YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


フラッグシップ機DSP-Z11の設計思想を継承した、
シネマDSP<3Dモード>搭載のハイクラス機


最大11.2chのシネマDSP3再生に対応した音と映像のハイエンドドモデル

ヤマハ AVレシーバー『RX-V3067』

最大9.2chのシネマDSP<3Dモード>対応。HQVビデオプロセッサーも装備したハイグレードモデル

ヤマハ AVレシーバー『RX-V2067』

DSP-Z11譲りの技術で高音質を磨き、ネットワーク機能も充実させたスタンダードモデル

ヤマハ AVレシーバー『RX-V1067』

 

ヤマハ AVレシーバー RX-V3067ヤマハ AVレシーバー 『RX-V3067』
写真はRX-V3067(B) ブラック
希望小売価格<税込>233,100円(本体価格222,000円)

※RX-V3067/V2067/V1067の画像データは下記プレスサイトよりダウンロードできます。
http://press.yamaha.co.jp

2010年8月25日

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、フラッグシップ機「DSP-Z11」の設計思想を継承した圧倒的な高音質をベースに最新の音声・映像テクノロジーを盛り込み、3D映像をはじめとする次世代コンテンツの真価を存分に引き出すハイクラスAVレシーバー、「RX-V3067」「RX-V2067」「RX-V1067」の3機種を、10月上旬よりそれぞれ全国で発売いたします。


<価格と発売時期>

品名 モデル名 希望小売価格<税込> 当初月産予定台数 発売時期
AVレシーバー RX-V3067 (B)ブラック
(N)ゴールド
233,100円
(本体価格222,000円)
4,000台 10月上旬
AVレシーバー RX-V2067 (B)ブラック
(N)ゴールド
178,500円
(本体価格170,000円)
6,000台 10月上旬
AVレシーバー RX-V1067 (B)ブラック
(N)ゴールド
120,750円
(本体価格115,000円)
9,000台 10月上旬

<製品の概要>

今回発売する「RX-V3067」「RX-V2067」「RX-V1067」は、ヤマハのフラッグシップAVアンプ「DSP-Z11」の高音質思想を忠実に継承しながら、進化したシネマDSP<3Dモード>とその効果をさらに高める高精度YPAO、ピュアオーディオグレードのWindows7&DLNA1.5対応ネットワークレシーバー機能、3D映像やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した最新HDMIなど、最先端の音声・映像テクノロジーの積極投入によって次世代コンテンツの空間表現力と音楽表現力をいっそう磨き上げたハイクラスAVアンプです。
ヤマハ AVレシーバー RX-V3067
このうち上位機種の「RX-V3067」と「RX-V2067」には、部屋の初期反射音を計測・補正してバランスの整ったシアター空間をつくり出す「YPAO-R.S.C.」、HQV Vida™ VHD1900ビデオプロセッサーによる高度な映像処理機能などをあわせて搭載。さらに、最上位機種「RX-V3067」のD/Aコンバーター部は「DSP-Z11」と同等のバーブラウンDSD1796を7ch分に採用した特別仕様としたほか、シネマDSPについては、2ch〜4chの入出力を持つ外部パワーアンプを追加することで、よりリアルな三次元音場を再現する最大11.2chのシネマDSP3(キュービック)再生にも発展できます。

RX-V3067/V2067/V1067のアウトラインと主な特長

 フラッグシップAVアンプDSP-Z11の設計思想を忠実に継承し、圧倒的な高音質を獲得。
最先端の音声・映像テクノロジーを結集した新世代のハイクラスAVアンプ。
  1. 高純度な音質とリアルな音場表現力を支える制振・高剛性シャーシ。
  2. 圧倒的な静寂性であらゆるコンテンツの真価を引き出す高品位オーディオ回路。
  3. 空間表現力を飛躍的に向上させるシネマDSP<3Dモード>&バーチャル・プレゼンス・スピーカー(VPS)機能。
  4. Windows7&DLNA1.5に対応したピュアオーディオグレードのネットワーク機能。
  5. 3D映像&オーディオリターンチャンネル(ARC)対応、8入力/2出力のHDMI端子。
  6. シンプルで快適な使い心地を実現する新GUI画面と「SCENE PLUS」(シーンプラス)。

