YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


HDオーディオ+7.1ch対応、「フルスペックYSP」誕生。

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター 『YSP-4100』

 

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター 『YSP-4100』 ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター 『YSP-4100』
オープン価格

2009年9月16日

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、ワンボディで7.1chサラウンドが楽しめるデジタル・サウンド・プロジェクター「YSPシリーズ」の新製品として、「YSP-4100」を11月5日より全国で発売いたします。


<価格と発売日>

品名 モデル名 希望小売価格 当初月産予定台数 発売日
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-4100 (B)ブラック オープン価格 5,000台 11月5日

<製品の概要>

2007年10月発売の前モデル「YSP-4000」は、圧倒的な音質、インテリビームを使ったセットアップの容易さ、生活空間になじむデザイン性など、かつて類のない魅力を携え、熱烈な支持のもとサラウンド市場を席巻しました。一方で、発売後およそ2年が経過。その間、次世代メディアであるブルーレイが本格的に浸透しはじめました。テレビは大画面薄型化が進み、同時に地上デジタル放送も広く普及しつつあります。
今回発売する「YSP-4100」は、急変貌するソフト・ハード環境にいち早く、余すところなく対応すべく開発されました。従来の魅力を継承しつつ、そのすべてを徹底進化させ、「フルスペックYSP」とも称すべき性能を獲得。時代にマッチし、お客様の期待にお応えした革新的なモデルです。
YSP-4100
【YSP-4100の特長】
1.ブルーレイを最上の音質で。HDオーディオ規格に対応。
2.5.1chを上回る圧倒的臨場感。7.1chサラウンド再生を実現。
3.奥行きわずか9cm。薄型テレビにもすっきりフィット。
4.メディアセンターとしてAV機器をまとめる4系統のHDMI入力端子。
5.番組間や番組とCMの間の音量差を補正。ユニボリューム機能。
6.ゲームモード搭載など、さらに進化した〈シネマDSP〉。
■別売アクセサリーで、さらに多彩な、さらに豊かな楽しみ方。

独創の壁面反射リアルサラウンド「YSPシリーズ」とは
2004年、初代「YSP-1」の登場以来、お客様より長く厚くご支持を頂く「YSPシリーズ」。その魅力は、ワンボディでありながら、卓越した音のリアリティを実現する、独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター・テクノロジー」を採用したサラウンド再生技術にあります。多数の内蔵スピーカーを自在に制御し、音声を一定方向に放射(音声のビーム化)。壁に反射させて、然るべき方向からリスナーの耳にサウンドを届けます。バーチャルサラウンドでは実現し得ない豊かな臨場感を体験でき、そのうえリアスピーカーの設置・配線が不要のため、誰もが手軽にサラウンド再生が楽しめます。また、部屋の音響特性を測定し、ビーム方向等を自動調整。理想の視聴環境がボタンひとつで得られるのも、YSPならではの魅力です。
*デジタル・サウンド・プロジェクター・テクノロジーは、ヤマハ株式会社と、英国Cambridge Mechatronics Ltd 社との共同開発により実現した技術です。

