YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


バンドを通じたアジアの若者の国際交流
■11の国と地域から代表アマチュアバンドが集う「アジアNo.1バンド決定戦」

Tokyo Band Summit 2009 vs Asian Beat(トーキョーバンドサミット2009 バーサス アジアンビート)
グランドファイナル進出バンドが決定!

−11月8日(日)・パシフィコ横浜/国立大ホールにて開催−
2009年9月29日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、若手アマチュアバンドを対象とした、日本国内に加えてアジアの11の国と地域から代表バンドが集結する“アマチュアバンドのアジアNo.1決定戦”イベント、『Tokyo Band Summit 2009 vs Asian Beat(トーキョーバンドサミット2009 バーサス アジアンビート)』を11月8日(日)に横浜市のパシフィコ横浜/国立大ホールにて開催しますが、このほどそのグランドファイナルに出場する13バンドが決定しました。


<イベントの概要>

 このたび開催する『Tokyo Band Summit 2009 vs Asian Beat』は、日本国内で予選を勝ち抜いた3バンドと、アジアなどの10の国と地域(中国、香港、インドネシア、マレーシア、メキシコ、モンゴル、シンガポール、韓国、台湾、タイ)の代表が、オリジナル曲の演奏を行い、アジアNo.1バンドを決定する、“アマチュアバンドのアジアNo.1決定戦”です。会場は「2009楽器フェア」(11/5〜8)が行われるパシフィコ横浜の「国立大ホール」で、一般客(入場無料)や各バンドの応援団を含む、約5,000人の観客を見込んでいます。
 11月8日(日)に行われる『Tokyo Band Summit 2009 vs Asian Beat GRAND FINAL』の出場バンドは以下の通りです。
国/エリア 本拠地 バンド名 エントリー曲
中国 北京市 G-ELEVEN Walk Slowly
香港 香港 Blaster(ブラスター) 外遊尋味
インドネシア ジャカルタ W.A.R (Walk After Running) Don't Ever Come Back
マレーシア ケダ州
アロスター市
WIND RISING NEVERMIND
メキシコ メキシコシティ Kitchen "Una Noche Amarga (Es Amor…)"
モンゴル ウランバートル市 The Lemons Sex, Rock & …
シンガポール シンガポール市 BLACK Free Me
韓国 京畿道 PRB(Paran Byeol; blue star) I do as I want
台湾 台北市 Zenkwun Sa-Ye/ Revolt
タイ チェンマイ市 Zaitan Zoom
日本(1) 東京都 ソノダバンド Take me to the carnival
日本(2) 大阪府 Storm Bringer Story Nobody Knows
日本(3) 東京都 Pleasant Noiz 苛立ち先に立たず
 なお、日本からのエントリー数は652組、日本以外の国や地域からの総エントリー数は約1,000組となりました。また入場希望者はすでに3,000人を超えています。日本から出場するのは、2006年にシンセサイザー・コンテストで全国1位を獲得した園田涼さんを中心として結成された、全員が東大生の「ソノダバンド」を始めとする3バンド。他の10の国や地域から出場するバンドも、ハードロックから、その地域ならではの音楽を取り入れたバンドなど、バラエティ豊かな顔ぶれが揃いました。

 また参加する国と地域の大使館・領事館からの協力もあり、イベント当日は横浜開港150周年にふさわしい国際色豊かな応援合戦が予想されます。なお特別審査員として、今年再結成された人気バンド「Mr.Big」(ミスター・ビッグ)のベーシスト、ビリー・シーン氏を迎え、ゲスト審査員のみなさんと共に出場バンドの審査にあたるほか、クリニックも行う予定です。
○ビリー・シーン氏 プロフィール
ロックシーンにおける超絶技巧派ベーシストの一人であり、Talas、David Lee Roth Band、Mr.Big、Niacinなどのバンドで数々の名演奏を残している。今年2月、Mr.Bigの再結成を発表、6月に日本でのツアーが行われ、10公演全てがソールドアウトとなった。 公式ホームページ:http://www.billysheehan.com/
 さらに、当日終演後、会場内1F「マリンロビー」にて出場するバンド同士、または応援団、入場者のみなさんが交流する場を設けており、そこでは各バンドの演奏を収録した無料のコンピレーションCD(限定1000枚予定)を配布します。このほか、今回参加の10の国と地域に対する“植林”や“地球温暖化防止の活動”を実行する、NPO法人「NICE(日本国際ワークキャンプセンター)」による募金活動も行われます。

