YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


YSPの音を手軽に楽しめる。テレビスタンドをまたいで置ける新スタイルYSP、新登場。

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター 『YSP-2200』

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター 『YSP-2200』ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター 『YSP-2200』
オープン価格

※『YSP-2200』の画像データは下記プレスサイトよりダウンロードできます。
http://press.yamaha.co.jp

2010年9月1日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町 10-1、社長:梅村 充)は、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSPシリーズ」の新製品として、『YSP-2200』を10月下旬より全国で発売いたします。


<価格と発売時期>

品名 モデル名 希望小売価格 当初月産予定台数 発売時期
デジタル・サウンド・ プロジェクター YSP-2200 (B)ブラック オープン価格 6,000台 10月下旬

<製品の概要>

 デジタル・サウンド・プロジェクターは、フラッグシップモデル「YSP-5100」からコンパクトモデル「YSP-600」、さらにはシアターラックモデルまで、充実したラインナップで、発売以来、幅広いお客様に高い評価をいただいております。今回発売する『YSP-2200』は、薄型テレビの普及が浸透する中、デジタル・サウンド・プロジェクターの魅力はそのままに、テレビやラックを買い替えたり、配置を変えることなくセッティングできる設置性を追求。結果、YSPシリーズ初、アルミボディのスピーカー部と専用設計のサブウーファー部の2ユニット構成とし、設置性はもちろん、同時に高音質化も実現しました。薄型テレビを楽しむすべての方に、デジタル・サウンド・プロジェクターのリアルなサラウンド効果を深く実感いただける次世代YSPです。
テレビ前設置イメージ
【YSP-2200 の特長】
1.設置性を追求したスリムスピーカー+縦横自在なサブウーファー。
2.アルミボディ+専用サブウーファーで、高音質な7.1ch再生を実現
3.3D時代に応えるHDMI入力端子。リンク対応でテレビリモコンから操作。
4.3D映画に、最新ゲームに圧倒的臨場感。ヤマハ独創の〈シネマDSP〉。
5.音響を自動セッティングする「インテリビーム」など、簡単・快適な使い心地。
6.別売アクセサリーでiPod/iPhoneも楽しめるドックポート対応。


YSP-2200 主な特長

1. 設置性を追求したスリムスピーカー+縦横自在なサブウーファー。
縦横自在にセット可能なYSP-2200 サブウーファー部
YSP史上初、スピーカーユニット+サブウーファーの2ユニット構成。従来、一体型だったウーファーを分離型にする事で、テレビの前に最適に設置できるスリムなサイズを実現しました。スピーカーユニットは、テレビスタンドをまたいで設置可能なスリムデザインを採用し、テレビの手前に簡単かつ画面をさえぎることなくセットすることができます。同時に高さを調整可能にし、テレビのリモコン受光部もふさがないよう配慮しました。さらにサブウーファーも置きやすさを重視し、縦横自在にセット可能。横置きにして棚の中に収められるほか、縦置きにしてテレビラックの脇に並べることもできます。
 
2. アルミボディ+専用サブウーファーで、高音質な7.1ch再生を実現。
アルミボディ+専用サブウーファーで、高音質な7.1ch再生を実現。
アルミボディー採用
スピーカーユニットには、16個の小型高音質スピーカーを内蔵しています。各スピーカーを個別に制御し、音のビームを壁面反射。デジタル・サウンド・プロジェクター技術を使って、センター、左右および後方から深みのある音を響かせます。不要な振動を抑制する高剛性アルミボディを採用し、音質もきわめてクリアー。さらに最適なチューニングを施したサブウーファーとのマッチングにより、リアリティに満ちた鮮やかな7.1chサラウンド再生を実現しました。ブルーレイディスクが採用しドルビーやDTSが提唱しているHDオーディオ規格にも対応。ブルーレイも本来の緻密な音質を存分に引き出して楽しめます。
右図は7.1chサラウンド再生概念図 <Digital Sound ProjectorTM Technology>
 
3. 3D時代に応えるHDMI入力端子。リンク対応でテレビリモコンから操作。
3D時代に応えるHDMI入力端子。リンク対応でテレビリモコンから操作。
音と映像をケーブル1本で高品位伝送するHDMI端子を入力3系統装備。多彩なAV機器をまとめてつなぎ、テレビ側へと一括して出力できます。3D映像伝送*1や、光ケーブルを使わなくてもHDMIケーブル1本の接続でテレビ音声を楽しむことができるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応*2。さらに、大手テレビメーカーのテレビ・レコーダー(一部機種除く)*3に対応したリンク機能を備え、テレビ側リモコンの操作でテレビと連携して本機の電源ON/OFFと音量調整、入力切替が行えます。
*1 3D対応のテレビ、および3D再生対応のAV機器が必要です。 *2 オーディオリターンチャンネル(ARC)に対応したテレビが必要です。 *3 HDMIによるリンク機能は、本機〜対応テレビ間(レコーダー含む)をHDMI接続した場合に実現するものです。 対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/support/hdmi_cec/
 