<YSP-4100 主な特長>

1.ブルーレイを最上の音質で。HDオーディオ規格に対応。
ドルビーTrueHD、DTS-HDマスターオーディオ 多くのお客様からのご要望にお応えし、ブルーレイに採用されるHDオーディオ規格(ドルビーTrueHD、DTS-HDマスターオーディオ)にYSPがいよいよ対応。新世代ソースの備えるロスレス・サラウンド音声を最大限のクオリティで余さず堪能することができます。もちろん同時に、マルチチャンネルリニアPCMにも対応。たとえば次世代ゲーム機で再生する映画や音楽、ゲームも美しいサラウンド環境で楽しめます。
2.5.1chを上回る圧倒的臨場感。7.1chサラウンド再生を実現。
HDオーディオ規格対応に伴い、いよいよYSPが7.1chサラウンド再生を実現します。音のビームを壁面反射させ、何もない壁からリスナーの耳へ。とくに背後からの音に深みが生まれ、5.1chサラウンドとは別次元の、リアリティあふれる音場空間を体感できます。7.1ch音声を収録するブルーレイディスクはもちろん、通常のテレビ放送なども迫力の7.1chで楽しめます。
7.1chサラウンド再生概念図 <Digital Sound ProjectorTM Technology>
7.1chサラウンド再生概念図 <Digital Sound ProjectorTM Technology>
3.奥行きわずか9cm。薄型テレビにもすっきりフィット。
音質に一切妥協することなく、同時に、奥行きわずか9cmのスリムボディを獲得。前モデル(YSP-4000)と比べ約40%も薄く、普及が加速する薄型テレビのそばに、ますますスマートにセットできます。
4.メディアセンターとしてAV機器をまとめる4系統のHDMI入力端子。
HDMI
音と映像をケーブル1本で高品位伝送するHDMI端子を入力4系統装備。レコーダー、プレーヤー、ゲーム機、デジタルチューナーなど、多彩なAV機器をまとめて本機に接続でき、テレビ側へと一括して出力。テレビを中心としたご家庭のAVメディアセンターとして、存分に活躍します。
また、大手AVメーカーのテレビ/レコーダーと連携。本機とHDMI接続することで、主要操作をテレビ(レコーダー)側リモコンで行えます。
*対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/support/hdmi_cec/
注意:テレビとレコーダーは同一メーカーの物をお使いください。

5.番組間や番組とCMの間の音量差を補正。ユニボリューム機能。
ユニボリューム
ヤマハの新開発技術、ユニボリューム機能を搭載。たとえば、番組からCMに切り替わった時など、コンテンツ間の音量差を自動的に補正。同じように番組間、チャンネル間での音量補正を行い、ボリューム調節の煩わしさを解消します。
*工場出荷時は「ON」です。

6.ゲームモード搭載など、さらに進化した〈シネマDSP〉。
ユニボリューム
視聴ジャンルにあった理想の音場空間を創造する、ヤマハ独創のシネマDSP。本機には3カテゴリー11プログラムを搭載。新たにゲームモードを備え、サラウンド音声が収録されたゲームを最適な音場効果で楽しむことができます。また、電子番組表とシネマDSPが連動する「おまかせサラウンド」を装備。たとえばジャンルコードがスポーツならば、視聴する際、自動的にシネマDSPがスポーツモードに。特に意識しなくても、常にふさわしいサウンドでコンテンツを堪能できます。
*株式会社東芝・日立コンシューマエレクトロニクス株式会社の対応テレビと連動。
詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/ysp-4100/

■別売アクセサリーで、さらに多彩な、さらに豊かな楽しみ方。
AirWired
●iPodを手元からサラウンド再生。「YIT-W10」
同時発売(別売)のiPod用ワイヤレストランスミッター「YIT-W10」を使えば、iPodと「YSP-4100」をワイヤレスで接続可能。iPodの中の曲を手元からサラウンドで再生できます。独自のワイヤレス伝送技術「AirWired」に対応するため、非圧縮伝送で音質もクリアー。また、ミュージックエンハンサー機能を装備し、圧縮音声も生き生きとしたサウンドで楽しめます。
●対応iPod:iPod(5th generation)、iPod classic、iPod nano、iPod touch、iPhone、iPhone 3G、3GS

