YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


「ポプコン」の原点に立ち帰るオリジナル“楽曲”のコンテスト
■音楽スタイル、音楽ジャンル、年齢を問わないアマチュアミュージシャンの発表の場
ミュージック レボリューション ソング コンテスト

Music

 

Revolution

 

Song

 

Contest

 

を新たにスタート

8月5日からテープ募集を開始

Music Revolution

−11月から全国でライブ応募を受け付け、来年3月にエリアファイナルを実施−
2009年7月15日

 ヤマハ株式会社、財団法人ヤマハ音楽振興会、および株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスは、音楽のスタイルやジャンル、応募年齢を問わず、オリジナル楽曲を全国から作品募集するコンテスト『Music Revolution Song Contest(ミュージック・レボリューション・ソング・コンテスト)』を今年から開催します。8月5日(水)からテープ応募の受け付けを先行して開始し、ライブ応募は11月から全国の楽器店などで順次開始、2010年3月に全国の5つのエリアでエリアファイナル(決勝大会)を実施します。


<実施概要>

タイトル Music Revolution Song Contest
(ミュージック・レボリューション・ソング・コンテスト)
内容 音楽スタイル、ジャンル、年齢を問わないオリジナルな楽曲作品のコンテスト。
審査基準 エリアファイナルごとに、ライブ演奏時に最も印象深い作品を評価し、最優秀作品に対してグランプリを授与する。
応募資格
1. 年齢は問わない。ただし、特定のレコードメーカー、プロダクションと契約がないこと。
2. 応募作品は、歌詞付きのオリジナル楽曲とする(1曲6分以内)。
〜応募作品は特定の音楽出版社などと契約がないものとする。
3. 音楽スタイル・音楽ジャンルは問わない。
応募エリア
札幌エリア (北海道)
東京エリア (東北、関東、甲信越)
名古屋エリア (東海、北陸)
大阪エリア (近畿、中国、四国)
福岡エリア (九州、沖縄)
応募方法
1. ライブ応募…全国各地の楽器店などで実施される予選大会に参加する。
Music Revolution実施楽器店等にある応募用紙で申し込む。
応募締め切りは2009年12月から2010年2月の間で地区によって異なるため、Music Revolution各エリア事務局宛に問い合わせる。
2. テープ応募…郵送またはインターネットで応募する。
郵送の場合…Music Revolutionのホームページにて必要事項を確認の上、テープ(各種記憶メディア)をMusic Revolution本部事務局ソングコンテスト係へ郵送。
インターネットの場合…10月1日にホームページ上で応募方法を発表。
応募締め切りは2010年2月15日(月)必着。
大会の流れ 全国を5エリアに分け、各エリアでの最優秀作品を選出する。
ライブ応募 デモテープ応募
原則として応募者全員が予選大会(楽器店等)に参加 テープ審査会(2月下旬)
エリアファイナル 開催日 会場
SAPPORO FINAL 3/20(土) クラップスホール
TOKYO FINAL 3/14(日) アストロホール
NAGOYA FINAL 3/21(日) ボトムライン
OSAKA FINAL 3/21(日) 心斎橋クラブクアトロ
FUKUOKA FINAL 3/28(日) ドラム ロゴス
※全国大会はありません。
賞金等
グランプリ/1本:賞金(20万円)、スタジオレコーディング、音楽配信
奨励賞/数本
※賞金総額/100万円
主催 ヤマハ株式会社、財団法人ヤマハ音楽振興会、
株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
協賛 ヤマハ発動機株式会社
企画制作 株式会社ヤマハミュージックパブリッシング
ホームページ
PC http://musicrevolution.jp
mobile  http://murevo.jp

<実施の背景と概要>

 1970年代のプロの作詞・作曲家の手による歌謡曲全盛時代にあって、「生活の中の身近な喜びや悲しみを歌にして人々とその心を分かち合おう」を合言葉に始まったヤマハの『歌ごころ運動』は、アマチュアからのオリジナル作品の発表の場として1969年には『作曲コンクール』、そして、1972年からは『ポピュラーソングコンテスト』(ポプコン)として実施しました。当時のフォーク、ニューミュージックブームを支えたこのポプコンは、中島みゆき、チャゲ&飛鳥をはじめ、現在、日本のポピュラーミュージックシーンで活躍する数多くのアーティストを輩出してきました。
 19歳以下を参加対象として、ポプコンに引き続き1987年に開始した『TEENS’MUSIC FESTIVAL』(TMF)は、2006年までの20年間に、全国の教育委員会の後援、文部科学省の後援と文部科学大臣賞の交付を受けるまでになり、中高生の音楽活動の普及に貢献してきました。TMFは20年間で約40万人のティーンズが参加しましたが、その中には、aiko(1995年「AIKO」)、椎名林檎(1995年「Marvelous Marble」)、GO!GO!7188(1998年)、中村中(2004年)、絢香(2004年「aporon」)、阿部真央(2006年)など、後にアーティストとして羽ばたく逸材も数多く参加しました。
 そして、ポプコン、TMFのスピリットを受け継ぎ、音楽的成長の著しい大学生世代までを対象としたのが、2007年に開始した『Music Revolution』(略称:ミューレボ)です。23歳以下であれば音楽ジャンル・音楽スタイル問わず、コピーでもオリジナル作品でも参加できる音楽コンテストとして、今年で3年目を迎えました。昨年の『The 2nd Music Revolution』では、全国で約7,000組が参加し、日本最大規模のアマチュア音楽コンテストに成長しています。

 このような背景のもと、今回の『Music Revolution Song Contest』は『作曲コンクール』から40周年目となる今年、世代を超えてオリジナル作品を発表する場として新たに開催するものです。
 『Music Revolution Song Contest』は、アマチュアの創作によるオリジナルな楽曲作品による応募が最大の特長で、新たな発表の場をアマチュアミュージシャンに提供します。なお、作品を録音した記録メディアによる「テープ応募」部門も設けており、今回は、こちらの募集を先行して開始します。
 ミューレボとは異なり、『Music Revolution Song Contest』の出場者は、年齢に制限を設けていないため、過去のコンテストの出場者などいわゆる“音楽回帰層”を含む、幅広い年齢層のアマチュアミュージシャンからの応募を集め、音楽スタイル・ジャンルを問わないユニークな作品が競われることを期待しています。

<株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 会社概要>

事業内容 音楽ソフト事業グループ会社の事業統括
所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル4F
設立 平成19年6月1日
資本金 100百万円
代表者 代表取締役社長 谷口 恵治
従業員数 33人

<株式会社ヤマハミュージックパブリッシング 会社概要>

事業内容 音源制作、音源・楽曲管理、プロモーション、音楽配信、商品企画、催事企画
本社所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル4F
地方拠点 札幌、名古屋、大阪、福岡
設立 平成19年6月1日
資本金 100百万円
代表者 代表取締役社長 菅原 直樹
従業員数 26人
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back