YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


新しい音響データ通信技術『インフォサウンド(INFOSOUND)』の
テレビ放送実証実験のお知らせ

− 放送電波を使用した初の実証実験 −
2010年12月20日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、当社独自の音響データ通信技術『インフォサウンド(INFOSOUND)』の信号を地上デジタルテレビ放送用電波で送信し、スマートフォンアプリで受信する、という実証実験を株式会社中国放送(本社:広島県広島市中区基町21-3、社長:安東 善博)とコンテンツ制作会社の株式会社アスコン(本社:広島県福山市港町1-15-27、社長:林 征治)の協力によりこのほど実施、成功いたしました。インフォサウンド信号をテレビ放送電波に乗せた実験としては、全国初の試みとなります。


<実証実験の概要>

・期間 2010年12月20日(月)放送休止時間 午前3:15〜4:15
・場所 株式会社中国放送本社、株式会社アスコン本社
・内容 インフォサウンド信号(「音響ID」)を含む映像コンテンツを、広島県内一斉に放送電波で流し、(株)中国放送の局内および(株)アスコンのオフィス内にある地上デジタル放送対応テレビ/レコーダーで受信。テレビから再生される音声からスマートフォンの無料アプリ「インフォサウンドブラウザ(INFOSOUND BROWSER)」が「音響ID」を受信し、そのIDが指定するウェブページを表示することを確認。

<今後の展開>

テレビ放送で「インフォサウンド」の利用が検証されたことで、例えば料理番組でレシピ情報を配信したり、アンケートを収集したり、CMやテレビショッピング番組でeコマースサイトに接続するなど、番組/CMと携帯端末が連携するサービスを行うことが可能になります。テレビ放送を使った新たな情報発信ツールとして様々なサービスが期待できます。 今後も引き続き、(株)中国放送と(株)アスコンとともに、放送波での「インフォサウンド」の実用化を目指して、実験やトライアル等の取り組みを行う方針です。

<インフォサウンドについて>

「インフォサウンド」は、当社が開発したデジタル情報を音響信号に変調して伝送する技術で す。直接スペクトラム拡散(デジタル信号を広い帯域に拡散して送信する)を用い、人間にはほとんど聞こえないものの、通常のスピーカーで再生できる可聴帯域内の高域(約18kHz以上)を利用します。伝送レートは最大約80bpsと低速ながら、耐ノイズ性が高く、10m以上の領域にデータを伝送することができます。電波ではなく音を使う技術のため、既存の設備(スピーカー)を使用し、複数の受信機に同時にデータを配信すること(1対多配信)が可能です。また、スピーカーのボリュームで到達範囲を制御できる(音が聞こえる範囲にデータが届く)ため、場所に応じたサービスの提供が可能です。スピーカーから出た短い情報符号(音響ID)を携帯端末のマイクで受信し、サーバーでURL情報に変換する仕組みを用いることで、ユーザーはスピーカーに近づくだけでクーポンを受け取ったり、eコマースのサイトにアクセスして直接ショッピングができるなどのサービスを受けられます。また、今回の実験のように、テレビから音響IDを流すことで、番組連携サービスにも利用可能です。 なお、「インフォサウンド」は、超薄型でフレキシブルな「TLFスピーカー」と組み合わせた新しい広告媒体の概念「サウンドサイネージ」として、2010年10月のCEATEC JAPAN (IT&エレクトロニクスの国際展示会)においてお披露目しています。
「インフォサウンド」の展開イメージ
「インフォサウンド」の展開イメージ
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back