YAMAHA News Release
お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


最新のシネマDSPを搭載。優れた操作性も実現した、5.1ch AVレシーバー。

ヤマハ AVレシーバー 『RX-V471』

6系統のHDMI入力やアップコンバージョンなど、ワンランク上の機能を搭載した7.1ch AVレシーバー。

ヤマハ AVレシーバー 『RX-V571』

薄型テレビにマッチする、コンパクトな5.1chシアタースピーカーパッケージ。

ヤマハ スピーカーパッケージ 『NS-P285』

NS-P285のフロント/サラウンドスピーカーを美しく設置できる、省スペース・伸縮式スタンド。

ヤマハ スピーカースタンド 『SPS-90』

ヤマハ AVレシーバー 『RX-V471』 ヤマハ AVレシーバー 『RX-V471』
希望小売価格<税込>49,350円(本体価格47,000円)

※RX-V471の画像データは下記プレスサイトよりダウンロードできます。
http://press.yamaha.co.jp

2011年4月27日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、最新版の独自音場創成技術シネマDSPを搭載し、優れた操作性も追求したAVレシーバー「RX-V471」「RX-V571」を、6月中旬より全国で発売いたします。また、薄型テレビにマッチするコンパクトな5.1chシアタースピーカーパッケージ「NS-P285」、および専用スピーカースタンド「SPS-90」を、同じく6月中旬より全国で発売いたします。


<価格と発売時期>

品名 モデル名 希望小売価格<税込> 当初月産
予定台数
発売時期
AVレシーバー RX-V471 (B)ブラック 49,350円
(本体価格47,000円)
25,000台 6月中旬
AVレシーバー RX-V571 (B)ブラック 61,950円
(本体価格59,000円)
15,000台 6月中旬
スピーカーパッケージ NS-P285 (B)ブラック 30,450円
(本体価格29,000円)
5,000台 6月中旬
スピーカースタンド SPS-90 (B)ブラック 15,750円
(本体価格15,000円・2台1組)
500台 6月中旬

<製品の概要>


薄型大画面テレビの急速な普及に伴って、HD(高品位)コンテンツの再生や、便利なHDMI機能へのニーズが高まっています。今回発売する「RX-V471」「RX-V571」は、そのような市場の要求に応えつつ、使いやすさをいっそう高めたエントリークラスのAVレシーバーです。「DSP-1」誕生から25周年を迎え、さらに進化を続ける音場創成技術シネマDSPには、プレゼンススピーカーの追加なしでシネマDSP〈3Dモード〉が楽しめるVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を搭載。Blu-ray Discや地上デジタル放送を、より臨場感豊かに楽しめます。さらに他社製テレビとのリンク機能や日本語でのオンスクリーンディスプレイなど、優れた操作性も実現しました。また、同時発売の「NS-P285」は、「RX-V471」などとの組み合わせ使用に適したコンパクトな5.1chシアタースピーカーパッケージ、「SPS-90」は、その専用スピーカースタンドです。

【RX-V471、RX-V571主な共通特長】

  1. VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)など、最新のシネマDSPを搭載。
  2. 日本語のオンスクリーンディスプレイなど、テレビとの連携による快適操作。
  3. 待機時の消費電力を低減しながらも、使いやすさを考慮。進化した省エネ設計。
  4. iPod / iPhoneをデジタル接続し高音質で楽しめる、前面USB端子を搭載。

【RX-V571主な特長】

  1. 7.1chサラウンド再生や、フロント2chバイアンプ再生にも対応した7chパワーアンプ。
  2. さまざまな映像入力をHDMIケーブル1本で出力。アップコンバージョン機能を搭載。
  3. ビデオカメラなどの接続に便利なフロントHDMI端子1系統を含む、計6系統のHDMI入力端子。

【NS-P285、SPS-90主な特長】

  1. 薄型テレビにマッチする、コンパクトなフロント/サラウンド/センタースピーカー。
  2. サイズを超えたクリアな重低音再生を実現する、ヤマハ独自のA-YST方式サブウーファー。
  3. NS-P285のフロント/サラウンドスピーカーを美しく設置できる、専用スピーカースタンド。