 RX-V3067
最大11.2chのシネマDSP3(キュービック)再生に対応。DSP-Z11直系の高音質設計と
高度な映像補正機能を盛り込んだ音と映像のハイエンドモデル。
1.11.2chまでの拡張を可能にし、よりリアルな三次元音場を再現するシネマDSP3(キュービック)にも対応。
2.シネマDSPと部屋の響きを最適化。スピーカーの角度までも把握する新世代YPAO。
3.HQV Vida™ビデオプロセッサーで高度な映像補正を実現する最先端の映像回路。
 RX-V2067
最大9.2chのシネマDSP<3Dモード>再生に対応。充実の高音質設計に加えて HQVプロセッサーによる高度な映像補正機能も魅力のハイグレードモデル。
1.最大拡張時9.2chのシネマDSP<3Dモード>再生に対応し、いっそう緻密な立体音場を再現。
2.シネマDSPと部屋の響きを最適化するYPAO-R.S.C.とDSPエフェクトレベルノーマライズを搭載した新YPAO。
3.あらゆるコンテンツを滑らかな高品位映像で楽しめるHQV Vida™ビデオプロセッサー。
 RX-V1067
新機能VPS搭載でシネマDSP<3Dモード>再生をより身近に。
DSP-Z11譲りの技術で高音質を磨いたネットワーク対応スタンダードモデル。
1.空間の「高さ」方向の音場もリアルに再現するシネマDSP<3Dモード>。
2.最大8ヶ所のマルチポイント計測に対応した新世代の視聴環境最適化システムYPAO。
【RX-V3067/V2067/V1067その他の特長】
●音量調節に合わせて<シネマDSP>の効果やダイナミックレンジを自動的に調整するA-DSP&A-DRC技術●外部機器の接続に便利な前面音声入力/HDMI/USB端子●スタンバイスルー時、AVアンプのリモコンでHDMIの入力/出力切り換えが可能●別売iPod用ワイヤレスシステム「YID-W10」対応●別売iPod用ユニバーサルドック「YDS-12」対応●マルチルーム(ZONE)機能●40局プリセット対応FM/AMチューナー●アルミシーリングパネルの採用による洗練されたデザイン●スタンバイスルー時消費電力2.7W以下。さらに電源の切り忘れを防止するオートパワーダウンも装備した省電力設計

RX-V3067/V2067/V1067 特長解説

1.高純度な音質とリアルな音場表現力を支えるDSP-Z11譲りの制振・高剛性シャーシ。
H型クロスフレーム
ヤマハが誇るフラッグシップAVアンプ、「DSP-Z11」の筐体設計を踏襲した左右対称コンストラクション&H型クロスフレーム*による制振・高剛性シャーシを採用しました。最も質量の大きいパーツであるトランスをシャーシ中央に据え、その底部をリジッドボトムフレーム(新開発)と呼ばれる2本の梁(はり)によって支えることで、理想的な重量バランスと機械的強度を実現。さらに「RX-V3067」には専用装備として、よりいっそうの耐振性を追求したダブルボトム構造、高剛性メタルレッグをはじめとするスペシャルチューニングもあわせて実施し、卓越したセパレーション特性とS/N感、見通しの良い音場感など、フラッグシップ機に迫る高純度な音質とリアル音場表現力を獲得しました。

