音楽との一体感が得られるランニング/ウォーキング用音楽プレーヤー
「BODiBEAT」の新サービス

■音楽で気持ちいい運動スタイル、ヨガ・ストレッチ&ジョギング用音楽プログラム

「リラックスエクサ」

一人でも簡単に取り組める、音楽に合わせたヨガとジョギングのエクササイズプログラムを
BODiBEAT専用サイトで10月14日(木)に公開


 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、ジョギングやマラソンを行う方およびこれから始めたい方をメインターゲットに、彼らが目的とする「健康でありたい、きれいになりたい、痩せたい」を無理なく達成することをサポートする、音楽を使って楽しく継続できるエクササイズプログラム「リラックスエクサ」を、無料サービスとして専用サイト(URL=http://www.yamaha.co.jp/product/bodibeat/)を通じて10月14日(木)から提供開始します。


<サービスの概要>

音楽で気持ちいい運動スタイル、ヨガ・ストレッチ&ジョギング用音楽プログラム 「リラックスエクサ」
音楽で気持ちいい運動スタイル、ヨガ・ストレッチ&ジョギング用音楽プログラム 「リラックスエクサ」

 「レジャー白書2009」*1によれば、ジョギング、マラソンの国内参加人口は2550万人であり、その後も東京マラソンの盛り上がりに象徴されるように、ランナーは飛躍的に増加しています。また、この中には競技志向ではなく、「健康的に、楽しく走りたい」というランナーも多く、日本においてジョギング・マラソン文化が定着しつつあると言えます。

 ランナーの中には、実際にジョギングやマラソンをはじめてみたものの、自分の目的にあった運動の仕方がわからず、タイムや距離を意識するあまり過度なトレーニングになってしまい、思うように効果が上がらなかったり、運動は辛いものと感じてしまったり、体に必要以上の負荷がかかり故障してしまうランナーも多く存在します。

 こうした背景のもと、ランニング/ウォーキング用の体感型ミュージックプレーヤー『BODiBEAT(ボディビート)』を活用し、走っているときや歩いているときに音楽との一体感を楽しむだけでなく、無理なく継続して運動する目的をより効果的に達成してもらうために、音楽を楽しみながら気持ちよく体を動かすことができるエクササイズプログラム「リラックスエクサ」を作成し、専用コンテンツ配信も含めてBODiBEAT専用サイト上でサービスを開始いたします。

*1=財団法人 日本生産性本部2009年7月発行

詳細は以下の通りです。

【主な特長】
1.音楽に合わせて一人でできるジョギングのためのヨガ・ストレッチ。
2.無理なく続けられるリラックス・ジョグ。


<主な特長>

1.音楽に合わせて一人でできるジョギングのためのヨガ・ストレッチ。

 「リラックスエクサ」は、有酸素運動効果を高めるため、末端まで筋肉をほぐし、代謝改善と柔軟性改善を行えるストレッチングを導入します。単純にジョギング前のストレッチとするのではなく、音楽に合わせて心地よく行えるヨガ・ストレッチメニューをヨガ講師の山口つぐみ氏*2とともに作成しました。

 ジョギングに効果的なストレッチができるヨガ・ストレッチメニューを約5分で行えるよう、ヨガ・ストレッチの呼吸のタイミングを教えてくれるテンポの曲に、山口つぐみ氏によるナレーションを入れました。これをBODiBEAT専用サイトよりダウンロードすることで、BODiBEATやお手持ちの音楽プレーヤーで聴くことができます。ナレーションや音楽によりヨガ未経験者でも一人で簡単に取り組めるようにしました。

 また、ヨガ・ストレッチの動きを覚えたら、お好みの曲で心地よくヨガ・ストレッチできるよう、BODiBEATのトレーニングプログラムファイルも同時に用意しました。このファイルをBODiBEATに取り込むことで、BODiBEAT内にあらかじめ取り込んである楽曲の中から、ヨガ・ストレッチの呼吸リズムに合った曲が自動で選び出され再生されます。

 ヨガ・ストレッチメニューとしては、ジョギングを行う直前に行うことを想定し、ランニングウェアとシューズ着用のまま、寝たり、座ったりせずに屋外でできる内容としました。