<RX-V471、RX-V571 主な共通特長>

1.VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)など、最新のシネマDSPを搭載。
これまでプレゼンススピーカーが必要だったシネマDSP〈3Dモード〉を、通常の5.1chスピーカー構成で実現。立体的なサラウンド空間を再現するVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を、このクラスとして初めて搭載しました。また、デジタルテレビ放送やiPodなどの圧縮音声を表情豊かに再現するミュージックエンハンサー機能と、シネマDSPとの併用にも対応。さらに(株)スクウェア・エニックスとの技術交流により、ゲームのあらゆるシーンにおいてBGM/効果音/キャラクターのセリフを印象的に演出して臨場感を高めるゲーム音場も搭載するなど、多彩なコンテンツをシネマDSPの臨場感とともにお楽しみいただけるようになりました。
2.日本語のオンスクリーンディスプレイなど、テレビとの連携による快適操作。
シンプルで視認性に優れた日本語でのオンスクリーンディスプレイを採用。多彩な機能を、テレビ画面で確認しながら容易に操作することができます*1。また、他社製テレビやレコーダーなどとのリンク機能*2も搭載し、音量調整や入力ソースの切り替えなど、本機の基本操作をテレビ用のリモコンから行えます。特に、東芝製テレビ「REGZA」の一部機種*3では、「REGZA」のリモコンで本機のオンスクリーンディスプレイの操作まで可能です。さらに、映像ソースや音場プログラムなどの、よく使う組み合わせをワンタッチで呼びだせる「SCENE」ボタンを装備。映像ソースとして指定したテレビやレコーダーも連動して起動できる、便利な機能です。

*1:オンスクリーンディスプレイの表示には、テレビとのHDMI接続が必要です。
*2:HDMIによるリンク機能、ならびに「SCENE」ボタンでの電源投入は、本機~対応テレビ間(レコーダー含む)をHDMI接続した場合に実現するものです。対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。
*3:対応機種は当社ホームページでご確認ください。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/connect/hdmi_cec/
3.待機時の消費電力を低減しながらも、使いやすさを考慮。進化した省エネ設計。
見過ごされやすい点ですが、HDMIによるリンク機能が標準搭載となりつつある現代のホームシアターシステムでは、スタンバイスルー状態での待機時消費電力を低く抑えることが重要です。本機ではスタンバイスルー時1.2W以下(スタンバイ時0.1W以下)と、この待機時消費電力を大幅に低減。長時間にわたる電源の切り忘れを防止する「オートパワーダウン」も装備するなど、進化した省エネ設計を実現しています。また、AVレシーバーの電源をONにしなくても、付属リモコンから直接HDMI入力を切り換えられる「スタンバイインプットセレクト機能」も搭載。スタンバイスルー時にはHDMIセレクターとして使用できます。
4. iPod / iPhoneをデジタル接続し高音質で楽しめる、前面USB端子を搭載。
iPod / iPhone*をダイレクトにデジタル接続できる前面USB端子の搭載により、音質劣化を抑えた高品位再生と、本機のリモコンからのiPod / iPhone操作を実現。もちろん、USBメモリーの音楽も再生可能です。さらに別売オプションとして、iPodをリモコン感覚で操作し、かつ高音質再生が可能なiPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」、iPod内の音声/動画/写真をAVレシーバー経由で観賞できるiPod用ユニバーサルドック「YDS-12」、多くのスマートフォンから手軽にワイヤレス音楽再生が楽しめるBluetooth®オーディオレシーバー「YBA-10」も用意。お手持ちのiPod / iPhoneを、より楽しむための豊富なソリューションを提案します。

