YAMAHA News Release
お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


ヤマハルーターがNTT東日本/NTT西日本の
フレッツ 光ネクストにおけるインターネット(IPv6 PPPoE)接続に対応

2011年6月6日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1, 社長:梅村充)は、わが国のインターネット時代の幕開けからルーターを開発してまいりました。2001年には早くもIPv6機能を開発、実装しており、以来すべてのヤマハルーターでIPv6機能を標準搭載し、IPv6対応を積極的に推進してまいりました。この3月にはIPv6対応ルーターの累計出荷台数160万台を達成しました。

2011年4月には、JPNIC(Japan Network Information Center)からもIPv4アドレスの在庫がなくなり通常の割り振りを終了することが公表されており、IPv6への移行が喫緊の課題になっております。

弊社は、IPv4/IPv6の双方に10年間対応してきた実績に加え、今後主流となる様々な接続方式を含む「IPv6インターネット接続」、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と西日本電信電話株式会社(NTT西日本)によるIPv6を用いたサービスに積極的に対応してまいります。

なお、2011年6月8日(水)~10日(金)に幕張メッセで開催されるInterop Tokyo 2011に出展(住商情報システム/ヤマハブース、ブース番号:5B17)し、ヤマハルーターのIPv6への取り組みなどをご紹介いたします。


<ヤマハIPv6対応の歩み>

1998年 WIDEプロジェクト及び東京工業大学との共同研究を開始。
2001年6月 IPv6対応正式版ファームウェアを公開
2002年1月 IPv6を標準搭載したRTW65iを発売
2002年7月 IPv4/IPv6デュアルスタックサービス対応
2004年6月 RTX1000 IPv6 Ready Logo Phase-1を取得
2004年9月 RA Proxy対応/DTCP対応
2005年3月 MLDv1/MLDv2/MLD Proxyをサポート
2010年6月 フレッツ 光ネクストにおけるひかり電話の基本サービス「データコネクト」に対応
2011年3月 IPv6対応ルーター累計出荷台数が160万台達成
2011年5月 RTX1200 IPv6 Ready Logo Phase-2を取得
2011年6月末 RTX1200を筆頭にNTT東日本/NTT西日本のフレッツ 光ネクストにおけるインターネット(IPv6 PPPoE)に順次対応予定
*文中に記載の製品名・サービス名等固有名詞は、各社の登録商標または商標です。

お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back