 また『Tokyo Band Summit 2009』(国内大会)の全エントリーバンド652組から10組の優秀音源がセレクトされ、アーティスト支援サービス「viBirth」(ヴィバース:http://www.vibirth.com/)での有料配信が今年8月上旬から行われています。
 同サイトでは、日本代表バンドおよびアジア各代表バンドの演奏音源および詳細なプロフィール、アーティスト写真などをサイト上に掲載、国内および海外一般リスナーからの人気投票を行います。得票数1位のバンドに投票したリスナーには抽選で賞品が贈られたり、1位となったバンドにはビリー・シーン氏の「楽屋訪問権」が与えられるなど、グランドファイナルまで、ネット上で『Tokyo Band Summit 2009 vs Asian Beat』を盛り上げます。
○「viBirth」とは
「viBirth」(ヴィバース)(運営:株式会社ブレイブ)では、アーティストが自らクリエイトする音楽作品のディストリビューションサービスをはじめとしたアーティスト支援サービスを行っています。(配信先:「viBirthStore」を始め「iTunes」、「Napster」などの世界標準のミュージックオンラインストアやコンテンツプロバイダ)
また2008年8月には世界での登録者2億人を超える最大級のSNS「MySpace(マイスペース)」と業務提携を行い、同SNSの公式ストアとなっています。

 なお当日の様子はテレビ局「TOKYO MX」によって収録が行われ、特別番組として同局から放映される予定です。

 イベントの概要、出場バンドのプロフィールは以下の通りです。

<実施概要>

名称 Tokyo Band Summit 2009 vs Asian Beat
主旨 精力的に活動を続けるアマチュアバンドに対し、ウェブを活用したアピール支援や、生の感動を共有できるライブの場を提供することにより、バンドの音をより多くの耳に届けるためのサポートプロジェクト『Tokyo Band Summit』のアジア拡大バージョン
内容 アジアの各国内大会を勝ち抜いた20代中心の実力派バンドが横浜に集まり、日本の代表バンドも同じステージに登り、オリジナル曲で共演。真のアジアNo.1を決定する、アジア頂上決戦
テーマ バンドを通じたアジアの若者の国際交流
主催 ヤマハ株式会社
共催 首都圏音楽スタジオ(95社174店)、海外10の国・地域のヤマハ現地法人
協賛 KDDIデザイニングスタジオ、viBirth
後援 外務省、横浜市
日程 2009年11月8日(日) 12:00開場、13:00開演
会場 パシフィコ横浜/国立大ホール 〜「2009楽器フェア」会場〜
入場料 無料(ただし、下記の全席指定無料チケットが必要)
出演 中国、香港、インドネシア、マレーシア、メキシコ、モンゴル、シンガポール、韓国、台湾、タイ、および日本からの国と地域の代表13組
ゲスト ビリー・シーン(Mr.Bigベーシスト)、ROLLY、西川進、SATOKO
表彰 グランプリ(1組)、準グランプリ(最大2組)、ベストプレイヤー賞(複数)
公式サイト http://www.tokyobandsummit.jp/

<チケット予約方法>

発券期間 定員になり次第受付終了
料金 無料。公式サイトにて「Pコード:615-200」を取得の上、チケットぴあ、ファミリーマート各店で全席指定無料チケットを入手。
問い合せ ヤマハ株式会社内「Tokyo Band Summit 2009」実行委員会 Tel.03-5488-6703