* H型クロスフレームは「RX-V3067」「RX-V2067」に採用。
2.圧倒的な静寂性であらゆるコンテンツの真価を引き出す高品位オーディオ回路。
ヤマハAVアンプが一貫して追求してきた「音の静寂性」。とりわけHDコンテンツの忠実な再現に必要不可欠なこの性能を、本機ではD/Aコンバーター部からパワーアンプ出力段まですべてのステージで一貫して追求しました。まずD/Aコンバーター部には、高精度DACデバイス(RX-V3067はDSDダイレクト入力対応)とアナログ入力回路の基準グラウンド電位を完全に一致させて微小信号の再生品位を高める「D.O.P.G.(DAC on Pure Ground)コンセプト」を「DSP-Z11」から受け継いだほか、外部デジタル音声に含まれるジッター成分を除去して信号品位を高めるウルトラロージッターPLL回路も搭載しています。もちろんDACデバイス自体の音質にもこだわり、特に「RX-V3067」には、「DSP-Z11」に採用され高級SA-CDプレーヤーなどでも定評のあるバーブラウンDSD1796を主要7chに投入。「DSP-Z11」に匹敵する卓越したS/Nおよびセパレーション特性を実現しています。
大型ソリッドヒートシンク
大型ソリッドヒートシンク
(写真はRX-V3067用)
いっぽうパワーアンプ出力段には、高速熱帰還型パワートランジスターと、耐振性と冷却性能を追求した大型ソリッドヒートシンクとの理想的な組み合わせによって機械的振動や熱変動を減少させ、小音量時から大音量時まで安定した高音質を発揮する新開発の高音質パワーユニットを搭載。さらに電源部には、単体質量約6.5kgの大電流駆動対応・大型電源トランス(アナログ回路専用)およびデジタル回路専用高効率電源、本機専用に開発した大容量カーボンシース・ブロックケミコンを投入し、制振・高剛性シャーシとの相乗効果によってあらゆるコンテンツの真価を引き出します。
3.空間表現力を飛躍的に向上させるシネマDSP<3Dモード>&VPSを搭載。
さらにRX-V3067はシネマDSP3(キュービック)にも対応。

DSP 3Dモード

定評あるヤマハの音場創成技術、<シネマDSP-plus>をベースに「高さ」方向の音場データを加え、立体的なサラウンド空間をリアルに再現するシネマDSP<3Dモード>を搭載。新開発のVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を使用して、これまでフロントプレゼンススピーカーを含む7.1chスピーカーの設置が必須であった<3Dモード>再生を、通常の7.1chまたは5.1chスピーカー構成でもお楽しみいただける*ようになったほか、サラウンドバックスピーカーを使用した9.1ch相当のシネマDSP<3Dモード>再生も外部アンプの追加なしで可能となりました。さらに「RX-V3067」では、リアプレゼンススピーカーを使用してよりリアルな三次元音場を再現するシネマDSP3(キュービック)へのシステムアップにも対応。理想の空間表現を求めるお客様のご期待に、20年以上にわたり培ってきたヤマハのシアターサウンド技術が応えます。

