YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


好評の「inpresX」シリーズに長尺仕様を追加
新バランスコンセプト「軽(けい)バランス」により、
長尺46.75インチながらC7バランスを実現してヘッドスピードをアップ

ヤマハ ウッドクラブ

インプレス・エックス エスティー・ロング・ニイマルイチ
inpresX ST-Long 201

ヤマハ ゴルフクラブ 『inpresX ST-Long 201』(ドライバー) ヤマハ ゴルフクラブ 『inpresX ST-Long 201』(ドライバー)
価格=81,900円(税込)

2010年3月3日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、ゴルフクラブ『inpresX』(インプレス・エックス)シリーズの新製品として、『inpresX ST-Long 201(インプレス・エックス・エスティー・ロング・ニイマルイチ)』を4月3日(土)から発売いたします。


<価格と発売日>

品名 モデル名 シャフト 番手 価格(税込) 発売日
ヤマハ
ウッドクラブ
inpresX
ST-Long 201
orbit
TBX-410D
ST-Long
ドライバー(W#1) 81,900円 4月3日(土)
◎初年度国内販売予定数:1,500本

<製品の概要>

 2002年12月に発売したヤマハゴルフクラブ「inpres」シリーズは、“長いゴルフ経験によって培ったゴルフスタイルを持ち、プライドがあるゴルファー”を対象に開発したモデルで、その優れた性能、外観等で好評を得てきました。
 同シリーズは昨年11月に2010年モデルを発売、ドライバーは新開発シャフト「orbit(オービット)」や、新フェース構造「OCTAFACE(オクタフェース)」を採用、安定して長い飛距離を実現する、中・上級者向けモデルとして高い評価を得ています。

 このたび新発売する『inpresX ST-Long 201』は、そのドライバー『inpresX D201』を長尺(46.75インチ)仕様としたものです。
 『inpresX ST-Long 201』は、新バランスコンセプト「軽(けい)バランス」に基づき、ヘッドと総重量を軽量化することで現行モデル(『inpresX 4.6 ST-Long r.p.m.』)よりも、バランスを3ポイント軽量化したC7バランス(*)を実現、振り遅れを減らし、ヘッドスピードを上げることでトータルの飛距離を伸ばしています。 *SR/Rフレックス時
 また『inpresX』の2010年モデルで採用した、スイング軌道をレベルアッパーに修正する「orbit」シャフトや、フェースの打点分布に合わせた新設計フェース「OCTAFACE D」を採用、33.5mmという短めの重心距離設計による安定した操作性とともに、やさしくつかまる高弾道低スピンドローを生み出し、中級ゴルファーでも安定した飛距離の伸びを実現しています。

 詳細は以下の通りです。

<製品の特長>

1.新バランスコンセプト「軽(けい)バランス」により、長尺ながらC7バランスを実現
新バランスコンセプト「軽バランス」に基づき、ヘッドの軽量化に加え、長尺モデルながら総重量を標準モデル(『inpresX D201』)よりも軽量化。46.75インチでC7バランスを実現し、ヘッドスピードの向上を可能にします。これにより、中級ゴルファーでも安定した長い飛距離が得られます。
2.最大飛距離を引き出す新開発の「orbit(オービット)」シャフトを採用
新開発のST-Longモデル専用「orbit」シャフトによるスイング軌道と剛性曲線
新開発のST-Longモデル専用「orbit」シャフト
によるスイング軌道と剛性曲線
ヤマハオリジナルの「orbit」シャフトを採用。長尺モデルに合わせて設計したこのシャフトは、スイング軌道をレベルアッパーに修正しながら、インパクト時にヘッドスピードを最大加速させる、つかまり重視の設計によって、楽につかまえながら初速を上げ、飛距離をさらに伸ばします。
3.打点分布に合わせた新フェース「OCTAFACE(オクタフェース) D」による安定した飛び
ゴルファーの打点に合わせた「OCTAFACE D」を採用、高い反発エリアを有効に広げ、打点がばらついても飛距離のロスを低減し、常に安定した飛びを実現しています。
新フェース「OCTAFACE D」の打点分布に基づく反発エリア 反発分布図
新フェース「OCTAFACE D」の打点分布に基づく反発エリア(左)と反発分布図(右)
4.つかまりやすい操作性と吹きあがらない最適なバックスピン
33.5mmの短めの重心距離設計により、振りやすさを追究して操作性を安定させました。また従来モデルの「r.p.m.コンセプト」を継承、最適なバックスピン量を実現し、吹きあがらない重い弾道が得られます。

<主な仕様>

ロフト角(度) 9 10 11
ライ角(度) 61.0
フェース角(度) フック1.0
ヘッド体積(cm3 460
重心距離(m/m) 33.5
シャフト orbit TBX-410D ST-Long
(Specially Tuned for Long version)
シャフト硬さ S S SR R R
シャフト重量(g) 51 51 46 44 44
シャフトトルク(°) 4.4 4.4 4.9 5.1 5.1
シャフト調子 先&元
クラブ長さ(インチ) 46.75
バランス C8 C7
総重量(g) 282 278 276
グリップ インプレスXオリジナルラバー NDレッド(45g・M60相当・バックラインあり)
構造 ELF鍛造チタンカップフェース、KS100鍛造チタンボディ
*9°は特別注文品です。
*日本製
*文中の社名および「inpres(インプレス)」は当社の登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back