パソコンやNAS(ネットワークHDD)にストックした音楽コンテンツをピュアオーディオグレードの高音質で楽しめるほか、インターネットラジオ放送も聴くことができます。

4.長期製品保証
長期間にわたり安心してご愛用いただけるよう、お買い上げ日より満5年間のメーカー製品保証を「AVENTAGE」全製品に標準で付与いたしました。

【RX-A3010その他の特長】

●外部デジタル音声に含まれるジッター成分を除去して再生品位を高めるウルトラロージッターPLL回路●設置を安定させ、高音質を支える本機専用の鋳鉄製レッグ(4個)●シネマDSP<3Dモード>をフロントプレゼンススピーカーの設置なしで実現する*1VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能●サラウンドフォーマットなどに応じてリアプレゼンススピーカーまたはサラウンドバックスピーカーを自動選択するデュアル9.1ch対応●フロントバイアンプ駆動などが選択できるパワーアンプアサイン●シネマDSPの効果やダイナミックレンジを音量調整に合わせて自動的に制御するアダプティブDSPレベル&アダプティブDRC技術●サラウンド再生がお手持ちのヘッドホンで楽しめるサイレントシネマ●HQV Vida™ビデオプロセッサーを搭載した最先端の映像処理回路●3D映像伝送*2やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した8入力/2出力の最新HDMI端子●HDMIコントロールoff、スタンバイスルーoff時の待機時消費電力0.25W以下の省電力設計●一定時間使用しないと自動的に電源が切れるオートパワーダウン●シンプルで快適な使い心地を実現する新GUI画面と「SCENE PLUS(シーンプラス)」●使いやすさと視認性を追求したリモコン●iPodのデジタル音声接続にも対応した前面USB端子●別売iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」対応●別売iPod用ユニバーサルドック「YDS-12」対応●別売Bluetooth®オーディオレシーバー「YBA-10」対応●マルチルーム(ZONE)機能●40局プリセット対応FM/AMチューナー●MM対応フォノイコライザー
*1:VPS機能を使用したシネマDSP<3Dモード>再生時、仮想のフロントプレゼンススピーカー位置は最適値に設定(固定)されており、聴感上の「高さ」を調整することはできません。またシネマDSP<3Dモード>再生の効果は、フロントプレゼンススピーカー設置時に最大限に発揮されます。
*2:3D映像信号のパススルーはフレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトムの各方式に対応しています。


【RX-A2010主な特長】

リアプレゼンスを含むフルスペックのシネマDSP<3Dモード>再生に対応
HQV VidaTMプロセッサーなど映像品位にもこだわった9.2chハイグレードモデル

『RX-A2010』は、通常の5.1chスピーカー構成にフロントプレゼンススピーカーとリアプレゼンススピーカーを加えたフルスペックのシネマDSP<3Dモード>再生を1台で実現する、9.2chハイグレードAVレシーバーです。H型クロスフレームとリジッドボトムフレームを装備した制振・高剛性シャーシや左右独立構成*の高音質9chパワーアンプ、HQV Vida™ビデオプロセッサーによる最先端の映像処理回路など、シアターファイルの皆様の愛着に応える音と映像の表現力を追求しました。
*センターch用パワーアンプは左側パワーユニットに搭載

●ダブルH型クロスフレームとリジッドボトムフレームを採用した左右対称コンストラクションの制振・高剛性シャーシ●高速熱帰還型パワートランジスターと大容量制振ヒートシンクを採用した左右分離構造の高音質140W/9chパワーアンプ(数値は6Ω定格出力、20Hz~20kHz、0.06%THD、2ch同時駆動時)●D.O.P.G.コンセプト●ウルトラロージッターPLL回路●3回路分離型パワーサプライ●A.R.T. Wedge●AVENTAGE専用アルミフロントパネル●外部パワーアンプの追加なしで最大9.2chのフルスペック・シネマDSP<3Dモード>再生に対応●フロントプレゼンススピーカーを設置しなくてもシネマDSP<3Dモード>が楽しめる*1VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能●デュアル9.1ch対応●パワーアンプアサイン●YPAO-R.S.C.とマルチポイント計測(最大8ヶ所)、DSPエフェクトレベルノーマライズを装備した最新世代YPAO●アダプティブDSPレベル&アダプティブDRC技術●サイレントシネマ●HQV Vida™ビデオプロセッサーを搭載した最先端の映像処理回路●3D映像伝送*2やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した8入力/2出力の最新HDMI端子●HDMIコントロールoff、スタンバイスルーoff時の待機時消費電力0.25W以下の省電力設計●オートパワーダウン●iPhone/iPod touchやAndroid端末から本機の操作が行える「AV CONTROLLER」対応●パソコンのウェブブラウザー経由で本機の操作が行える「ウェブコントロールセンター」対応●ピュアオーディオグレードのネットワーク機能●新GUI画面と「SCENE PLUS(シーンプラス)」●使いやすさと視認性を追求したリモコン●iPodのデジタル音声接続にも対応した前面USB端子●別売iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」対応●別売iPod用ユニバーサルドック「YDS-12」対応●別売Bluetooth®オーディオレシーバー「YBA-10」対応●マルチルーム(ZONE)機能●40局プリセット対応FM/AMチューナー●MM対応フォノイコライザー