4. 3D映画に、最新ゲームに圧倒的臨場感。ヤマハ独創の〈シネマDSP〉。
3D映画に、最新ゲームに圧倒的臨場感。ヤマハ独創の〈シネマDSP〉。
視聴ジャンルにあった理想の音場空間を創造する、ヤマハ独自の音場創成技術〈シネマDSP〉。たとえば3Dコンテンツの映画やスポーツも極限の臨場感で堪能できるほか、ゲームモードも備え、サラウンド音声が収録されたゲームに対応します。このゲームモードの音場は株式会社スクウェア・エニックスとの技術交流により、リニューアルされたもの。あらゆるシーンで印象的に演出されるBGMや効果音、セリフがさらに臨場感を高めます。また、電子番組表と〈シネマDSP〉が連動する「おまかせサラウンド」を装備。たとえば番組表の中に記載されている番組のジャンルコードがスポーツならば、視聴する際、自動的に〈シネマDSP〉がスポーツモードに。特に意識しなくても、常にふさわしいサラウンドでコンテンツを堪能できます。
* 株式会社東芝・日立コンシューマエレクトロニクス株式会社の対応テレビと連動。詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/support/omakase_surround/
 
5. 音響を自動セッティングする「インテリビーム」など、簡単・快適な使い心地。
音響を自動セッティングする「インテリビーム」など、簡単・快適な使い心地。
理想の視聴環境がフルオートで得られる音響測定・最適化技術「インテリビーム」を搭載。測定用マイクを接続するだけで、設定画面をテレビへ映し出します。あとは画面の指示に従ってリモコンのボタンを押すだけで、部屋に最適な音響処理やビーム特性へと自動セッティングしてくれます。また「ユニボリューム機能」も搭載。たとえば、番組からCMに切り替わった時など、コンテンツ間の音量差を自動的に補正。同じようにチャンネル間での音量補正も行います。同一チャンネルを見ていてうるさいと感じたりすることが無くなり、また入力や、チャンネルを切り替える毎のボリューム調節の煩わしさを解消します。
*工場出荷時は「ON」です。
 
6. 別売アクセサリーでiPod/iPhoneも楽しめるドックポート対応。
別売アクセサリーでiPod/iPhoneも楽しめるドックポート対応。
iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」
YSPシリーズで初めて、別売アクセサリー(iPod用ユニバーサルドック「YDS-12」、iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」、Bluetooth(R)オーディオレシーバー「YBA-10」)に対応したドックポートを搭載しています。別売アクセサリーを使用することで、iPod/iPhoneと『YSP-2200』を接続可能。iPod/iPhoneの曲をサラウンドで再生することができます。とくに「YID-W10」なら、独自のワイヤレス伝送技術「AirWired」で、iPod/iPhoneを手元から操作可能。非圧縮伝送を採用するため、音質もクリアーです。
*対応iPod:iPod(第5世代)、iPod classic、iPod nano、iPod touch、iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS


<YSP-2200 主な仕様>

対応室内サイズ 〜18畳
実用最大出力(JEITA) 132W(2W×16+100W×1)
入力端子 HDMI 3系統
音声 4系統(アナログ1、光デジタル2、同軸デジタル1)
ドックポート 1系統
出力端子 HDMI 1系統
映像 1系統(コンポジット1:メニュー表示および、iPod Video表示用)
サブウーファー出力端子 1系統 (アンプ出力)
スピーカー センター ユニット部 ユニット 2.8cmコーン型ビーム用スピーカー(防磁)×16
寸法 944W×79H(〜89H:高さ可変式)×145Dmm(最大寸法)
質量 4.3kg
サブウーファー部 ユニット 10cmコーン型ウーファー×2
寸法 横置き:435W×137H×350Dmm(最大寸法)
縦置き:141W×430H×350Dmm(最大寸法)
質量 6.0kg
消費電力 55W
待機消費電力 4.0W以下(HDMI コントロールオン時)
0.3W以下(HDMI コントロールオフ時)
付属品 リモコン、単3乾電池2本、光ケーブル(1.5m)2本、ビデオ用ピンケーブル(1.5m)、スピーカーケーブル(3m)、インテリビームマイク、IRフラッシャー(1m)、簡易マイクスタンド、サラウンド確認用DVDおよび説明書、転倒防止用スタンド4、滑り止めパット4、取扱説明書、簡易接続・操作ガイド

<YSP-2200機能一覧>

対応可能フォーマット Dolby TrueHD/Digital Plus、Dolby Digital、Dolby Digital EX、Dolby Pro Logic、
Dolby Pro LogicU/x
dts-HD / High Resolution、dts、dts Neo:6(Cinema、Music)、
dts ES(Discrete、Matrix)
Multi-ch LPCM
AAC
視聴モード切替 ステレオ/サラウンド
サラウンド機能:
5ch出力/7ch出力/自動選択*
5ch出力時:5ビーム、ステレオ+3ビーム、3ビーム、マイサラウンド
7ch出力時:5ビームプラス2、ステレオ+3ビームプラス2、3ビーム、マイサラウンド
シネマDSP 音楽 (ミュージックビデオ、コンサートホール、ジャズクラブ)
映画 (SFX、スペクタクル、アドベンチャー)
エンターテイメント (スポーツ、ドラマ、バラエティー、ゲーム、マルチチャンネルステレオ)
圧縮音声補間 ミュージックエンハンサー
音量モード ユニボリューム
メニュー表示言語 日本語・英語
ビーム調整モード 自動設定 詳細設定
*自動選択:入力信号が5chまでの時は5ch出力。入力信号が7chまでの時には7ch出力となります。
※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back