YAMAHA News Release
お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


アナログ機材の持つ深みや奥行きをソフトウェア環境で使用可能に
■Rupert Neve DesignsのアナログサウンドをVCMテクノロジーで再現

スタインバーグ ソフトウェア
Rupert Neve Designs
『Portico 5033 plug-in』『Portico 5043 plug-in』

- 高い評価を得てきたイコライザーとコンプレッサーを再現、6月1日発売 -

スタインバーグ ソフトウェア
Rupert Neve Designs『Portico 5033 and 5043 plug-ins』
オープンプライス
2011年6月1日発売予定

2011年4月7日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、100%子会社であるSteinberg Media Technologies GmbH(本社:独・ハンブルグ市、以下スタインバーグ社)が、当社の独自技術によってRupert Neve Designs(本社:米・テキサス州、以下RND社)のアナログプロセッサー「Portico(ポルティコ)」シリーズをプラグインソフトウェア化した『Portico 5033 plug-in』『Portico 5043 plug-in』を6月1日(水)から発売します。


<価格と発売日>

品 名 品 番 価格 発売日
Portico 5033 plug-in RNDP5033 オープンプライス 6月1日(水)
Portico 5043 plug-in RNDP5043 オープンプライス
Portico 5033 and 5043 plug-ins RNDPBUNDLE オープンプライス

<製品の概要>

 当社は、電子楽器、プロフェッショナルオーディオ機器の開発を通じて、数々の独自の技術を製品化してきました。2008年には、往年の銘機と呼ばれる機器のアナログ回路の特性を素子レベルでモデリングする技術「VCMテクノロジー」を製品化しています。
 一方、デジタル・オーディオ・ワークステーション(以下DAW)ソフトウェアの登場により、音楽制作環境の多くはPCのソフトウェア上で実現できるようになってきましたが、アーティストやエンジニアの要求もより高音質かつ幅広いバリエーションが望まれています。

 このたび発売する『Portico 5033 plug-in』『Portico 5043 plug-in』は、RND社が発売している「Portico」シリーズのイコライザーとコンプレッサーを当社の「VCMテクノロジー」によってソフトウェア化し、スタインバーグ社が提唱する「VSTプラグイン」としてDAWで使用できるようにしたものです。この2つのソフトウェアを1つのパッケージにした、『Portico 5033 and 5043 plug-ins』も同時に発売します。

 詳細は以下の通りです。

<主な特長>

1.アナログ機材の持つ深みや奥行きを「VCMテクノロジー」によって表現
RND社のRupert Neve氏は、オーディオレコーディング、プロダクションの黎明期から、マイクプリアンプ、イコライザー、そして大型ミキシングコンソールなど、数多くの機器を開発してきました。アナログ機材の持つサウンドの深みや奥行きにこだわり、それらの多くは今もなおプロオーディオ、映画、放送業界の最前線で活躍しています。
その中でも代表的な「Portico 5033 EQ」と「Portico 5043 Compressor/Limiter Duo」を当社のデジタル技術「VCMテクノロジー」によってソフトウェア化したのが、『Portico 5033 plug-in』『Portico 5043 plug-in』です。
「VCMテクノロジー」は、ハードウェアのアナログ回路を素子レベルから正確にモデリングし、実機の持つ繊細かつ温かい音色をデジタルレコーディング環境にもたらします。
2.独特のトーンコントロール特性を持つ5バンドイコライザー『Portico 5033 plug-in』
『Portico 5033 plug-in』は、LF/HFシェルビング、およびLMF/MF/HMFパラメトリックの計5バンドのイコライザーです。ローを絞れば低域が引き締まり、ハイを上げても耳が痛くならずに必要な帯域が持ち上がってくる独特のトーンコントロール特性を持ちます。
EQは、バンド毎にon/off 切り替え(LMF/MF/HMF 独立、LF/HF 共通)ができるほか、All Bypass ボタンによって簡単にA/B 比較が可能です。
アナログハードウェアの再現に加え、デジタルならではのグラフィカルユーザーインターフェースを備えており、EQ 特性を視覚的にグラフ表示し、各バンドに対応した EQ ポイントをマウスでドラッグすることで周波数とゲイン値を操作できます。

