YAMAHA News Release お問い合わせ先
報道関係の方


自動演奏機能付ピアノ一部機種の部品の発煙による
無償修理の実施に関するお知らせ

2009年11月10日

 ヤマハ株式会社(本社:浜松市中区 代表取締役社長:梅村 充)が、2004年10月から2009年9月にかけて販売した自動演奏機能付ピアノ、ヤマハ サイレントアンサンブルピアノ SEB シリーズの一部製品において、弱音用のソフトペダルを制御する内部部品に発煙、発火する可能性があることが判明致しました。現時点では、お客様に怪我などの人的被害は報告されておりません。当社では、事故原因の究明に努めてまいりましたが、この程、原因の特定が出来、同様の状態が発生する可能性のある対象製品の絞込みと具体的な対策の準備が整いましたので、対象製品の部品交換・点検等を含めた無償修理の実施を決定いたしました。
 対象となる機種をご使用中のお客様には、ご心配、ご迷惑をお掛けすることになりますことを深くお詫び申し上げるとともに、対策の実施についてご協力を頂きますようお願い申し上げます。
 当社は今回の事態を真摯に受け止め、製品の安全、品質の向上に更に努力をして参ります。


1.事故内容

   自動演奏中に、ピアノ本体左下内部にある部品「ロックソレノイド」(小さな音量で再生する際、左側のソフトペダルを踏んだままの状態に固定するためのロック機構を動かす電気部品)から異臭と共に発煙、発火する事故が報告されております。
 * 消費者庁ホームページにて9月25日付けにて重大事故案件として公開済み

なお、発煙または発火により、製品本体及び周辺への延焼には至らないことを確認しております。


2.事故原因

  「ロックソレノイド」の動きを制御する仕組みが誤動作し、「ロックソレノイド」に過電流が流れ続けたため、異常発熱して発煙や発火に至る場合がありました。
誤動作を起こす原因は以下の通りです。

2004年9月に変更した電子部品(ダイオード)の一部に、漏れ電流が大きい現象を示すものが見つかりました。それが回路内に電子的ノイズを発生させ、そのノイズが「ロックソレノイド」の動きを制御する信号線に伝播し、誤動作を誘発させることが分かりました。

原因がはっきりしたことと、それを基にして有効な対策を立てることができたため、対象製品の部品交換・点検等を含めた無償修理の実施を決定いたしました。


3.対象となる製品

  1) 品名
    ヤマハ サイレントアンサンブルピアノ SEB シリーズ(自動演奏機能付ピアノ)

  2) 品番
  YM11SXGZ, YM11Wn-SEB, YM11Sa-SEB, YM11SXGZホワイト
YU10SEB, YU10Wn-SEB, YU10MhC-SEB, YU10WnC-SEB, YU10SEBブライトアイボリー、YU10SEBホワイト
YU30SEB, YU30Wn-SEB, YU30MhC-SEB, YU30WnC-SEB, YU30CE-SEB, YU30SEBブライトアイボリー, YU30SEBホワイト
YU50SEB, YU50Wn-SEB, YU50MhC-SEB, YU50WnC-SEB, YU50SEBブライトアイボリー, YU50SEBホワイト
YUS1SEB, YUS1MhC-SEB, YUS1Wn-SEB, YUS1SEBブライトアイボリー, YUS1SEBホワイト
YUS3SEB, YUS3MhC-SEB, YUS3Wn-SEB, YUS3SEBブライトアイボリー, YUS3SEBホワイト
YUS5SEB, YUS5MhC-SEB, YUS5Wn-SEB, YUS5SEBホワイト

3) 製造番号
  6095681〜 6264935

  4) 製造期間、販売期間、製造台数、販売台数
    製造期間:2004年 8月 〜 2008年11月 製造台数:2,285台
販売期間:2004年10月 〜 2009年 9月 販売台数:2,285台
全国のヤマハ特約楽器店などで販売


4.対策

  以下2点の部品交換・点検を対策として実施します。
お客様宅での所要時間は1時間程度を想定しています。

  1) 発煙・発火の原因の除去
   
     ROMの変更 −  0.004秒毎にペダル制御部を正常な状態に設定するよう改修した制御ソフトウェアを搭載するROMに交換します。
誤動作によってロックソレノイドに過電流が流れても、0.004秒以内に正常な状態に回復しロックソレノイドの連続加熱を防止します。

  2) ノイズ伝播の除去
   
     配線変更  −  ノイズ発生源の配線を他と離し、ノイズ伝播を減少させる対策を講じます。



5.お客様への対応

  告知
    本日の報道関係向け発表に加え、以下の告知策を実施します。

   
(1) 明日の新聞紙上への謹告の掲載
(2) ヤマハ株式会社ホームページに本件に関する情報の掲載
(3) 売買契約書およびユーザー登録等で連絡先の判明しているお客様へのダイレクトメールおよびお電話でのご案内の実施
(4) ヤマハ サイレントアンサンブルピアノ フリーダイヤルの設置

  対策要領
    ご連絡のついたお客様より、ご購入頂きました特約楽器店のサービス技術者、または弊社サービス技術者がお客様宅を訪問し、対策用部品への交換・点検を無償にて実施させて頂きます。
上記の対応が実施されるまで、対象機種をご使用のお客様には、本体の電源コードを家庭用コンセントから抜いて頂き、自動演奏機能のご使用を停止して頂きますようお願いいたします。

輸出品につきましては、弊社の現地法人などを通じ販売国の関連法や事情に沿った対応をとっていく予定です。


6.お客様お問合せ先

  ヤマハ サイレントアンサンブルピアノ フリーダイヤル
   
       電話番号      フリーダイヤル 0120-286-808
  受付開始日    2009年11月10日 午後3時
  受付時間    月〜金曜日  午前10時から午後6時
        土曜日  午前10時から午後5時
        (日曜日・祝日及び弊社休業日を除く)

以上

お問い合わせ先 報道関係の方
back