■「VOCALOID」がiPadやiPhoneで可能に

ヤマハがiPad/iPhone向けに、歌声合成ソフト「VOCALOID」のアプリケーション
『iVOCALOID VY1』、『iVOCALOID VY1t』を開発


 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、当社の歌声合成ソフト「VOCALOID(ヴォーカロイド)」の合成エンジンソフトウェアを使用した iPadアプリケーション『iVOCALOID(アイヴォーカロイド)VY1』および iPhoneアプリケーション『iVOCALOID VY1t』を開発しました。当社はこの『iVOCALOID VY1』、『iVOCALOID VY1t』により、音楽制作者だけでなく、より多くの方々へ当社の最新の音声合成技術を提供していきます。


<開発の背景と概要>

 「VOCALOID」は、2003年に当社が開発しライセンス販売を開始した、歌詞とメロディーを入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成ソフトウェアです。当社から「VOCALOID」のライセンスを受け発売された「初音ミク」*注1や「がくっぽいど」*注2などのソフトウェアは、ユーザーがこうしたバーチャルシンガーを使用して、個人あるいはオンライン上の共同作業でオリジナル曲を創り、歌わせ、その様々な楽曲をニコニコ動画やYouTubeなどの動画ポータルサイトに発表したことから、多くのメディアに取り上げられ大きな話題を呼びました。また、2009年4月にはネットワーク上のサーバーで動作するサービス「NetVOCALOID」(ネットヴォーカロイド)を開発し、インターネットや携帯電話のサービスプロバイダー向けに提供しています。

 今回開発した iPadアプリケーション『iVOCALOID VY1』および iPhoneアプリケーション『iVOCALOID VY1t』は、昨今話題となっているスマートフォンやiPadの普及に代表される高性能な処理能力をもつモバイル機器の増加に対応し、モバイル機器で動作する歌唱合成技術の開発を進めてきたものです。

 『iVOCALOID VY1』および『iVOCALOID VY1t』の歌声合成のデータベースには、従来よりも一層クリアな滑舌と、力強く伸びのあるロングトーンを特長とする「VY1」*注3を使用しました。また、ユーザーの入力する日本語の歌詞や音程に対応できるよう、160MBを超える大容量音声データベースも搭載しています。

 主な特長は以下のとおりです。


<iPadアプリケーション『iVOCALOID VY1』の特長>

1.ピアノロール方式のインターフェースを採用
メイン操作画面のインターフェースには、音楽ユーザーに親しみのあるピアノロール方式を採用。ユーザーはひらがなやカタカナで歌詞を入力し、音程やピッチを画面にタッチして指定するだけで、手軽に本格的なボーカルパートを制作することができます。
2.伴奏同時再生機能を追加
従来のVOCALOIDにはなかった、伴奏同時再生機能を搭載。合成した音声と伴奏を同時に試聴しながら楽曲を制作することが出来るようになりました。
3.メール送信機能を新搭載
メール送信機能を新たに搭載。制作した楽曲をメールで送信することにより、お手持ちのパソコンにインストールしたVOCALOIDソフトウェア上での本格的な楽曲制作に移行できます。

iPadアプリケーション『iVOCALOID VY1』


<iPhoneアプリケーション『iVOCALOID VY1t』の特長>

1.ピッチカーブ入力方式を採用
インターフェースには、誰にでも分かりやすく直感的な、ピッチカーブ入力方式を採用。iPhone/iPod touchの画面に指先でタッチして歌詞を入力し、ピッチカーブを描くだけで、気軽に歌唱合成やおしゃべり合成音を楽しむことができます。
2.iPhone/iPod touchの活用で、携帯性が大幅に向上
従来、VOCALOIDはパソコン上での使用に限定されていましたが、iPhoneアプリケーションの開発により携帯性が大幅に向上し、いつでもどこでもVOCALOIDを楽しむことができます。

iPhoneアプリケーション『iVOCALOID VY1t』

 なお、この『iVOCALOID VY1』、『iVOCALOID VY1t』を、日本科学未来館および東京国際交流館にて開催中の「DIGITAL CONTENT EXPO 2010(10月14日〜17日)」に、10月15日より展示致します。

文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
iPod touchは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPadは、Apple Inc.の商標です。
[注1] 「初音ミク」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の登録商標です。
[注2] 「がくっぽいど」は株式会社インターネットの登録商標です。
[注3] 「VY1」はビープラッツ株式会社の商品です。