YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


会議用マイクスピーカー「PJP-50USB」及び「PJP-20UR」に
連結及び外部スピーカー接続機能を追加
より広い部屋での会議に対応

− 2011年1月中旬より順次、対応ソフトウェアを無償で公開 −
2010年12月10日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)が販売する会議用マイクスピーカー「PJP-50USB」及び「PJP-20UR」は、同一機器同士を複数台連結する機能 及び外部スピーカーを接続できる機能(PJP-50USBのみ)を実装することとしました。動作連携する「PJP-50USB」用ファームウェアと「PJP-20UR」用USB連結ドライバーを1月中旬から順次ヤマハホームページ上にて無償で公開、提供開始します。


<新機能と対象機種>

品名 モデル名 新機能 公開時期
会議用マイクスピーカー PJP-50USB 連結 2011年1月中旬
PJP-20UR 連結 2011年2月中旬
PJP-50USB 外部スピーカー接続 2011年2月下旬

<会議用マイクスピーカー「PJP-50USB」及び「PJP-20UR」について>

「PJP-50USB」は、8人程度までの中規模会議室での使用に適した高い収音能力を持った会議用マイクスピーカーです。
「PJP-20UR」は、4人程度までの小規模会議室での使用に適した小型・軽量のWeb会議用マイクスピーカーです。
※詳細は以下のURLをご参照ください。

http://www.yamaha.co.jp/projectphone/products/50usb/
http://www.yamaha.co.jp/projectphone/products/20ur/

会議用マイクスピーカー「PJP-50USB」、「PJP-20UR」

<新機能の概要>

 会議用マイクスピーカー「PJP-50USB」及び「PJP-20UR」は発売以来PCを用いたWeb会議システムに最適なマイクスピーカーとして市場から高い評価を得ています。今回の“連結”及び“外部スピーカー接続”の機能追加により、明瞭度の高いスムーズな会話を実現し、より広い部屋や様々な会議レイアウトにも柔軟に対応できるようになります。

<新機能について>

1.連結機能
「PJP-50USB」連結ファームウェア
最大4台までの「PJP-50USB」がオーディオケーブルにて連結可能となり、より広い部屋での収音や放音に対応します。

<ご注意>
・ PCとUSB接続している「PJP-50USB」は自動的に親機となり、スピーカーボリューム、マイクミュートの機能は親機から一括してコントロールできます。


「PJP-20UR」用USB連結ドライバー
USBハブを用いた連結により、1台のPCに対し最大4台までの「PJP-20UR」を連結することが可能となり、様々なレイアウトでの収音や放音に対応します。

<ご注意>
・ご利用頂けるPCは、USB 2.0 High Speedに対応した機種に限ります。
・ご利用頂けるUSBハブは下記の性能を要している必要があります。
 ※電源供給(ACアダプタを利用したセルフパワー対応)
 ※Multiple Transaction Translator機能
 (動作確認済みUSBハブは、会議システムWebサイトにて公開予定です)


2.外部スピーカー接続機能
「PJP-50USB」外部スピーカー接続ファームウェア
「PJP-50USB」のAUDIO OUT端子に外部スピーカーを接続することで、より大きな音量による会議を実現します。
◎推奨スピーカー ヤマハ 「MSP-3」 希望小売価格(税込)18,900円(本体価格18,000円/1本)


<新ファームウェア・PC用USBドライバーのダウンロードについて>

2011年1月中旬より順次、下記当社会議システムWebサイトにて公開致します。
「PJP-50USB」の連結及び外部スピーカー接続の機能をご利用頂くためには、新ファームウェアをダウンロードして「PJP-50USB」をバージョンアップする必要があります。
「PJP-20UR」の連結の機能をご利用頂くためには、PC用USBドライバーをダウンロードしてPCにインストールする必要があります。
http://www.yamaha.co.jp/projectphone/support/download/
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back