YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


ミニコンポーネントシステム「MCS-1330」が
欧州「EISA」賞において
「ヨーロピアン コンパクトシステム 2009-2010」を受賞

2009年8月17日


ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、エレクトロニクスの分野で最も権威のある賞の一つである欧州「EISA」賞において、ミニコンポーネントシステム「MCS-1330」が「ヨーロピアン コンパクトシステム 2009-2010」を受賞いたしました。当社のHi-Fi製品の受賞は一昨年のスピーカー「Soavo-1」、昨年のプリメインアンプ「A-S1000」、CDプレーヤー「CD-S1000」、サブウーファーシステム「NS-SW700」に続き3年連続となります。


「EISA」(European Imaging and Sound Association)は、欧州各国の代表的な映像音響機器関連の専門誌で組織される協会で、19カ国の約50誌(※注1)が加盟しています。「EISA」では毎年、映像音響機器の中から、ジャンル毎に優れた製品を1機種選出して表彰しており、この「EISA AWARDS」は、欧州はもとより世界でも最も権威のある賞の一つとして注目されています。

<受賞理由>

欧州市場で既に評価を確立している「ピアノクラフト」シリーズの上位に位置する「MCS-1330」は、超スリムなCDプレーヤーとFMレシーバー、そして小型ながら本格的な音質のスピーカー2台によって構成されている。コンパクトな外形寸法にもかかわらず、これら各ユニットの品質は多くの大型コンポーネント群にも引けを取らないもので、1チャンネルあたり60Wのハイパワーに代表される高音質と、CD-RおよびUSBの双方に対応するMP3/WMA再生などの高い機能性とを兼ね備えている。もちろん、本機でのフルリモートコントロールに対応したiPod Dockをはじめ、MMフォノイコライザーや30局プリセット対応FMチューナーなどの搭載も、特筆すべき重要な特長だ。先進的なエレクトロニクスパーツと卓越した研究開発力が生み出した「MCS-1330」は、そのコンパクトなシステム構成からは想像もできないほどの、スムースでバランスの取れた、驚くべきスケールのサウンドを実現している。

ヤマハでは、この栄えある「EISA」賞の受賞を契機に、さらにお客様にご満足いただける商品の開発を続けてまいります。

※ 注1 代表的な誌名・発刊国は以下の通り(ホームシアター関連誌)
Alta Fidelidad(スペイン)、Audio(ポーランド)、Audio & Cinema Em Casa(ポルトガル)、Audio Review(イタリア)、Digitalis Hazimozi(ハンガリー)、Heimkino(ドイツ)、Hi-Fi News(イギリス)、Hi-Files Magazine(セルビア)、HiFimaailma(フィンランド)、High Fidelity(デンマーク)、Hjemmekino(ノルウェー)、Ljud & Bild(スウェーデン)、Media Totaal(オランダ)、Prestige Audio Video(フランス)、Sound Vision(Hxos Eikona)(ギリシャ)、Stereo(ドイツ)、Stereo & Video(チェコ)、Stereo & Video(ロシア)、Sztereo Sound & Vision(ハンガリー)

◎画像とデータは、下記ヤマハプレスサイトよりダウンロードできます。
http://press.yamaha.co.jp

MCS-1330画像データダウンロード
http://press.yamaha.co.jp/press/download/photo/jpg/2008/0810010101.jpg

<受賞製品>

EISA AWARD Best Product 2009-2010 COMPACT SYSTEM Yamaha MCS-1330   ヤマハ ミニコンポーネントシステム 『MCS-1330』
オープン価格(4台1組)


ヤマハ ミニコンポーネントシステム 『MCS-1330』
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back