*1:VPS機能を使用したシネマDSP<3Dモード>再生時、仮想のフロントプレゼンススピーカー位置は最適値に設定(固定)されており、聴感上の「高さ」を調整することはできません。またシネマDSP<3Dモード>再生の効果は、フロントプレゼンススピーカー設置時に最大限に発揮されます。
*2:3D映像信号のパススルーはフレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトムの各方式に対応しています。


【RX-A1010主な特長】

高音質、臨場感、操作性、そのすべてがAVENTAGEクオリティ。
シネマDSP<3Dモード>&ネットワーク機能搭載の7.1chスタンダードモデル。

『RX-A1010』は、AVENTAGE基準の高度な基本性能を7.1ch構成に凝縮し、内蔵のVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能との組み合わせによってプレゼンススピーカーなしでのシネマDSP<3Dモード>再生を実現するスタンダードモデルです。音の純度を極めたD.O.P.G.コンセプトやリジッドボトムフレーム装備の制振・高剛性シャーシ、3回路分離型パワーサプライなどの音質最優先設計を上級機から継承するとともに、専用iPhoneアプリによる快適なコントロールや高音質のネットワークオーディオ再生にも対応。AVレシーバーの新たな利用価値をふんだんに盛り込みました。

●リジッドボトムフレームを採用した左右対称コンストラクションの制振・高剛性シャーシ●高速熱帰還型パワートランジスターと大容量制振ヒートシンクを採用した左右分離構造の高音質110W/7chパワーアンプ(数値は6Ω定格出力、20Hz~20kHz、0.06%THD、2ch同時駆動時)●D.O.P.G.コンセプト●ウルトラロージッターPLL回路●3回路分離型パワーサプライ●A.R.T. Wedge●AVENTAGE専用アルミフロントパネル●フロントプレゼンススピーカーを設置しなくてもシネマDSP<3Dモード>が楽しめる*1VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能●シネマDSP<3Dモード>用のフロントプレゼンススピーカーと、通常配置7.1ch再生用のサラウンドバックスピーカーを自動切り換えできるデュアル7.1ch対応●パワーアンプアサイン●マルチポイント計測(最大8ヶ所)に対応した視聴環境最適化システムYPAO●アダプティブDSPレベル&アダプティブDRC技術●サイレントシネマ●ハイグレード仕様アップスケーラーを新搭載した高品位映像処理回路●3D映像伝送*2やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した8入力/2出力(うち前面1)の最新HDMI端子●HDMIコントロールoff、スタンバイスルーoff時の待機時消費電力0.25W以下の省電力設計●オートパワーダウン●iPhone/iPod touchやAndroid端末から本機の操作が行える「AV CONTROLLER」対応●パソコンのウェブブラウザー経由で本機の操作が行える「ウェブコントロールセンター」対応●ピュアオーディオグレードのネットワーク機能●新GUI画面と「SCENE PLUS(シーンプラス)」●操作性と視認性に優れたリモコン●iPodのデジタル音声接続にも対応した前面USB端子●別売iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」対応●別売iPod用ユニバーサルドック「YDS-12」対応●別売Bluetooth®オーディオレシーバー「YBA-10」対応●マルチルーム(ZONE)機能●40局プリセット対応FM/AMチューナー●MM対応フォノイコライザー

*1:VPS機能を使用したシネマDSP<3Dモード>再生時、仮想のフロントプレゼンススピーカー位置は最適値に設定(固定)されており、聴感上の「高さ」を調整することはできません。またシネマDSP<3Dモード>再生の効果は、フロントプレゼンススピーカー設置時に最大限に発揮されます。
*2:3D映像信号のパススルーはフレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトムの各方式に対応しています。