*iPod mini、iPod(第4世代)、iPod classic、iPod nano(第2~6世代)、iPod touch、iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS、iPhone4に対応しています。
【その他の特長】
●3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した最新HDMI(RX-V471はHDMI入力4系統。RX-V571はHDMI入力6系統、うち前面1系統)●HDオーディオにも対応*した最新世代のシネマDSP●部屋に合わせた最適な音響特性が簡単に得られる視聴環境最適化システムYPAO●入力ソースやボリューム位置に合わせてダイナミックレンジを自動調整し、小音量再生時にも明瞭なサウンドが楽しめるA-DRC技術●サラウンド再生がお手持ちのヘッドホンで楽しめるサイレントシネマ●40局プリセット対応FM/AMチューナー●映像入力端子と音声入力端子の組み合わせが任意に設定できるフリーアサイン●クリアでパワフルな再生音を支えるデジタル/アナログ分離設計の大容量電源部●バナナプラグ対応のスクリュー式スピーカーターミナル(全チャンネル)

*DTS-HD Master Audio/DTS-HD High Resolutionについては、コア部分のみシネマDSPを付加することができます。

<RX-V571 主な特長>

1. 7.1chサラウンド再生や、フロント2chバイアンプ再生にも対応した7chパワーアンプ。
7chパワーアンプを内蔵し、Blu-ray Discフォーマットで規定された最大7.1chのサラウンド再生を可能に。HDオーディオの高音質を理想的な環境で再現できます。またフロントバイアンプ駆動*にも対応し、5.1ch~2ch再生においてもいっそうの高音質化が実現できます。

*フロントバイアンプ駆動にはバイアンプ(バイワイヤリング)対応スピーカーシステムが別途必要です。
2.さまざまな映像入力をHDMIケーブル1本で出力。アップコンバージョン機能を搭載。
コンポーネント端子やコンポジット端子に入力された映像信号を、HDMIケーブル1本で出力できるビデオアップコンバージョンを搭載。さらに、DVDやビデオテープなどの標準(SD)画質コンテンツをHD化する、ビデオアップスケーリング(動き対応処理、3:2/2:2プルダウン検出、マルチケイデンス検出対応)にも対応。お手持ちのAV機器やソフトを有効に活かせます。
3.ビデオカメラなどの接続に便利なフロントHDMI端子1系統を含む、計6系統のHDMI入力端子。
レコーダーやプレーヤーなど、増え続けるHDMI機器にも余裕をもって対応できるよう、計6系統のHDMI入力端子を装備。うち1系統はビデオカメラレコーダーなど外部映像機器の接続に便利な前面端子としています。

<NS-P285、SPS-90 主な特長>

1.薄型テレビにマッチする、コンパクトなフロント/サラウンド/センタースピーカー。
テレビサイドに置いても邪魔にならないコンパクトなデザインで、本格的な5.1chホームシアターを手軽に実現するNS-P285。付属の卓上ミニスタンドを装着すれば、フロント/サラウンドスピーカーを棚置きできます。また、背面穴を利用した壁掛け設置にも対応するほか、別売スタンド「SPS-90」を使った床置きも可能です。
2.サイズを超えたクリアな重低音再生を実現する、ヤマハ独自のA-YST方式サブウーファー。
NS-P285のサブウーファーには、空気そのものを振動板として利用する“エア・ウーファー”の考え方に基づく独自技術、A-YST(Advanced Yamaha Active Servo Technology)方式を採用。コンパクトサイズながら豊かな重低音を再生可能です。
3.NS-P285のフロント/サラウンドスピーカーを美しく設置できる 専用スピーカースタンド。
SPS-90は、NS-P285のフロントまたはサラウンドスピーカー専用にデザインされた、2台1組のスタンドです。ベース部直径230mmの省スペース設計と、伸縮式(高さ910~1200mm、スピーカー除く)の支柱によって、スピーカーを理想的な高さに美しく設置できます。


