YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


オーディオ編集やボーカル、ギター録音などの音楽制作環境をどこでも簡単に実現
■手軽に録音や音楽制作が始められるオーディオインターフェイスとソフトウェアのパッケージ

CI1 CI2+

−好評の「CI2」に加え、ニーズに応じたパッケージを用意、8月2日発売−

スタインバーグ USBオーディオインターフェイス 『CI1』 スタインバーグ USBオーディオインターフェイス 『CI1』
オープンプライス
2010年8月2日(月) 発売予定

スタインバーグ USBオーディオインターフェイス 『CI2+』 スタインバーグ USBオーディオインターフェイス 『CI2+』
オープンプライス
2010年8月2日(月) 発売予定

2010年7月2日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、100%子会社であるSteinberg Media Technologies GmbH(本社:独・ハンブルグ市、以下スタインバーグ社)との共同開発によるスタインバーグブランドのオーディオインターフェイスと音楽制作ソフトウェアのパッケージ商品、USBオーディオインターフェイス『CI1』(シー アイ ワン)および『CI2+』(シー アイ ツー プラス)を2010年8月2日(月)より発売します。


<価格と発売日>

品名 品番 メーカー希望小売価格 発売日
スタインバーグ
USBオーディオインターフェイス
CI1 オープンプライス 2010年8月2日(月)
CI2+ オープンプライス 2010年8月2日(月)

<製品の概要>

 スタインバーグ社は、「アーティストがクリエイティビティを最優先した方法で、そして誰にでも入手できるテクノロジーを使って音楽制作できるように支援すること」 を理念に1984年に設立され、昨年25周年を迎えました。その間、音楽制作環境の形を確立したデジタル・オーディオ・ワークステーション(以下DAW)ソフトウェア「Cubase(キューベース)」、ポストプロダクション、レコーディング、サラウンドプロダクションなどにおけるプロフェッショナルの要望に応える「Nuendo(ヌエンド)」など、幅広いソフトウェア製品を開発しています。2008年には、当社とスタインバーグ社の開発スタッフが一丸となって作り上げたDSP内蔵オーディオインターフェース「MR816 CSX」やDAWソフトウェア専用コントローラ「CC121」を発売、ソフトウェアとハードウェアのシナジーにより優れた音楽制作環境を提供し、国内外より高い評価を得ています。

 今回発売するUSBオーディオインターフェイス『CI1』『CI2+』は、昨秋に発売し好評を得ている「CI2」に続く、USB接続タイプのオーディオインターフェイスと音楽制作ソフトウェアを同梱したパッケージ商品です。マイク、ギター、ラインといった多彩な入力ソースに対応したStereo In/Outのオーディオインターフェイス機能を備え、コンパクトかつ高いデザイン性を実現し可搬性にも優れています。
 『CI1』は、オーディオ素材による音楽制作やオーディオ録音・編集・マスタリングが手軽に楽しめるパッケージで、ユニークなソフトウェア『Sequel(シーケル)LE』『WaveLab(ウェーブラボ)LE』を同梱しています。
 『CI2+』は、「CI2」で好評のコントローラー機能をさらに強化した楽器演奏者向けのパッケージで、『Cubase Essential 5』と強力なDAWソフトウェアを同梱しています。
 いずれも高品位かつ高機能ながら使いやすさも両立しています。電源はUSBバスパワーで供給されるため、専用の電源アダプターは不要。コンピューターにソフトウェアをインストールしておけば、オーディオインターフェイスをUSBケーブルで接続し、マイクやギターをつなぐだけで、簡単に最高24bit/48kHzデジタルオーディオレコーディングや音楽制作が可能となります。

 詳細は以下の通りです。

<『CI1』の主な特長>

● コンデンサマイクも使用可能な+48Vファンタム電源付き高品質マイクプリアンプを2基搭載
『CI1』は、『CI2+』や「CI2」と同様に、XLR(キャノン)/フォーンの両プラグに対応する、コンボジャック仕様の2系統の入力端子と高品位なマイクプリアンプを搭載しています。+48Vファンタム電源を装備しているため、ダイナミックマイクだけでなくコンデンサーマイクも最大で2本同時に使用可能。さらに入力端子1にはハイインピーダンス切り替えスイッチを備えているので、エレキギターやベースをダイレクトに接続できます。
● 初めての方にも使いやすい素材が揃った音楽制作ソフトウェア『Sequel LE』を同梱
『Sequel LE』は、『CI1』のために新開発された音楽制作ソフトウェア「Sequel 2」の特別バージョンです。コンピューターでの音楽制作を初めて行なう方のために、必要な機能、音素材を厳選して搭載しました。録音や編集、エフェクト、ミキシング、ループを使ったパフォーマンスなど一通りの作業を行なうことができます。『Sequel LE』はWindowsとMacの両方に対応しているほか、製品版の「Sequel 2」同様、オプションの追加音素材「Sequel Content Sets」も利用可能です。また、『Sequel LE』で作成したプロジェクトファイルは、製品版の「Sequel 2」とファイル互換性がありますので、安心して「Sequel 2」へアップグレードすることができます。
『Sequel LE』画面イメージ
● オーディオ素材の編集やマスタリング用のソフトウェア『WaveLab LE』を同梱
『WaveLab LE』は、『CI1』のために新開発されたオーディオ編集・マスタリング用のソフトウェア「WaveLab」シリーズの特別バージョンです。オーディオの録音、編集、マスタリングなど数ある機能の中からエントリー向けに必要な機能を厳選して搭載しました。WindowsとMacの両方に対応しており、CDクオリティのオーディオ素材を2トラックで編集できるだけでなく、スタインバーグ社の音楽制作ソフトウェア「Cubase」から移植した実用的なVSTエフェクトを10種類以上搭載。また、Podcast機能により、音楽や録音した音声をインターネット上で共有することも可能。多彩なオーディオフォーマットにも対応しています。
『WaveLab LE』画面イメージ