<RX-A3010/2010/1010機能比較>

型番 RX-A3010 RX-A2010 RX-A1010
筐体 左右対称コンストラクション
ダブルボトムコンストラクション
H型クロスフレーム
リジッドボトムフレーム
A.R.T. Wedge
鋳鉄製レッグ
オーディオ回路 内蔵パワーアンプ チャンネル数 9ch 9ch 7ch
DAC トータル11.2ch分
DSD1796 2ch DAC×4他
トータル9.2ch分
PCM1789 2ch DAC×4他
トータル7.1ch分
PCM1789 2ch DAC×4
ブロックケミコン容量 18,000μF×2 12,000μF×2 12,000μF×2
D.O.P.G.コンセプト
ウルトラロージッターPLL回路
デュアルオーディオクロック(ネットワークオーディオ用)
高速熱帰還型パワートランジスター
シネマDSP シネマDSP HD3/<3Dモード> ○/○ -/○ -/○
最大拡張ch数 11.2ch 9.2ch 7.1ch
VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)
HDオーディオ対応 *
YPAO YPAO-R.S.C
DSPエフェクトレベルノーマライズ
マルチポイント計測(8地点)
角度計測
ネットワークレシーバー機能 FLAC対応(96kHz/24bit)
Windows7 & DLNA1.5対応
USBサポート(96kHz/24bit)
ウェブブラウザーコントロール
PCバックアップ
映像処理回路 HQV Vida™ビデオプロセッサー
アップスケーリング・動き適応I/P変換
マルチケイデンス検出
オートコントラスト強調
オートリゾリューションエンハンス
  ディテール強調 調整可能 オート 固定
  エッジ強調 調整可能 オート
オートノイズリダクション
  モスキートノイズリダクション

調整可能 オート
  ブロックノイズリダクション 調整可能 オート
  テンポラルノイズリダクション 調整可能 オート
専用アプリケーション iPhone、Android端末向けアプリ
「AV CONTROLLER」

*DTS-HD Master Audio、またはDTS-HD High Resolution Audio音声の再生時にシネマDSPをONにした場合、通常のDTSフォーマットでデコードされます。

(シリーズ各モデルの相違点)

●筐体
5番目の脚「A.R.T.Wedge」、左右対称コンストラクションとリジッドボトムフレームによる制振・高剛性シャーシを3機種ともに採用。これに加えて『RX-A3010/A2010』にはH型クロスフレームも採用しています。さらに『RX-A3010』では底板を二重にしたダブルボトム構造と鋳鉄製レッグを追加してさらなる音質チューニングを行なっています。

●オーディオ回路
高速熱帰還トランジスターと新設計の大容量制振ヒートシンク(『RX-A3010/A2010』はブラックアルマイト仕上げ)を採用した左右独立構成*のディスクリート構成パワーアンプ、D.O.P.G.コンセプトなどの基本構成は3機種共通ですが、音質対策パーツは3機種それぞれに異なっています。内蔵パワーアンプのチャンネル数および定格出力は『RX-A3010』が150W/9ch、『RX-A2010』が140W/9ch、『RX-A1010』が110W/7chです。電源部は全機種に新設計の3回路分離型パワーサプライを採用、電源用カーボンシース・ブロックケミコン容量は『RX-A3010』が18,000μF、『RX-A2010/A1010』が12,000μFです。『RX-A3010』のD/Aコンバーター部はDSDダイレクト入力対応のバーブラウンDSD1796を主要7ch分に搭載した特別仕様としています。
*センターch用パワーアンプは左側パワーユニットに搭載

●シネマDSP
シネマDSP<3Dモード>を3機種ともに採用。『RX-A3010/A2010』ではすべてのHDコンテンツでシネマDSPを使用できます。さらに『RX-A3010』には最大9.2chスピーカー出力または最大11.2chプリアウトのシネマDSP HD3(エイチディ キュービック)を、また『RX-A2010』には最大9.2chパワーアンプ出力によるフルスペックのシネマDSP<3Dモード>を搭載しています。フロントプレゼンススピーカーなしでシネマDSP<3Dモード>再生を手軽に楽しめるVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)は『RX-A1010』を含む3機種ともに採用しています。

