YAMAHA News Release
お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


■思いつくメロディを入力するだけで簡単に曲名が検索できる

新開発のメロディ入力曲名検索サービス『弾いちゃお検索』を
「ぷりんと楽譜」でトライアルサービス開始

~2月14日よりヤマハミュージックメディアの「ぷりんと楽譜」で開始~
2011年2月14日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、当社が独自に開発したメロディ入力による曲名検索サービス『弾いちゃお検索』を、株式会社ヤマハミュージックメディア(以下、YMM)が運営する楽譜ダウンロード販売サイト「ぷりんと楽譜」(http://www.print-gakufu.com/)において、その販売促進を目的にトライアルサービスを開始します。
 なお、今回のトライアルサービスにおいて、その機能の使い勝手や効果を検証し、今後の開発にフィードバックしてまいります。


<『弾いちゃお検索』について>

 『弾いちゃお検索』は、ヤマハが新規に開発した「Melody Search API(Application Programming Interface)」というMIDIベースのメロディ検索技術を利用した、単音メロディ入力による曲名検索サービスです。メロディを入力すると、メロディデータベース(現在2万曲、今後拡充予定)の中から曲名を検索し、結果を返します。メロディは最低4つの音を入力すれば、弾かれた一音ごとにそれぞれ検索を行い、曲の候補を徐々に絞り込みます(インクリメンタル検索)。リズムは関係なく、曲のどこの部分のメロディを弾いても、どの調で弾いても、検索を行うことができます。
 インクリメンタル検索の概念図
インクリメンタル検索の概念図

<「ぷりんと楽譜」への展開>

 「ぷりんと楽譜」は、YMMが運営する楽譜ダウンロード販売サイトです。欲しい楽曲を一曲単位でいつでもネットで簡単に購入ができます。「ぷりんと楽譜」では、既に楽譜を検索するための様々な方法が提供されていますが、今回「ぷりんと楽譜」の販売促進およびサービス向上を目的に、メロディを弾いて楽譜を探せる『弾いちゃお検索』を使った機能をトライアルサービスとして追加しました。自分の覚えているメロディのフレーズを弾くだけで楽譜を検索することができるので、従来メロディは分かるけれども曲名が分からず、楽譜の購入をあきらめていた利用者により訴求を図ることが期待できます。
 利用者は「ぷりんと楽譜」トップページの「メロディを弾いて探す」アイコンをクリックすると、『弾いちゃお検索』ページに入ります。その画面上の鍵盤にメロディを入力すると、メロディデータベースと照合し、曲名とアーティスト名を検索結果として返します。「ぷりんと楽譜」内に該当する楽譜がある場合、検索結果の楽譜アイコンをクリックすることで、楽譜のページへ移動することができます。
 なお、『弾いちゃお検索』が利用できるトライアルサービスは2011年7月末までの期間限定の予定で、その後これらの機能の使い勝手や効果などを検証し、今後の開発にいかしてまいります。
サービス概要図
サービス概要図
弾いちゃお検索画面
弾いちゃお検索画面

<Melody Search APIの展開>

 今後は、ユーザーが曖昧な記憶をもとに入力をした場合でも探している曲をヒットさせたり、複音(和音)入力にも対応させたりするなど、使い勝手をさらに向上させる技術開発を行っていきます。
 将来的には、楽器を演奏することで楽譜や他のユーザーが弾いた演奏の検索できたり、さらには楽器を通して直接様々な音楽メディア、例えばYouTube等に上がっている演奏動画や着メロのダウンロードサイト等へ誘導したりするなど、楽器を通してユーザーの音楽体験を豊かにするための応用展開を進めていきます。
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back