<『CI2+』の主な特長>

● コンデンサマイクも使用可能な+48Vファンタム電源付き高品質マイクプリアンプを2基搭載
『CI2+』は、『CI1』や「CI2」と同様に、XLR(キャノン)/フォーンの両プラグに対応する、コンボジャック仕様の2系統の入力端子と高品位なマイクプリアンプを搭載しています。+48Vファンタム電源を装備しているため、ダイナミックマイクだけでなくコンデンサーマイクも最大で2本同時に使用可能。さらに入力端子1にはハイインピーダンス切り替えスイッチを備えているので、エレキギターやベースをダイレクトに接続できます。
● 簡単セットアップ「AI Functions」&「AI READY」
AI Functions
『CI2+』のドライバがインストールされていれば、『CI2+』をコンピューターにUSB接続するだけで「AI Functions」が機能し、自動的に接続設定が行われます。『CI2+』フロントパネル右上の“AI READY”LEDが点灯し、準備が整ったことを知らせます。また「AI Functions」は、同梱ソフトの『Cubase Essential 5』だけでなく、「Cubase 5」「Cubase Studio 5」「Cubase AI 5」のバージョン5.1.1以上であれば利用することができます。
● 新しいワークスタイルを提案する「AIノブ」を搭載
「AIノブ」は、“ポイント アンド コントロール”を実現する高精度コントローラーです。視線を正面モニターから離さずに、右手でマウス、左手で「AIノブ」を操作する新しいワークスタイルを提案します。マウスポインターを「Cubase」の編集画面上のパラメーターに合わせれば、自動的にそのパラメーターが「AIノブ」に割り当てられるため、素早く正確にそのパラメーターをコントロール可能です。
AIノブ
● プロジェクトアシスタント
プロジェクトアシスタント
プロジェクトアシスタントは、レコーディング、スコア作成、プロダクション、マスタリングなどさまざまな目的とスタイルに合わせて、あらかじめ用意された豊富なテンプレートをプロジェクト作成時に表示してくれるものです。これらのテンプレートには、必要に応じて、トラック数、エフェクト、ダイナミクスなどがすでに設定されており、「AIノブ」の操作で簡単に選択できます。エレキギターやボーカルの録音などの新規プロジェクトの作成を手早く行うことができます。
● インタラクティブレコーディング
フロントパネル右下の「アクションパッド」を押すことで、最大6つのレコーディングに関わるトランスポートコマンド(録音、再生、停止など)を順に実行することができ、録音プロセスの一連の操作が簡単に行えます。操作の流れのテンプレートが用意されているほか、多くのトランスポートコマンドの選択肢の中からオリジナルの設定も可能です。また、フットスイッチ「FC5」(別売)を利用すれば、楽器から手を離さずに“ハンズフリー”で録音プロセスの一連の操作が可能です。
アクションパッド
● トランスポートコントロール
『CI2+』には新たに「Cubase」のトランスポートコントローラーボタンを4つ搭載。[PLAY/STOP]ボタン、[REC]ボタン、[PREVIOUS]ボタン、[NEXT]ボタンを用いて、再生/停止、録音、巻き戻し、早送りといった操作が可能です。また、アクションパッドによるインタラクティブレコーディング機能と併用もできます。
トランスポートコントローラーボタン
● 本格的な音楽制作ソフトウェア『Cubase Essential 5』を同梱
『CI2+』には『Cubase Essential 5』を同梱しています。フラッグシップグレード「Cubase 5」と同じ高音質オーディオエンジンを搭載し、作曲、レコーディング、ミキシング、ポッドキャストなどに必要不可欠な機能をコンパクトにまとめて実装。ピッチ補正を行う「Pitch Correct」、リズムパートを即座に作成できる「Beat Designer」、VSTインストゥルメント「HALion ONE」、「Prologue」といった多彩なプラグインを満載。上位グレードから魅力的な機能を多数受け継ぎ、クリエイティブな音楽制作を実現する最新鋭のDAWソフトウェアです。
『Cubase Essential 5』画面イメージ