●YPAO
部屋の初期反射音を厳密に計測してスピーカーの設置位置の違いなどによるチャンネル間の音質・音場偏差を補正するYPAO-R.S.C.と、再生環境の残響特性に応じてシネマDSP効果を最適化するDSPエフェクトノーマライズを『RX-A3010/A2010』に搭載。さらに『RX-A3010』では、スピーカーの設置場所(リスニングポイントとスピーカーとの位置関係)に応じてシネマDSP効果の補正を行うスピーカー角度計測にも対応しています(三叉型マイクスタンド付属)。最大8地点のマルチポイント計測は3機種ともに採用しています。

●映像処理回路
最先端のIDT HQV Vida™ビデオプロセッサー、VHD1900を『RX-A3010/A2010』に搭載。さらに『RX-A3010』では6項目の映像補正パラメーターを自動調整、またはユーザー自身で微調整することができます(『RX-A2010』では自動調整のみ)。


<RX-A3010/2010/1010主な仕様>

型番 RX-A3010 RX-A2010 RX-A1010
実用最大出力(非同時駆動、JEITA
6Ω)
フロント L/R 230W/ch L/R 220W/ch L/R 170W/ch
センター 230W 220W 170W
サラウンド L/R 230W/ch L/R 220W/ch L/R 170W/ch
サラウンドバック L/R 230W/ch L/R 220W/ch L/R 170W/ch
フロントプレゼンス L/R 230W/ch L/R 220W/ch
音声入力 アナログ 10系統 RCA 2ch (前面入力1、PHONO1含む)
1系統 マルチチャンネル(7.1ch)
デジタル 7系統 光 4 (前面入力1)
同軸 3
音声入力(その他) 3系統 DOCK 1、USB 1、Ethernet 1
映像入力 15系統 コンポーネントビデオ 4
D4端子 1
Sビデオ 5 (前面入力1)
コンポジットビデオ 5 (前面入力1)
音声出力 スピーカー出力 7ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバック/バイアンプL/R)
拡張 スピーカー出力 4ch:フロントプレゼンス/Zone2/Zone3/BI-AMP
リアプレゼンス/Zone2/Zone3
4ch:フロントプレゼンス/Zone2/Zone3/BI-AMP
リアプレゼンス/Zone2/Zone3
2ch:フロントプレゼンス/Zone2/BI-AMP  
PRE OUT 11ch :
フロントL/R、
センター、サラウンドL/R、
サラウンドバックL/R、
フロントプレゼンスL/R (Zone2と排他)
リアプレゼンスL/R (Zone3と排他)
サブウーファー OUT 2
(STEREO、FRONT&REAR、MONO×2)
7ch :
フロントL/R、
センター、サラウンドL/R、
サラウンドバックL/R

サブウーファー OUT 2
(STEREO、FRONT&REAR、MONO×2)
7ch :
フロントL/R、
センター、サラウンドL/R、
サラウンドバックL/R

サブウーファー OUT 2
(MONO×2)
その他の音声出力 AV OUT 2(アナログRCA 2ch 1/光1)
Zone2 OUT 1
Zone3/R,PRNS Pre OUT 1
AV OUT 2(アナログRCA 2ch 1/光1)
Zone2 OUT 1
Zone3 OUT 1
AV OUT 2(アナログRCA 2ch 1/光1)
Zone2 OUT 1
モニター
出力端子
MONITOR OUT/
ZONE OUT
3系統 コンポジットビデオ 1
Sビデオ 1
コンポーネントビデオ 1
映像
出力端子
AV OUT 2系統 コンポジットビデオ 1
Sビデオ 1
HDMI入力 8 (前面入力1)
HDMI出力 2 (同時出力可)
HDMIアップスケーリング 1080p対応
シネマDSPプログラム数 23 23 17
消費電力 280W 280W 275W
待機時消費電力 HDMIコントロールoff、スタンバイスルーoff時 0.25W以下 HDMIコントロールoff、
スタンバイスルーoff時 0.25W以下
HDMIコントロールoff、スタンバイスルーon時 2.0W以下 HDMIコントロールoff、
スタンバイスルーon時 1.7W以下
HDMIコントロールon、スタンバイスルーon時 2.7W以下 HDMIコントロールon、
スタンバイスルーon時 2.0W以下
寸法(幅×高さ×奥行) 435W×192H×467Dmm 435W×192H×467Dmm 435W×182H×432Dmm
質量 19.9kg 17.1kg 15.1kg
付属品 リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、YPAO測定用マイク、三叉型マイクベース、電源ケーブル(極太OFCタイプ) リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、YPAO測定用マイク、電源ケーブル リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、YPAO測定用マイク、電源ケーブル

お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back