3.クリアーかつパンチと温かみのあるサウンドのコンプレッサー『Portico 5043 plug-in』
『Portico 5043 plug-in』は、コンプレッサーの音色を決めるパラメーター Threshold、Ratio、Attack、Release、Gain をハードウェア同様に搭載、アナログハードウェア版と同様に、最短距離の操作で直感的にニーヴサウンドを得られます。
2つのゲインリダクションモードを持っており、ビンテージコンプレッサーで使われていた Feed Back (FB) モードでは、機器固有の色づけによって甘くスムーズなコンプレッションが、現代のコンプレッサーで主流のFeed Forward (FF) モードでは、音色変化を抑えつつ、より精度の高いコンプレッションが得られます。バイパス時にも動作する Portico 特有のインプット/アウトプットトランスフォーマーも再現しています。

4.「VST」対応DAWソフトウェアで使用可能
スタインバーグ社が開発した「VST」とは、以前ではハードウェアを使用するしかなかったシンセサイザー、エフェクター、ミキサーをソフトウェア化してコンピューターの CPU (ネイティブ処理) で再現し、それらをコンピューター内で接続させる技術のことです。現在では多くの音楽制作ソフトウェアやDAWソフトウェアが対応しています。
『Portico 5033 plug-in』『Portico 5043 plug-in』は、VST 3、VST 2.4(Windowsのみ)およびAUフォーマット(Macのみ)に対応しており、スタインバーグ社製DAWソフトウェア「Cubase」「Nuendo」など、数多くのDAWソフトウェアで使用することが可能です。

※本ソフトウェアの動作には、別売のUSB-eLicenser/Steinberg Keyが必要となります。

<主な仕様>

■ Portico 5033 plug-in 5バンドイコライザー
・ Low frequency band : 30 Hz - 300 Hz, +/- 12dB
・ Low-mid frequency band : 50 Hz - 400 Hz, +/- 12dB, filter width (Q) 0.7 - 5
・ Mid-frequency band : 300 Hz - 2.5 kHz, +/- 12dB, filter width (Q) 0.7 - 5
・ High-mid frequency band : 1.8 kHz - 16 kHz, +/- 12dB, filter width (Q) 0.7 - 5
・ High-frequency band : 2.5 kHz - 25 kHz, +/- 12dB
■ Portico 5043 plug-in コンプレッサー
・ Threshold : -50 dB - 0 dB
・ Ratio : 1.1:1 - Limit (8:1 以上)
・ Attack : 20ms - 75ms
・ Release : 100ms - 2.5s
・ Gain : -6dB - +20 dB

<動作環境>

  Macintosh Windows
対応OS Mac OS X 10.5.8、10.6(32bit/64bit対応)
Windows XP Professional (SP2 以降)、
Windows XP Home Edition (SP2 以降)、
Windows Vista (32bit / 64bit)、
Windows 7 (32bit / 64bit)
CPU Intel Core プロセッサー
(Intel Core Duo以上を推奨/PowerPC非対応)
2GHz 以上のプロセッサー
(Dual Core プロセッサー推奨)
必要メモリー 1GB 以上 1GB 以上
ハードディスク空き容量 50MB 以上の空容量 50MB 以上の空容量
オーディオデバイス Core Audio 対応デバイス Direct X、またはASIO対応デバイス
(ASIO対応デバイスを強く推奨)
ディスプレイ 1280×800 ピクセル以上 - フルカラー 1280×800 ピクセル以上 - フルカラー
その他 ・USB-eLicenser/Steinberg Key (別売)が必要
・USB端子: USB-eLicenser (コピープロテクトデバイス)接続用
・インターネット接続環境 (ライセンスアクティベーション、ユーザー登録、ソフトウェアおよびドライバ類のアップデータ・ダウンロード用)
・USB-eLicenser/Steinberg Key (別売)が必要
・USB端子: USB-eLicenser (コピープロテクトデバイス)接続用
・インターネット接続環境 (ライセンスアクティベーション、ユーザー登録、ソフトウェアおよびドライバ類のアップデータ・ダウンロード用)
*上記の動作環境・推奨環境を満たしている場合でも、全てのコンピューターにおける動作を保証するものではありません。
*リアルタイム演奏を行うためには、レイテンシーを低く設定できるオーディオデバイスが必要です。
*コンピューターの総合的な性能によりパフォーマンスに違いがあります。
*文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back