*VPS機能を使用したシネマDSP<3Dモード>再生時、仮想のフロントプレゼンススピーカー位置は最適値に設定(固定)されており、聴感上の「高さ」を調整することはできません。
またシネマDSP<3Dモード>再生の効果は、フロントプレゼンススピーカー設置時に最大限に発揮されます。
4.部屋の初期反射音を制御する新開発YPAO-R.S.C.*により、さらなる進化を遂げた新世代YPAO。
* YPAO-R.S.C.はRX-V3067/V2067に搭載
理想のシアター空間をフルオートで実現する視聴環境最適化システムYPAO(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)は、「DSP-Z11」と同等のマルチポイント計測(最大8ヶ所)を採用し、さらに上位機種の「RX-V3067」と「RX-V2067」には今回新たに部屋の初期反射音を制御する「YPAO-R.S.C.(Reflected Sound Control)」、室内の残響特性に合わせてシネマDSP効果を最適化する「DSPエフェクトレベルノーマライズ」も搭載しました。特に「YPAO-R.S.C.」 は左右スピーカーの設置環境の違いによる音質・音場の偏りなど、通常のホームシアター再生では避けられなかった課題を「初期反射音の制御」という手法で解決し、バランスの整った視聴空間をつくり出す画期的な機能で、映画再生のみならず音楽再生でも目覚ましい効果を発揮。ヤマハハイクラスAVアンプならではの高みを、お客様ひとりひとりのシアター空間で実現します。
5. Windows7&DLNA1.5に準拠したピュアオーディオグレードの高品位ネットワークレシーバー機能。
外部NAS(ネットワークHDD)やPCにストックした音楽コンテンツの高音質再生、インターネットラジオなど、明日のオーディオシーンを先取りするFLAC96kHz/24bit対応ネットワークレシーバー機能を搭載。
Windows7
後段のオーディオセクションを含む総合的なサウンドチューニングとも相まって、ピュアオーディオグレードと呼ぶにふさわしい高品位なネットワークオーディオ環境を構築できます。
さらにWindows7およびDLNA1.5に準拠した最新の拡張性も備え、AVアンプの多彩な楽しみ方を提供します。
6. HQV Vida™ビデオプロセッサーを搭載した最先端の映像処理回路 (RX-V3067/V2067)。
次世代の映像処理技術を結集した「IDT HQV Vida™」ビデオプロセッサーの最新作、VHD1900を「RX-V3067」と「RX-V2067」に搭載。SD(標準画質)映像はHD(高画質)映像に近い品位で、HD映像はいっそう鮮鋭に、すべてのコンテンツを最高のクオリティで再生します。さらに、たとえば低解像度のインターネット映像コンテンツを大画面ディスプレイで視聴する際においても、解像度向上技術と強力なノイズクリーニング機能が優れた効果を発揮し、映像をよりシャープに、滑らかに楽しむことが可能となりました。
HQV
各映像補正(コントラスト強調、ディテール強調、エッジ強調)、モスキートノイズリダクション、ブロックノイズリダクション、テンポラルノイズリダクションの計6項目)は自動で行なわれ、さらに「RX-V3067」ではユーザーの好みに合わせた微調整も行なうことが可能です。
7.3D映像&オーディオリターンチャンネル(ARC)対応、8入力/2出力のHDMI端子。
新型リモコン3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した最新仕様のHDMI端子を、入力8系統(うちフロントHDMI入力1系統)、出力2系統装備。2系統のHDMI出力は同時出力できるほか、リモコンを使って容易に切り替えられ、話題の3D対応テレビや3D対応Blu-ray Discプレーヤー、衛星放送チューナーなどを本機に接続して各種3D映像信号*のパススルーを行なうことができます。さらに、本機とテレビ**をHDMIケーブル**1本でつなぐだけでテレビ側の音声を本機に伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)、本機とHDMI接続した大手AVメーカー製テレビ/レコーダー***の主要操作をテレビ(レコーダー)側リモコンで行なえるリンク機能にも対応****。また、「RX-V3067」「RX-V2067」に付属のリモコンは使いやすさと視認性を追求した新デザインとしました。

*3D映像信号のパススルーはフレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトムの各方式に対応しています。
**オーディオリターンチャンネル(ARC)に対応したテレビおよびHDMIケーブルが必要です。
***テレビとレコーダーは同一メーカーの製品をお使いください。
****対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/audio/support/hdmi_cec/
8.シンプルで快適な使い心地を実現する新GUI画面と「SCENE PLUS」(シーンプラス)。
GUIトップ画面HD映像コンテンツにマッチする洗練されたアピアランスと使いやすさを追求した新GUI画面をはじめ、入力ソースに応じてあらかじめ設定された音場/音質設定や2D/3D選択、パワーアンプアサインなどの各種設定を同時に切り替えられる「SCENE PLUS」(シーンプラス)を装備しました。本機の「SCENE PLUS」には最大12パターンの「シーン」(入力ソースと設定の組み合わせ)を登録でき、そのうち4パターンはリモコンのSCENEボタンで直接選択、残り8パターンはGUI画面上で選択できます。さらにZONE(ゾーン)機能使用時には、各ゾーンにそれぞれ4パターンずつの「シーン」を割り当てることが可能です。