<RX-V471/RX-V571主な仕様>

型番 RX-V471 RX-V571
実用最大
出力
(JEITA、6Ω)
フロント L/R 135W/ch L/R 135W/ch
センター 135W 135W
サラウンド L/R 135W/ch L/R 135W/ch
サラウンドバック L/R 135W/ch
音声入力 アナログ 4系統 AV5、AV6、AUDIO、V-AUX 4系統 AV5、AV6、AUDIO、V-AUX
デジタル 4系統 光 2 (AV1、AV4) 4系統 光 2 (AV1、AV4)
同軸 2 (AV2、AV3) 同軸 2 (AV2、AV3)
音声入力(その他) 3系統 DOCK 1、USB 1、ステレオミニ 1 2系統 DOCK 1、 USB 1
映像入力 9系統 コンポーネント 2 (AV1、AV2) 9系統 コンポーネント 2 (AV1、AV2)
D4ビデオ 2 (AV1、AV2) D4ビデオ 2 (AV1、AV2)
コンポジット 5
(AV3、AV4、AV5、AV6、V-AUX )
コンポジット 5
(AV3、AV4、AV5、AV6、V-AUX )
音声出力 SP OUT 5ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R) SP OUT 7ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R)
3系統 サブウーファー OUT 1 3系統 サブウーファー OUT 1
REC OUT 1(AV OUT) REC OUT 1(AV OUT)
ヘッドフォン 1 ヘッドフォン 1
映像出力 4系統 MONITOR OUT コンポーネント 1 4系統 MONITOR OUT コンポーネント 1
コンポジット 1 コンポジット 1
D4ビデオ 1 D4ビデオ 1
REC OUT コンポジット 1(AV OUT) REC OUT コンポジット 1(AV OUT)
HDMI入力 4 6(前面入力1)
HDMI出力 1 1
HDMIアップスケーリング 1080p対応
総サラウンドプログラム数 34 (シネマDSPプログラム数は17) 38 (シネマDSPプログラム数は17)
消費電力 175W 175W
待機時消費電力 HDMI コントロール/スタンバイスルー ON時
1.2W以下
HDMI コントロール/スタンバイスルー OFF時
0.1W以下
HDMI コントロール/スタンバイスルー ON時
1.2W以下
HDMI コントロール/スタンバイスルー OFF時
0.1W以下
寸法(幅×高さ×奥行) 435W×151H×363D mm 435W×151H×363D mm
質量 8.2kg 8.3kg
付属品 リモコン、電池、FM簡易アンテナ、
AMループアンテナ、オプティマイザーマイク
リモコン、電池、FM簡易アンテナ、
AMループアンテナ、オプティマイザーマイク

<NS-P285主な仕様>

  フロント/サラウンドスピーカー部 センタースピーカー部
型式 フルレンジ・密閉型(非防磁) 2ウェイ・密閉型(非防磁)
スピーカーユニット 6.5cmコーン型フルレンジ 2.5cmバランスドーム型ツイーター
6.5cmコーン型ウーファー×2
再生周波数帯域 110Hz~40kHz 110Hz~40kHz
インピーダンス
許容入力 30W 50W
最大入力 80W 100W
出力音圧レベル 81dB/2.83V,1m 84dB/2.83V,1m
クロスオーバー周波数 8kHz
外形寸法(幅×高さ×奥行) 90W×90H×109D mm
(90W×120H×123.2D mm スタンド装着時)
220W×90H×109D mm
質量 0.45 kg
(0.51 kg スタンド装着時)
1.0kg
  サブウーファー部
方式 アドバンスド・ヤマハ・アクティブ・サーボ・テクノロジー/リニアポート
スピーカーユニット 16cmコーン型(非防磁)
ダイナミックパワー 100W (5Ω)
定格出力 50W (100Hz、5Ω、10%T.H.D)
再生周波数帯域 30Hz~160Hz
入力インピーダンス 10kΩ
消費電力 45W
外形寸法(幅×高さ×奥行) 262W×264H×316D mm
質量 6.9kg
付属品 スピーカーミニスタンド×4、スピーカーミニスタンド用ネジ×4、サブウーファー用ピンケーブル(5m)×1、スピーカーケーブル(25m)×1、滑り止めパッド×4

<SPS-90主な仕様>

外形寸法(幅×高さ×奥行)

230W×910~1200H (高さ可変)×230D mm

質量

2.2kg (1台)

対応スピーカー

NS-P285 (フロント、サラウンド)専用


ヤマハ スピーカーパッケージ 『NS-P285』 ヤマハ スピーカーパッケージ 『NS-P285』
希望小売価格<税込>30,450円(本体価格29,000円)

※NS-P285の画像データは下記プレスサイトよりダウンロードできます。
http://press.yamaha.co.jp

文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back