山口つぐみ(ヨガインストラクター)

*2=山口つぐみ(ヨガインストラクター)
2006〜2010年のヨガフェスタをはじめ、フィットネスクラブなど数多くのヨガクラブで講師を務める。現在はヨガウェアや書籍などのモデルとしても活躍。

2.無理なく続けられるリラックス・ジョグ。

 多くのランナーが有酸素運動のつもりで日々ジョギングやランニングを行っています。しかし自分にとっての有酸素運動レベルがわからず、無酸素運動状態で走ってしまっているケースを多く見かけます。「リラックスエクサ」で推奨する走り方は、無理をせず有酸素運動レベルを、まずは10分キープすることから始めます。

 今回、ランニングコーチの高尾憲司氏*3によるリラックスして走り続けるためのアドバイスを用意しました。『BODiBEAT(ボディビート)』の心拍計測機能とステップに合った音楽を自動再生する機能を活用することで、誰でも簡単に音楽のビートに乗って心地よく有酸素運動を行えます。

高尾憲司(ランニングコーチ)

*3=高尾憲司(ランニングコーチ)
元陸上競技選手としてニューイヤー駅伝での優勝4回。現在はランニングクラブ・ブルーミングを設立し、プロスポーツ選手から、子供、初心者まで幅広く指導を行う。

「リラックスエクサ」は、音楽で気持ちよく続けられるエクササイズとして運動促進に貢献するため、今後はメインターゲットであるジョギングを行っている方だけでなく、中高年の健康的な体作り、小中学生の運動にもっとも重要なリズム感の強化などへの活用も視野に入れて展開していきます。

なお「リラックスエクサ」は、第11回「東京発 日本ファッション・ウィーク」にて次世代のライフスタイルを提案、発信する展示会「NEXT STANDARD」(10月20日(水)〜22日(金)、東京ミッドタウン・ホール Hall B)に出展し、ヨガインストラクターの山口つぐみ氏によるヨガ・ストレッチの実演やBODiBEATを使った「リラックスエクサ」の体験会を行います。

展示会の詳細等はWebサイト(http://www.jfw.jp/jp/aboutjfw/event/nextstandard.php)をご参照ください。


<リラックスエクサ用楽曲・トレーニングプログラム配信について>

 山口つぐみ氏のインストラクション入りヨガ・ストレッチ用楽曲をBODiBEAT専用サイトにて期間限定(2010年10月14日〜2011年3月31日予定)で無料配信します。楽曲には、坂本美雨*4のファンタジーに満ちた軽快なエレクトロニカ・ポップ・アルバム「PHANTOM Girl」からヨガ・ストレッチを気持ちよく行える楽曲を2曲ピックアップしました。ヨガ・ストレッチの呼吸リズムに合ったテンポの楽曲となります。

 ヨガ・ストレッチの動きを覚えた方向けに、お好みの曲で心地よくヨガ・ストレッチできるBODiBEATのトレーニングプログラムファイルも同時に配信します。また、ヨガ・ストレッチに合ったテンポの楽曲は専用サイトにて順次紹介していく予定です。

坂本美雨

*4=坂本美雨
5月1日生まれ。9歳の時に家族でニューヨークに移住。97年、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビュー。映画「鉄道員」の主題歌、フルアルバム「DAWN PINK」をリリース。05年11月、『The Never Ending Story』(Honda企業CMタイアップ)をリリース。音楽活動に加え、ナレーション、ラジオのナビゲーター、詩・エッセイ・映画評・翻訳本等の執筆、ジュエリーブランド「aquadrops」のプロデュースなど幅広く活動している。
坂本美雨オフィシャルブログ: http://ameblo.jp/miu-sakamoto/


<BODiBEATについて>

 ラン/ウォーク用体感型ミュージックプレーヤー『BODiBEAT(ボディビート)』は、ステップに合ったテンポの曲が自動で再生され、身体のリズムと音楽のテンポがぴったり合う一体感を感じながら心地よく、効果的に運動することを目的に開発され、ランニング用品取り扱い店、フィットネスクラブを中心に販売を行っております。

BODiBEAT専用サイト:http://www.yamaha.co.jp/product/bodibeat/

*文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。