YAMAHA News Release
お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


ネットワーク機能とシネマDSP<3Dモード>を搭載した、高音質志向の7.1ch AVレシーバー。

ヤマハ AVレシーバー 『RX-V771』

ヤマハ AVレシーバー 『RX-V771』 ヤマハ AVレシーバー 『RX-V771』
希望小売価格<税込>89,250円(本体価格85,000円)

※RX-V771の画像データは下記プレスサイトよりダウンロードできます。
http://press.yamaha.co.jp

2011年6月15日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、ホームシアターの楽しさと使いやすさをさらに高めるネットワーク機能や、最新のシネマDSP<3Dモード>を搭載した高音質設計の7.1ch AVレシーバー、「RX-V771」を7月下旬より全国で発売いたします。


<価格と発売時期>

品名 モデル名 希望小売価格<税込> 当初月産
予定台数
発売時期
AVレシーバー RX-V771 (B)ブラック
(N)ゴールド
89,250円
(本体価格85,000円)
11,000台 7月下旬

<製品の概要>

Wi-Fiや無線LANルーターの普及など家庭内ネットワークインフラの整備が進むにつれ、ネットワーク接続に対応することで新たな付加価値を持つようになったデジタル製品が増えています。こうしたなかで、今回発売する「RX-V771」には定評ある高音質設計やシネマDSP<3Dモード>の自然な臨場感はそのままに、Windows7&DLNA*1.5準拠のネットワーク機能を搭載。ホームシアターの新たな可能性を提案する、7.1ch AVレシーバーとして完成させました。このネットワーク機能を使えば、ネットワーク上にある音楽ライブラリーを高音質で再生できるだけでなく、お手持ちのiPhone/iPod touchやパソコンからも電源のON/OFFなどの基本操作をはじめ、シネマDSPのプログラム選択も画面上のグラフィカルな表示で直感的に操作することができます。25周年を迎えたシネマDSP技術の最新成果を余すことなく投入することで、ネットワークとシネマDSPの価値ある融合が生まれました。

*DLNA(Digital Living Network Alliance):家庭内のネットワーク規格



RX-V771

【RX-V771 主な特長】

  1. Windows7&DLNA1.5準拠、96kHz/24bit再生も楽しめるネットワーク機能。
  2. iPhone/iPod touch/iPadや、パソコンからのリモート操作を実現。
  3. より鮮明でダイナミックな、S/N感の高い再生音を追求した音質最優先の基本設計。
  4. 高い利便性と節電性能を両立した、6入力/2出力のHDMI端子を装備。
  5. 動作状態が分かるステータスバー表示を加え、使いやすく進化したオンスクリーンディスプレイ。
  6. 空間の「高さ」方向の音場感もリアルに再現するシネマDSP<3Dモード>&VPS機能。

<RX-V771 主な特長>

1.Windows7&DLNA1.5準拠、96kHz/24bit再生も楽しめるネットワーク機能。
Windows7&DLNA1.5に準拠のネットワーク機能を搭載。パソコンやNAS(ネットワークに接続して使えるハードディスク)にストックしている音楽コンテンツ、インターネットラジオなどが楽しめます。MP3やAACなどの汎用性の高い音声フォーマットはもちろん、ハイビット/ハイサンプリングによる高品位音声を実現するFLACにも対応しており、CDの音質を上回る96kHz/24bit音源再生が可能です。また、インターネットラジオを快適に聴取できるvTunerもサポートしています。さらに、パネル前面にはUSBフラッシュメモリーはもちろん、iPhone/iPod*をダイレクトにデジタル接続できるUSB入力端子を装備。音質劣化を抑えた高品位再生と、本機のリモコンからのiPhone/iPod操作を実現しました。