RX-V3067/2067/1067 機能比較

型番 RX-V3067 RX-V2067 RX-V1067
筐体 左右対称コンストラクション
ダブルボトムコンストラクション
H型クロスフレーム
新設計ヒートシンク
リジットボトムフレーム
高剛性レッグ
オーディオ回路 DAC トータル11.2ch分 トータル9.2ch分 トータル7.1ch分
DSD1796 2ch DAC×4他 PCM1789 2ch DAC×4他 PCM1789 2ch DAC×4
ブロックケミコン容量 18,000uF×2 12,000uF×2 12,000uF×2
DAC on Pure Ground
ウルトラロージッターPLL回路
デュアルオーディオクロック
(ネットワークオーディオ用)
高速熱帰還パワーアンプ
シネマDSP シネマDSP3(キュービック)
最大拡張ch数 11.2ch 9.2ch 7.1ch
シネマDSP<3Dモード>
VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)
HDオーディオ対応 ○*
YPAO YPAO-R.S.C
DSPエフェクトレベルノーマライズ
マルチ計測
角度測定
ネットワークレシーバー機能 FLAC対応(96kHz/24bit)
Windows7 & DLNA1.5対応
USBサポート(48kHz)
Webブラウザコントロール
映像処理回路 HQV搭載
マルチケイデンス検出
オートコントラスト強調
ディティール強調 調整可能 オート 固定
エッジ強調 調整可能 オート
オートリゾリューションエンハンス
オートノイズリダクション
    モスキートノイズリダクション 調整可能 オート
ブロックノイズリダクション 調整可能 オート
テンポラルノイズリダクション 調整可能 オート

*DTS-HD Master Audio/DTS-HD High Resolutionについては、コア部分のみ<シネマDSP>を付加することができます

(シリーズ各モデルの相違点)

●筐体
左右対称コンストラクションとリジッドボトムフレームによる制振・高剛性シャーシを3機種ともに採用。これに加えてRX-V3067/V2067にはH型クロスフレームも採用しています。さらにRX-V3067では底板を二重にしたダブルボトム構造と鋳鉄製レッグを追加してさらなる音質チューニングを行なっています。

●オーディオ回路
高速熱帰還トランジスターと新型ソリッドヒートシンク(RX-V3067/V2067はブラックアルマイト仕上げ)を採用したディスクリート構成パワーアンプ、D.O.P.G.コンセプトなどの基本構成は3機種共通ですが、電源部や音質対策パーツは3機種それぞれに異なり、パワーアンプ部の1チャンネルあたりの出力はRX-V3067が140W、RX-V2067が130W、RX-V1067が105Wです。またRX-V3067のD/Aコンバーター部はDSD1796を主要7ch分に搭載した特別仕様としています。

●シネマDSP
シネマDSP<3Dモード>を3機種ともに採用。RX-V3067/V2067ではすべてのHDコンテンツで<シネマDSP>を使用できます。さらにRX-V3067には最大11.2ch出力のシネマDSP3(キュービック)を、またRX-V2067には9.2ch出力によるフルスペックのシネマDSP<3Dモード>を搭載しています。フロントプレゼンススピーカーなしでシネマDSP<3Dモード>再生を手軽に楽しめるVPSは3機種ともに採用しています。

●YPAO
部屋の初期反射音を厳密に計測してスピーカーの設置位置の違いなどによるチャンネル間の音質・音場偏差を補正するYPAO-R.S.C.と、開発者の意図に忠実なシネマDSP効果が再生環境に応じて得られるDSPエフェクトノーマライズをRX-V3067/V2067に搭載。さらにRX-V3067では専用の三叉マイクスタンド(付属)を使用したスピーカー角度計測にも対応しています。最大8ヶ所のマルチポイント計測は3機種ともに採用しています。