<本イベントの背景>

 当社では、若者層のバンド活動のバックアップを通じて音楽文化の振興を図るべく、首都圏の音楽スタジオで練習するバンドが、ネットを使ったアピールとステージでの演奏で競う『Tokyo Band Summit』を2004年から開催、2007年にはウェブによる全国エントリーもスタート、昨年は721ものバンドがエントリーするなど、年々規模が拡大し、5年間の累計で2,000組を超えるバンドの参加がありました。
 一方、当社の海外法人では、アジア各国・地域にて参加バンドを募り、「国・地域別大会」を経て、それぞれの代表が一堂に集まってアジアNo.1を決定する 『Asian Beat』を持ち回りで開催しており、昨年で11回目を迎えています。なおナンバーワンを決める『Asian Beat Grand Final』では、例年、前年の『Tokyo Band Summit』のベストバンドがゲスト演奏を行っています。
 ちなみに今年2月に香港で開催された『Asian Beat 2008-2009』の決勝大会(Grand Final)は、9つの国と地域からのバンドが参加し、韓国の「BROKEN VALENTINE」が優勝しました。
○『Tokyo Band Summit 2009 vs Asian Beat GRAND FINAL』タイムテーブル
11月8日(日)、パシフィコ横浜 国立大ホール
12:00 開場
13:00 開演
13:30〜 エントリーバンド1〜6組演奏
14:30 休憩
14:40〜 エントリーバンド7〜13組演奏
15:50 休憩
15:40 ゲスト「ホイドーズ」ライブ
 *2005年『Tokyo Band Summit 2005』優勝バンド
16:30 表彰式〜クロージング
17:00 終演
17:00〜18:30 国際交流(マリンロビー)