*iPod classic、iPod nano(第2~6世代)、iPod touch、iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone 4に対応しています。
Windows7&DLNA1.5準拠、96kHz/24bit再生も楽しめるネットワーク機能。
2.iPhone/iPod touch/iPadや、パソコンからのリモート操作を実現。
本機を家庭内ネットワークに接続*1することで、iPhoneやパソコンを利用した快適操作が行えます。App Storeから無償でダウンロードできる、日本語対応の専用App「AV CONTROLLER*2」をインストールすれば、iPhoneやiPod touch、iPadから本機をコントロール可能。電源のON/OFF、ボリューム調節、入力ソースの切り換えなどの基本操作をはじめ、シネマDSPの豊富な音場プログラムの利用やZONE(マルチルーム)の選択まで、さまざまな操作が視聴時の暗い室内でも直感的に行えます。さらに、ウェブブラウザー*3経由での操作を実現する、ウェブコントロールセンターも搭載。パソコン画面上のグラフィカルな表示で、快適にAVレシーバーを操れます。

*1:本機と無線LANルーターとの有線接続が必要です。 *2:iOS 4.0以降がインストールされたiPod touch(第3世代以降)/iPhone 3GS以降/iPadに対応。 *3:動作確認済みウェブブラウザーは、Internet Explorer 7.0以降です。
iPhone/iPod touch/iPadや、パソコンからのリモート操作を実現。
3.より鮮明でダイナミックな、S/N感の高い再生音を目指した音質最優先の基本設計。
「ワイドレンジで高解像度な、本格派の高音質」という評価をいただいた前モデル(RX-V767)を踏襲しながら、高音質オペアンプやカスタムオーダーによるポリプロピレンコンデンサー、抵抗器など、アンプ回路の構成部品をリスニングテストに基づいて再選定しました。電源部では、FLディスプレイ用電源をメイントランスから独立させることでさらなるノイズ低減に成功。外部機器からのジッター侵入を阻止して高音質を守る、ロージッターPLL回路も採用しています。これらの音質最優先設計によって、あらゆるコンテンツをより鮮明でダイナミックな、S/N感の高い再生音でお楽しみいただけるようになりました。さらにネットワーク部には、デジタル信号の精度を向上させるデュアルオーディオクロック(44.1/88.2kHz用と48/96kHz用の個別クロック)を新搭載。ネットワークオーディオ再生のさらなる高音質化に貢献しています。
より鮮明でダイナミックな、S/N感の高い再生音を目指した音質最優先の基本設計。
4.高い利便性と節電性能を両立した、6入力/2出力のHDMI端子を装備。
高い利便性と節電性能を両立した、6入力/2出力のHDMI端子を装備。
HDMIによるリンク機能が標準搭載となりつつある現代のホームシアターシステム事情を考慮し、スタンバイスルーON時でも待機時消費電力を2.0W以下(スタンバイスルーOFF時0.1W以下)と大幅に低減しました。また、本機の電源をONにしなくても、付属リモコンから直接HDMI入力を切り換えられる「スタンバイインプットセレクト機能」を搭載。スタンバイスルーON時にはHDMIセレクターとして使用できます。また、他社製テレビやレコーダーなどとのリンク機能*1も搭載し、音量調整や入力ソースの切り換えなど、本機の基本操作をテレビ用のリモコンから行えます。特に、東芝製テレビ「REGZA」の一部機種*2では、「REGZA」のリモコンで本機のオンスクリーンディスプレイの操作まで可能です。HDMI端子は、前面1系統を含む入力6系統、出力2系統(同時出力可)と豊富に装備。増え続けるHDMI機器にも余裕をもって対応できます。
HDMI前面入力