●ネットワークレシーバー機能
Windows7&DLNA1.5準拠、最高96kHz/24bitのFLAC対応、最高48kHzのUSBサポートを3機種ともに実現。さらにRX-V3067と2067では96/48kHz入力と44.1/88.2kHz入力それぞれに独立して設けた高精度内蔵クロックが高音質再生に貢献するデュアルオーディオクロックも装備しています。

●映像処理回路
最先端のIDT HQV Vida™ビデオプロセッサー、VHD1900をRX-V3067とV2067に搭載。さらにRX-V3067では6項目の映像補正パラメーターを自動調整、またはユーザー自身で微調整することができます(RX-V2067では自動調整のみ)。

RX-V3067/V2067/V1067主な仕様

型番 RX-V3067 RX-V2067 RX-V1067
実用最大出力(非同時駆動、JEITA フロント 185W+185W 175W+175W 145W+145W
6Ω) センター 185W 175W 145W
  サラウンド 185W+185W 175W+175W 145W+145W
  サラウンドバック/ 185W+185W 175W+175W 145W+145W
  プレゼンス
音声入力 アナログ AV 1〜4、AUDIO 1〜4、PHONO、VIDEO-AUX
Multi CH:FRONT、SUR、SUR.BACK、SWFR、CENTER
デジタル 光 4 (AV 3〜4、AUDIO 1、VIDEO-AUX)
同軸 3 (AV 1、AV 2、AUDIO 2)
音声入力(その他) DOCK 1、USB (Full Speed) 1、Ethernet 1
映像入力 コンポーネント 4 (AV 1〜4)
D4ビデオ 1 (AV 1)
Sビデオ 5 (AV 1〜4、VIDEO-AUX)
コンポジット 5 (AV 1〜4、VIDEO-AUX)
音声出力 SP OUT 7ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバック/バイアンプL/R)
拡張 SP OUT 4ch:フロントプレゼンス/Zone2/Zone3 4ch:フロントプレゼンス/Zone2/Zone3 2ch:フロントプレゼンス/Zone2 
リアプレゼンス/Zone2/Zone3 Zone2/Zone3
PRE OUT 9ch : 7ch : 7ch :
フロント/フロントプレゼンスL/R、 フロント/フロントプレゼンスL/R、 フロントL/R、
センター、サラウンドL/R、 センター、サラウンドL/R、 センター、サラウンドL/R、
サラウンドバックL/R、 サラウンドバックL/R サラウンドバックL/R
リアプレゼンスL/R (Zone3と排他)    
  サブウーファー OUT 2 サブウーファー OUT 2
サブウーファー OUT 2 (STEREO、FRONT&REAR×2) (MONO×2)
(STEREO、FRONT&REAR×2)    
その他 AV OUT 1 AV OUT 1 AV OUT 1
Zone2 OUT 1 Zone2 OUT 1 Zone2 OUT 1
Zone3/R,PRNS Pre OUT 1 Zone3 OUT 1  
映像出力 MONITOR OUT/ コンポーネント 1
ZONE OUT コンポジット 1
  Sビデオ 1
AV OUT コンポジット 1
Sビデオ 1
HDMI入力 8 (前面入力1)
HDMI出力 2
HDMIアップスケーリング 1080p対応
総サラウンドプログラム数 44 (シネマDSPプログラム数は23) 44 (シネマDSPプログラム数は23) 38 (シネマDSPプログラム数は17)
消費電力 280W 280W 275W 
待機時消費電力 HDMI コントロール ON時 2.7W以下
HDMI コントロール OFF時 0.3W以下
寸法(幅×高さ×奥行) 435W×182H×430Dmm 435W×182H×430Dmm 435W×182H×430Dmm
質量 18.5kg 16.0kg 14.7kg
付属品 リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、YPAO用マイク、マイクプレート、電源コード(極太OFCタイプ) リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、YPAO用マイク、電源コード リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、YPAO用マイク、電源コード
※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back