<動作環境>

■『CI1』パッケージ(『CI1』本体+ソフトウェア『Sequel LE』『WaveLab LE』)の動作環境
  Macintosh Windows
対応OS Mac OS X 10.5.5 以降、Mac OS X 10.6 Windows XP(SP3)、Windows Vista(SP1)、Windows 7
CPU Intel社製CPU (Power PC G5非対応) 2GHz 以上(Dual Coreプロセッサーを推奨)
メモリー 1GB以上 1GB以上
ハードディスク空き容量 1GB以上の空き容量 1GB以上の空き容量
オーディオドライバ Core Audio ASIO または WDM
ディスプレイ 1280 × 800 ピクセル以上 - フルカラー 1280 × 800 ピクセル以上 - フルカラー
その他 ・DVD-ROMドライブ
・USB 端子:CI1本体接続用
・インターネット接続環境
(ユーザー登録、ソフトウェアのアップデータ・ダウンロード用)
・DVD-ROMドライブ
・USB 端子:CI1本体接続用
・インターネット接続環境
(ユーザー登録、ソフトウェアのアップデータ・ダウンロード用)
* 『Sequel LE』『WaveLab LE』は、Windows Vista 64ビット版およびWindows 7 64ビット版では32ビットアプリケーションとして動作します。
* 上記の動作環境、推奨環境を満たしている場合でも、全てのコンピューターにおける動作を保証するものではありません。
* コンピューターの総合的な性能によりパフォーマンスに違いがあります。
■『CI2+』パッケージ(『CI2+』本体+ソフトウェア『Cubase Essential 5』)の動作環境
  Macintosh Windows
対応OS Mac OS X 10.5.5 以降、Mac OS X 10.6 Windows XP(SP3)、Windows Vista(SP1)、Windows 7
CPU Power PC G5以上 (Intelプロセッサーを推奨) 2GHz 以上(Dual Coreプロセッサーを推奨)
メモリー 1GB以上 1GB以上
ハードディスク空き容量 4GB以上の空き容量 4GB以上の空き容量
オーディオドライバ Core Audio ASIO または WDM
ディスプレイ 1280 × 800 ピクセル以上 - フルカラー 1280 × 800 ピクセル以上 - フルカラー
その他 ・DVD-ROMドライブ
・USB 端子:CI2+本体接続用
・インターネット接続環境
(ライセンスアクティベーション、ユーザー登録、ソフトウェアのアップデータ・ダウンロード用)
・DVD-ROMドライブ
・USB 端子:CI2+本体接続用
・インターネット接続環境
(ライセンスアクティベーション、ユーザー登録、ソフトウェアのアップデータ・ダウンロード用)
* 『Cubase Essential 5』は、Windows Vista 64ビット版およびWindows 7 64ビット版では32ビットアプリケーションとして動作します。
* 上記の動作環境、推奨環境を満たしている場合でも、全てのコンピューターにおける動作を保証するものではありません。
* コンピューターの総合的な性能によりパフォーマンスに違いがあります。

<本体電気的特性>

(『CI1』『CI2+』共通)
AD/DA 24 bit
サンプリング レート 48 kHz (最大)
ゲイン +60 dB (-60dB 〜 -16dB)
Hi-Zボタン 入力インピーダンス 500 Ohm
周波数特性 20Hz – 20kHz (-3dB @ 1kHz)
THD+N 0.05% (@ 1kHz、出力レベル: +4dBu)
ダイナミック レンジ 96 dB (A-weighted)
消費電力 5V 500mA 2.5W  (USB バス パワー駆動)

<本体仕様>

  CI1 CI2+
入力 MIC入力 2(LINE入力兼用) 2(LINE入力兼用)
Hi-Z入力 1(INPUT1) 1(INPUT1)
MONOボタン
ファンタム電源 48V(INPUT1&2) 48V(INPUT1&2)
INPUT端子 コンボ端子×2(1/L、2/R) コンボ端子×2(1/L、2/R)
出力 MASTERコントロール ○(LINE OUT) ○(LINE OUT)
PHONEコントロール ○(PHONES) ○(PHONES)
MIXコントロール ○(INPUT-DAW) ○(INPUT-DAW)
OUTPUT端子 フォーン端子×2(L/R) フォーン端子×2(L/R)
PHONE端子 フォーン端子×1 フォーン端子×1
その他 Audioフォーマット 最大24bit/48kHz 最大24bit/48kHz
USB規格 USB1.1 USB1.1
USB端子 TO HOST ×1 TO HOST ×1
電源 USBバスパワード USBバスパワード
寸法 190(W)×45.4(H)×134.5(D)(mm) 190(W)×45.4(H)×134.5(D)(mm)
重量 640 g 701 g
同梱品 STEINBERG SOFTWARE DVD-ROM
Tools CD-ROM
取扱説明書
USBケーブル
Cubase Essential DVD-ROM
Tools CD-ROM
取扱説明書
USB-eLicenser
(USBプロテクションデバイス)
ESSENTIAL PRODUCT LICENSE INFORMATIONカード
USBケーブル
フェライトコア

文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back