*1:HDMIによるリンク機能は、本機~対応テレビ間(レコーダー含む)をHDMI接続した場合に実現するものです。対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。 *2:対応機種は当社ホームページでご確認ください。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/connect/hdmi_cec/
5.動作状態が分かるステータスバー表示を加え、使いやすく進化したオンスクリーンディスプレイ。
動作状態が分かるステータスバー表示を加え、使いやすく進化したオンスクリーンディスプレイ。
再生中の映像へのオーバーレイ表示やアルバムアート表示、シンプルで視認性に優れた日本語対応オンスクリーンディスプレイがさらに進化。AVレシーバーの動作状態(選択中の入力ソース、シネマDSPモード、フォーマット&デコードモード、音量)が画面の上下端に表示されるステータスバーを新採用したほか、ネットワークコンテンツのブラウズも実現しました。また、ショートメッセージのON/OFF機能も追加。ボリューム操作時などに表示されるショートメッセージをOFFにできるため、映画などの字幕を隠すことなく快適に視聴できます。
6.空間の「高さ」方向の音場感もリアルに再現するシネマDSP<3Dモード>&VPS機能。
空間の「高さ」方向の音場感もリアルに再現するシネマDSP<3Dモード>&VPS機能。
音場に「高さ」方向のデータを加え、プレゼンススピーカーを使って立体的なサラウンド空間を再現するシネマDSP<3Dモード>を搭載。映画向けプログラムでは画面に引き込まれるような立体感を、また音楽向けプログラムでは天井や床の反射音までも感じさせる生々しい臨場感が満喫できます。さらに、フロントスピーカーの上部にフロントプレゼンススピーカーを配置することで実現していたシネマDSP<3Dモード>を、通常の7.1chまたは5.1chスピーカー構成でお楽しみいただけるVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能も装備。スピーカーの設置において導入の敷居が高かった3Dモードを、より手軽に体感できます。また、シネマDSP音場プログラムは、圧縮音声を高音質再生するミュージックエンハンサーと組み合わせて使用できるため、地デジやBSデジタルの5.1ch放送やインターネットラジオ放送、iPodやパソコンにストックした圧縮音楽ファイルなども臨場感豊かに楽しめます。

【その他の特長】
●3D映像伝送*やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した最新HDMI●一定時間使用しないと自動的に電源が切れる「オートパワーダウン」●サラウンドフォーマットに応じてフロントプレゼンススピーカーまたはサラウンドバックスピーカーを自動選択するデュアル7.1ch対応●部屋に合わせた最適な音響特性を高精度に実現できるマルチポイント計測対応の視聴環境最適化システムYPAO●音量調整に合わせて<シネマDSP>の効果やダイナミックレンジを自動的に調整するアダプティブDSPレベル&アダプティブDRC技術●サラウンド再生がお手持ちのヘッドホンで楽しめるサイレントシネマ●動き適応型3次元I/P変換、3:2/2:2プルダウン検出、マルチケイデンス検出などを装備した充実のデジタル映像処理回路●フロントバイアンプ駆動などが選択できるパワーアンプアサイン●4つのSCENEボタンで入力ソースや音場プログラムの組み合わせをワンタッチで選択でき、HDMI CEC対応機器との連携も実現するシーンワンタッチプレイ●別売iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」対応●別売iPod用ユニバーサルドック「YDS-12」対応●マルチルーム(ZONE)機能●40局プリセット対応FM/AMチューナー

*3D映像信号のパススルーはフレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトムの各方式に対応しています。

<RX-V771主な仕様>

実用最大
出力
(JEITA、6Ω)
フロント L/R 160W/ch
センター 160W
サラウンド L/R 160W/ch
サラウンドバック L/R 160W/ch
音声入力 アナログ 6系統 コンポジット 6 (V-AUX、Phono入力含む)
デジタル 4系統 光 2
同軸 2
音声入力(その他) 3系統 DOCK 1、USB 1、ネットワーク 1
映像入力 8系統 コンポーネント 2
D端子 1
コンポジット 5
音声出力 SP OUT 7ch(フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバック/バイアンプL/R)
拡張SP
OUT
2ch(Zone2/プレゼンス)
ライン出力 1(AV OUT)
1(AUDIO OUT)
1(Zone2 OUT)
PRE OUT 7.1ch
(フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R、サブウーファー(MONO)×2)
映像出力 3系統 MONITOR OUT コンポーネント 1
コンポジット 1
AV OUT コンポジット 1
HDMI入力 6 (前面入力1)
HDMI出力 2 (同時出力可)
HDMIアップスケーリング 1080p対応
シネマDSP プログラム数 17
消費電力 220W
待機時消費電力 HDMI コントロール/スタンバイスルーON時 2.0W以下
HDMIコントロール/スタンバイスルーOFF時 0.1W以下
寸法(幅×高さ×奥行) 435W×171H×367.5D mm
質量 11.22kg
付属品 リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、
オプティマイザーマイク、電源コード、前面入力端子保護キャップ
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back