<出場バンドのプロフィール>

G-ELEVEN(ジー・イレブン) 国・地域(本拠地) 中国(北京)
バンド名 G-ELEVEN(ジー・イレブン)
バンド構成 G, Vo, Ba, Key, Dr
エントリー曲 Walk Slowly
エントリー曲作詞/作曲 Pan Gao feng / Pan Gao feng
ひとこと 平均年齢22歳。新鮮な音楽アレンジと息をのむような演奏で、観客を「ロック」するのを心待ちにしている。
国・地域(本拠地) 香港(香港)
バンド名 Blaster(ブラスター)
バンド構成 G, Vo, Ba, Key, Dr
エントリー曲 外遊尋味
エントリー曲作詞/作曲 不明
ひとこと 2007年春結成。色々な音楽のスタイルを織り交ぜつつ自分達の想いを歌い上げようと思います。
W.A.R (Walk After Running)(ウォーク・アフター・ランニング) 国・地域(本拠地) インドネシア(ジャカルタ)
バンド名 W.A.R (Walk After Running)
  (ウォーク・アフター・ランニング)
バンド構成 Vo, Dr, Key/Synth,G, Ba, Sax
エントリー曲 Don't Ever Come Back
エントリー曲作詞/作曲 Grace Meika Minar Tampubolon
  / W.A.R (Walk After Running)
ひとこと ジャズやモータウン、R&Bそしてロックの要素を色鮮やかに兼ね備えた、オルタナティブ・ロック・バンド。
WIND RISING(ウインド・ライジング) 国・地域(本拠地) マレーシア(ケダ州 アロスター市)
バンド名 WIND RISING(ウインド・ライジング)
バンド構成 Dr, G, Ba
エントリー曲 NEVERMIND
エントリー曲作詞/作曲 WIND RISING / WIND RISING
ひとこと 地元の同じ音楽学校に通っていた仲間が集う。うち2人は16歳/17歳で今でも通学。
Kitchen(キッチン) 国・地域(本拠地) メキシコ(メキシコシティ)
バンド名 Kitchen(キッチン)
バンド構成 Vo&G, G, Key, Ba, Dr
エントリー曲 "Una Noche Amarga (Es Amor…)"
エントリー曲作詞/作曲 Ulises Odín Zamorano Reyes
  / Ulises Odín Zamorano Reyes
ひとこと 私たちのよく知る日本に行くことができて、大変エキサイトしています。
The Lemons(ザ・レモンズ) 国・地域(本拠地) モンゴル(ウランバートル)
バンド名 The Lemons(ザ・レモンズ)
バンド構成 Vo&Rhythm, G, Ba, Dr, Technician
エントリー曲 Sex, Rock & …
エントリー曲作詞/作曲 Enkhtulga.A / The Lemons
ひとこと 2004年結成、アルバム「Red Album」と「On the 3rd floor near the young Lenin」をリリース。
BLACK(ブラック) 国・地域(本拠地) シンガポール(シンガポール市)
バンド名 BLACK(ブラック)
バンド構成 G, Vo, G, Dr, Ba
エントリー曲 Free Me
エントリー曲作詞/作曲 Muhammad Ikhsan bin Allaudin
  / Muhammad Rizal bin Kasmad
ひとこと 言葉、人種、宗教を超えて私たちの音楽で人々を一つにしたい。
PRB(Paran Byeol; blue star)(ピー・アール・ビー) 国・地域(本拠地) 韓国(京畿道[キョンギ-ド])
バンド名 PRB(Paran Byeol; blue star)
  (ピー・アール・ビー)
バンド構成 Vo, Dr, Ba, G, G, Key, Vo
エントリー曲 I do as I want
エントリー曲作詞/作曲 Kim, Hun Young / Kim, Hun Young
ひとこと メンバー年齢13〜18歳の若いバンド。
全世代に訴える音楽が目標。
Zenkwun(ゼンキュン) 国・地域(本拠地) 台湾(台北)
バンド名 Zenkwun(ゼンキュン)
バンド構成 Vo, Ba, Dr, Souna Horn,
Chinese Percussion, G
エントリー曲 Sa-Ye/ Revolt
エントリー曲作詞/作曲 Chen,Cheng-Hang/ Chen,Cheng-Hang
ひとこと 中国の伝統楽器を使いながら、現代的なロックを奏でる。
Zaitan(ザイタン) 国・地域(本拠地) タイ(チェンマイ)
バンド名 Zaitan(ザイタン)
バンド構成 Key, Dr, Ba, El-P, G
エントリー曲 Zoom
エントリー曲作詞/作曲 (インストゥルメンタル)/Zaitan
ひとこと さまざまな経歴を持つ者がチェンマイのYMS(ヤマハミュージックスクール)に集まって作ったバンド。演奏するたびに変化するフュージョン・ジャズ。
ソノダバンド 国・地域(本拠地) 日本(1)(東京)
バンド名 ソノダバンド
バンド構成 key, Violin, Cello, G, Ba, Dr
エントリー曲 Take me to the carnival
エントリー曲作詞/作曲 (インストゥルメンタル)/ 園田涼
ひとこと 「フュージョン」を、現代の文脈で再構築することを目標に活動している。
Storm Bringer(ストーム・ブリンガー) 国・地域(本拠地) 日本(2)(大阪)
バンド名 Storm Bringer(ストーム・ブリンガー)
バンド構成 Vo, G, Ba, Dr
エントリー曲 Story Nobody Knows
エントリー曲作詞/作曲 Ryosuke/Bitoya
ひとこと 他のイベントにはない、4人フロントマンというコンセプトで、最高のエンターテイメントショウをオーディエンスに届ける。
Pleasant Noiz(プレザント・ノイズ) 国・地域(本拠地) 日本(3)(東京)
バンド名 Pleasant Noiz(プレザント・ノイズ)
バンド構成 Vo&G, Key, Ba, Dr
エントリー曲 苛立ち先に立たず
エントリー曲作詞/作曲 瀧澤幸仁/瀧澤幸仁
ひとこと 「聴きやすく変態であれ」をモットーに、ファンキーなロックサウンドを展開。
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back