●ワイヤレスでサブウーファーが置ける「SWK-W10」。
ワイヤレスサブウーファーキット「SWK-W10」も同時にリリース(別売)。市販のサブウーファーを接続すれば、迫力の重低音をワイヤレスで再生可能。配線を気にせず置きたい場所にサブウーファーをセットできます。独自のワイヤレス伝送技術「AirWired」対応のため、音質もクリアー。さらに「YSP-4100」に、再生機器を直接接続した場合だけでなく、ワイヤレス再生時(「YIT-W10」を利用したiPodからの入力)にも対応します。「YSP-4100」と無線でつながると自動的に電源が起動する電源連動機能も搭載しました。
AirWired概念図
●高級感ある専用ラック。最大55型の大画面テレビに対応。
「YSP-4100」と専用ラックのセット(YSP-LC4100)も同時ラインナップ。55型までの大画面テレビに対応しました。天板には美しい飛散防止強化ガラスを、脚部にはピアノフィニッシュを施し、高級感ある佇まいを演出します。別売のアクセサリーで、壁寄せにも対応。また、電源タップ(5系統)が付属し、ラック本体に固定可能。AV機器の電源コードをすっきりと配線できます。
「YSP-LC4100」の内部構造図
「YSP-LC4100」の内部構造図


■マーケティング調査図

参考資料

<YSP-4100 主な仕様>

対応室内サイズ 6〜30畳
実用最大出力(JEITA) 120W(2W×40+20W×2)
入力端子 HDMI 4系統
音声 5系統 (アナログ2、光デジタル2、同軸デジタル1)
映像入力 2系統 (コンポジット1、コンポーネント1)
出力端子 HDMI 1系統 (メニュー、映像入力の出力も可能)
映像 1系統 (コンポジット1)
無線機能 無線入力 1系統 (iPod用)
無線出力 1系統 (サブウーファー用)
サブウーファー端子 1系統 (システム接続機能付き)
チューナー FM
スピーカー 型式 2ウェイ密閉型
ユニット 4cmコーン型ビーム用スピーカー×40
11cmコーン型ウーファー×2
消費電力 55W
待機消費電力 3.5W以下(HDMI コントロールオン、無線用電源供給オン時)
0.5W以下(HDMI コントロールオフ、無線用電源供給オフ時)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 1030W×212H×90Dmm(最大寸法)
質量 10.0kg
付属品 電源ケーブル、リモコン、単4乾電池2本、光ケーブル(1.5m)2本、ビデオ用ピンケーブル(1.5m)、ステレオピンケーブル(1.5m)、FM簡易アンテナ、インテリビームマイク、簡易マイクスタンド、サラウンド確認用DVD、転倒防止用スタンド(ねじセット付)、取扱説明書、簡易接続ガイド、保証書

<YSP-4100 機能一覧>

対応可能フォーマット Dolby TruHD/Digital Plus、Dolby Digital、Dolby Digital EX、Dolby Pro Logic
Dolby Pro Logic II/x
dts-HD Master Audio/ High Resolution、dts、dts Neo:6(Cinema、Music)、
dts ES(Discrete、Matrix)、
Multi-ch LPCM、2ch−PCM
AAC
視聴モード切替 ステレオ/サラウンド

サラウンド機能:5ch出力時:5ビーム、ステレオ+3ビーム、3ビーム
        7ch出力時:5ビームプラス2、ステレオ+3ビームプラス2、3ビーム
シネマDSP 音楽 (ミュージックビデオ、コンサートホール、ジャズクラブ)
映画 (SFX、スペクタクル、アドベンチャー)
エンターテイメント (スポーツ、ドラマ、バラエティー、ゲーム、マルチチャンネルステレオ)
低音増強 Bass EXT
圧縮音声補間 ミュージックエンハンサー
音量モード ユニボリューム
メニュー表示言語 日本語・英語
ビーム調整モード 自動設定
詳細設定
●その他の特長
リネーム機能(英数字8文字まで)、FMチューナー、デザインと使いやすさが向上した新リモコン。
オプション
◎YSP-4100壁掛け用取付金具 「SPM-K30」 希望小売価格5,250円<税込>(本体価格5,000円・1台)
◎iPod用ワイヤレストランスミッター 「YIT-W10」 (無線iPod 送信機) オープン価格
◎ワイヤレスサブウーファーキット 「SWK-W10」 オープン価格
◎壁寄せ金具 「YTS-V1000」 オープン価格
●YSPシアターラックシステム 「YSP-LC4100」 オープン価格
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back